小学生の成績アップに効果的な7つの生活習慣付け

良ければシェアをお願いします。

学習する女の子

小学生の子どもを持つお父さん・お母さんで、子どもの成績がなかなか上がらないという悩みを持つ方は多いと思います。「勉強しなさい」「早く宿題をやりなさい」と頭ごなしに言うだけでは子どもはますます勉強嫌いになるだけです。ここでは小学生の勉強嫌いを少しでもなくし、成績をアップするための日頃のちょっとした生活習慣付けをご紹介します。

スポンサーリンク

基本的な生活習慣を見直して成績アップ

最近では小さな子どもでも、夜更かしや偏った食習慣など大人のような不規則な生活を送ることも珍しくありません。しかし当然ながら、子どもにとって必要な睡眠時間や栄養素の量は大人とは全く違います。小学生の子どもの成績アップを望むなら、まずは家庭での基本的な生活習慣を見直すことが重要です。

1.早寝早起きで適切な睡眠時間を取らせる

子どもの睡眠時間と学力には密接な関係があることがわかっています。理想的な睡眠時間は小学校1~3年生で10時間程度、4~6年生で9時間程度です。ある調査ではテストで成績上位の子の40%は午後9時前に寝ており、深夜過ぎまで起きている子はいませんでした。逆に成績が下位の子には午後9時前に寝る子は1人もおらず、深夜過ぎに寝る子が20%もいました。勉強への集中力や記憶力を高めるために睡眠時間がいかに大切かがよくわかります。

2.毎日きちんと朝食を食べる習慣を付ける

脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖は寝ている間も消費され、朝にはなくなってしまいます。親が朝忙しいから、朝食を食べないからといって子どもを朝食抜きで学校に行かせると、子どもは午前中の授業に集中することができません。忙しくても前夜に準備しておくなど工夫をして、子どもにはしっかり朝食を食べさせ、元気いっぱいで登校させるようにしましょう。

合わせて読みたい

7歳~10歳がカギ!子どもの才能を決定する運命の数年間
『子どもの脳を育てるのは10歳までが大事』という言葉を聞いたことがありますか?子どもの成長は、早いものです。しかしその中でも子どもが敏感に物事を感じ、吸収し、成長している時期があります。その時に子どもはどのように成長しているのでしょうか。また、子どもに対して親は何をするべきなのでしょうか。 ...

3.栄養バランスの取れた食事をしっかり楽しく食べる

朝食に限らず、育ち盛りの子どもにとって食べることはとても重要です。必須栄養素の要求量も大人より高いため、バランスの取れた食事を1日3回規則正しく取る必要があります。また共働きなどで一緒に食事を取りにくい家庭も増えていますが、食事を通して家族とのつながりや温かみを感じることは子どもの情緒的安定にも大切なことです。楽しく食事をして健康な心身を発達させることで、勉強への意欲や成績アップも望めます。

4.インターネットやゲーム、スマホの利用は控えめに

睡眠時間とも関係しますが、夜遅くまで起きている子どもの多くがネットやゲーム、スマホなどをいじって過ごしています。ストレスのためか塾や習い事で忙しい子ほど、これらのデジタル機器に依存しやすい傾向があるという報告もあります。本人が望んでいない通塾や習い事は、このような理由で逆に成績を落とす結果になることもあるので注意が必要です。

合わせて読みたい

個人差が出てくる時期!?9歳の壁を乗り越えるために親ができる8つのこと
皆さんは9歳の壁って知っていますか?外国ではいわゆる「ギャングエイジ」とも呼ばれ、自我がはっきり出てくる年頃と言われています。そのため、今まで私たちの言うことにあまり疑問を持たずにいた子でも、いきなり反抗したり疑問をぶつけたりしてくることもたびたびあります。ここでは、そのような9歳の壁に立ち向か...

秋田県に見習う成績アップに効果的な習慣

早くから学習塾に通わせておけば自然に成績がアップするというものでもありません。2015年の調査によると、小学生通塾率1位の東京都の学力テストの正答率は9位、通塾率2位の神奈川県では37位でした。逆に通塾率が最下位の秋田県は何と正答率1位という驚くべき結果が出ています。詳しく調べてみると、秋田県の子どもたちには前述の早寝早起き、朝食の習慣が根付いているうえ、学習についても次のような習慣があることがわかりました。

5.毎日30分以上の家庭学習をする

通塾率の低い秋田県の子どもたちが勉強している場所は、学校を除けば家庭のみです。学習状況調査では、子どもたちの96.4%が「家で1日30分以上の勉強をしている」と答えています。30分というと決して長い時間ではありませんが、ポイントは毎日継続的に勉強する習慣ができているということです。また90.2%が「家で授業の復習をしている」と答えています。その日の授業の内容をしっかりと反芻し、自分のものにしている様子がわかります。

6.自分で計画を立てて勉強をする

同じく学習状況調査によると、秋田県の子どもの82.8%が「家で自分で計画を立てて勉強している」と答えています。親や先生に「やりなさい」と言われて受動的にやるのではなく、家庭での自主的な勉強の習慣がしっかりと身についているのが分かります。このような勉強に対する姿勢が学力テストの結果に表れていると考えられます。

7.家庭学習ノートで自分の好きな勉強をする

秋田県の子どもたちは「家庭学習ノート」による自由学習を1日1ページずつ行っています。勉強の内容は、計算問題、予習・復習、漢字練習、調べ物をするなど何でも自分の好きな事をして構いません。ノートは毎日担任の先生に提出し、アドバイスやコメントを貰います。この方法によって子どもたちは誰に言われるでもなく、自分で考えて自主的に勉強をする習慣が身に付いたのです。

おわりに

多くの親にとって気になる子どもの成績アップのコツは、ちょっとした生活習慣の継続にあることがわかりました。必ずしも塾に通わせたり、夜遅くまで勉強させなくてもいいのです。毎日の食事や睡眠、学習方法を見直し、子どものやる気を引き出して成績アップを目指しましょう!

ピックアップ

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
学習机を買おう!人気の4商品をご紹介
子どもが成長し始めると、子どもだけのスペースを作ってあげるためや、勉強をしてもらうために、学習机が必要になってきます。せっかく買うなら、子どもが気に入るのはもちろん、大人になるまで長く使用してもらいたいものです。 また、子どもがケガをせずに、安心して使用できるのかも気になるポイントですよね。そ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
小学生の成績アップに効果的な7つの生活習慣付け
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る