待機児童数に含まれない「隠れ待機児童」がいる原因はナニ?

良ければシェアをお願いします。

母親に抱かれる子ども

隠れ待機児童とは、希望している施設の空きなどを待っているにも関わらず、待機児童としては数えられていない子どものことを指します。なぜ施設の空きを待っているのに待機児童の数には数えられないのでしょうか?今回は待機児童として数えられない子どもの条件をご紹介していきます。待機児童として数えられない場合は、行政の動きも遅くなってしまいますので確認しておきましょう。

スポンサーリンク

特定施設希望者は待機児童ではない?

特定施設を希望しているため他の施設に入らない、という状態は待機児童としては数えられません。これは待機児童が「希望する施設へ入れない児童」ではなく「施設に入ることができない児童」として考えられているためです。しかし、そもそも特定施設とはどのような施設を指すのでしょうか?まずは特定施設が何を指すのかを確認していきましょう。

特定施設とみなされる条件とは?

特定施設とみなされる条件として、水質汚濁防止法をはじめとした振動規制法、騒音規制法等の規制基準を満たしている施設のことを指します。子どもを預けるのであれば出来るだけ環境の良いところに預けたいと思うものです。しかし、基準を満たしている施設は、自然と競争率が高くなってしまうため入所は難しくなっています。

自治体が待機児童か否かを判断する

特定施設に入所できなかった場合に待機児童とされるかどうかの判断は、自治体に一任されています。そのため、通う側としては難しい距離だと感じていても、自治体の判断によっては待機児童ではないとみなされてしまいます。そうなってしまうと施設の空きが出た際の優先度は下がってしまいますので、注意しなければいけません。

特定施設に入るために行うことは?

自治体によって、通うことができる施設があると判断された場合は、特定施設に入所するのは困難です。とりあえずはどうにかなるはずの人、と認識されてしまうためどうしても待っているだけでは行動が遅くなります。そのため、どうしても特定施設への入園を希望する場合は、その施設のHPなどをこまめに確認して、募集が出たらすぐに行動していく必要があります。

合わせて読みたい

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...

認可外施設に入った場合も待機児童ではない

少し首をかしげてしまうポイントではありますが、行政の認可が下りていない施設に入った場合も待機児童としては数えられません。これもやはりとりあえずはどうにかなってしまっていると認識されるためです。しかし、認可外の施設が一概に悪いとも言えません。家庭やお子さんに合った施設であれば満足できるものなので一度どのようなものなのか確認しておきましょう。

認可外施設とは何を指しているのか?

認可外施設とは国の基準を一部満たすことができていない施設のことを指します。例えば立地等の条件によって施設内に必要とされるものがすべてそろっていないと認可が下りません。そのため、必ずしも衛生面や人手が足りていないなどの、運営に問題がある施設である訳ではないのです。施設や設備の面で完璧ではありませんが、子どもを預けるのが不安な施設だというわけでは決してありません。

認可外施設のメリットは何があるのか?

認可外施設のメリットは、まず申請が簡易であることが挙げられます。共働きであっても子どもの面倒を見てもらうことができる環境であれば認可施設では申請が出来ません。また、収入が高いご家庭であれば、認可施設よりも認可外施設のほうが安く済むこともあります。そのため、共働きで高収入の場合は認可外施設にも大きなメリットがあるのです。

認可外施設のデメリットは何があるのか?

認可外施設のデメリットは基準を「完全には」満たしていないということです。例えば園庭であったり、プールであったりといったような施設がない場所も少なくありません。規模の小さな施設の場合はそれが顕著ではあります。また、家庭の収入が少ない場合は、認可施設よりも保育料が割高になってしまうのもデメリットの一つです。

合わせて読みたい

認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い
小学校に入る前の子どもを育てながら、夫婦ともに仕事を続ける場合には、保育園に子どもを預けることになります。保育園には、「認可保育園」や「認可外保育所」の他に、「認証保育園」などがありますが、具体的な違いが分からないという方も少なくありません。今回は認可保育園と認可外保育所と認証保育園について...

保護者の状態によっても判断が分かれる

隠れ待機児童が生まれる原因は施設の問題だけではありません。保護者の方の状態によっても判断のされ方が異なります。育休中や求職停止状態の場合でも、待機児童に数えられることはありません。保護者自身の状態もしっかりと確認しながら、申請を出すようにしましょう。

育休中はなぜ待機児童として認められないのか?

保護者が育休中であれば、自治体は当然子どもを育てるために休みを取っているとみなします。そのように判断されると、待機児童ではなく家庭での対応が可能な児童とみなされるのです。親の介護などを頼んでいたものを育休が取れたのでと解約してしまい、子どもは施設に預けて親の介護を自分で行う、というのはできないため、注意しなければいけません。

求職停止中はなぜ待機児童として認められないのか?

求職停止中も育休と同じ理由で待機児童として認められません。求職中であれば、実際に仕事をしていなくても求職にかかる労力を考慮してもらうことができますが、そうでなければやはり家庭で対応可能と判断されます。子どもを預ける場所を探しているのであれば、求職活動は少しずつではあっても続けて行うようにしていきましょう。

家での仕事は待機児童として認められる?

育休中や求職中は待機児童として認められませんが、在宅で仕事を行っている場合は待機児童として認められる場合があります。これは、同じ家にいるという状態でも収入を得るための行動に時間をかけているということが明確にわかるからです。そのため、求職を一旦停止したい方は、在宅でできるお仕事をしてみると施設が見つかりやすくなります。

おわりに

隠れ待機児童になってしまうと、希望する施設に入ることはむずかしいものです。しかし、認可外施設にもメリットはありますし、認可施設に入るために在宅の仕事を始めるなどの方法はあります。認可、認可外というくくりで考えてしまわず、家庭と子どもに合った施設を探していきましょう。

ピックアップ

相場はどのくらい?認可保育園と無認可保育園の保育料比較
働くママたちがの安心して子どもを預けられる場所といえば?そう保育園ですよね!でも、実際に子どもを預けるとなるとどのくらいの金額がかかるのでしょうか。認可保育園と無認可保育園、そして私立や公立での違いはあるの?知っているようで知らない金額の違いを調べてみました。今後保育園を利用しようと考えられ...
不承諾通知が届き待機児童に!?その後の上手な対処方法を伝授!
希望していた認可保育園から不承諾通知が!地域によっては認可外(不認可)保育園でもダメだった・・・という人も。「数カ月待った上に不承認なんて・・・4月から仕事復帰できないの!?」と誰もがガックリ、そして次のアクションはどうすればいいの?と焦ってしまいますよね。まず考えなきゃいけないのは何?次に...
保育園も仕事も見つけたい!働くママが実践したい理想の保活
待機児童の問題が取りざたされている今、仕事をもつママにとって保活は必須です。働く女性にとって、保育園に預けることが出来るかどうかは、キャリアを継続できるかどうか、職を失わなくてすむのか、など深刻な問題です。保育園に入れるために様々な情報収集を行い入園をより確実なものにしようと、出産前から保活...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
待機児童数に含まれない「隠れ待機児童」がいる原因はナニ?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る