ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法

良ければシェアをお願いします。

ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法

子供の身近な遊び道具のひとつとして与えられるゲームですが、その裏でゲーム依存症という言葉があります。ゲーム依存症とは、どの程度のものなのでしょうか。また、どのように予防し、直せばいいのでしょうか。私の息子の実体験を含めながら、ゲーム依存の理由、症状と子供をゲーム依存にしない3つの方法を紹介します。

スポンサーリンク

子供がゲーム依存になる理由とは

ゲーム依存は、深刻な問題です。しかし、決してゲームをするすべての子供がなるわけではありません。ゲーム依存になってしまう、子供にとってさまざまな大きな理由があるはずです。その中でも代表的とされる理由を紹介します。

子供のゲーム依存の主な症状とは

ゲーム依存と言われてもどこまでが趣味で、どこから依存なのか明確なボーダーラインがわかりにくいです。ここで一般的なゲーム依存の症状を紹介します。まず、ゲームを邪魔されると異常な取り乱し方をすることです。生活でのゲームの優先順位が高く、執着がすごいです。また、夜更かしをしてでもゲームをやり、ゲーム以外の生活が無気力になります。注意してもゲーム時間が減らせず宿題や学校のことを疎かにするようになったら要注意です。

子供がゲーム依存になる理由とは

ゲーム依存のメカニズムは、脳から出る『ドーパミン』という快楽物質が原因です。客観的にみると、ゲーム中の子供は座ってコントローラーを動かしているだけのようですが、見た目とは裏腹に脳は極度の興奮状態となっています。脳から出ているドーパミンから『楽しさ』や『幸福』などの明るい気持ちや気分になり、元気になります。そのため、ドーパミンが不足すると、ゲームで補いようになり、結果ゲーム依存になっていきます。

私の息子がゲーム依存症状になった

私の息子がゲーム依存になったのは、小学1、2年生のときの話です。年子に次男がいるため、兄弟で一緒に遊べるようにと2人が保育園のときにゲームを買いました。初めは、2人仲良く遊んでいましたが、次第に長男だけゲームをやる時間が増え、ご飯以外の時間はほとんどゲームをするようになってしまいました。また、学校のことにとにかく無頓着で、学校に必要なものや用意など全くせず、だんだん宿題も疎かになっていきました。

合わせて読みたい

金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...

子供のゲーム依存と向き合うために

私は、子供がゲーム依存だと思っていませんでした。ゲーム依存なんて大げさだと思っていました。しかし、今思えば、もっと前から前兆はあったように思います。自分の子供のゲーム依存と向き合うために行ったことを紹介します。

子供のゲームとの距離感を考える

小学校1年生は学校の用意も宿題も親と一緒にやると、学校から説明されていたので、用意をめんどくさがる息子を見ても、いずれ慣れて自分でやるようになると思っていました。宿題も初めての勉強で追いつかないだけだと考えていました。そして、学校のことは私に任せきりになりました。しかし息子を見ていると、『学校の手紙は読まないのに、ゲームの説明は読む』『学校の用意はしないけど、ゲームの準備は早い』など、違和感を覚えました。

生活やご飯よりゲームを優先にする

長男は小さいころから野菜が苦手で食べるものがとても偏食で小食でした。そんな長男はゲームに夢中になると、ご飯の時間を知らせるまでご飯に気づきませんでした。食べることに関心があまりない子供だったので、初めは深刻に考えませんでした。しかし、目覚めてすぐにゲームの電源を入れ、朝ご飯も食べない長男を見ているとだんだん不思議な気持ちになりました。今のこの子は『お腹がすいた』という感覚を持っているのだろうかと。

息子がゲーム依存だと気づくとき

私は、自分の息子がゲーム依存だと考えられませんでした。きっとそのときは親の色眼鏡で、客観的に見たら完全なゲーム依存だったと思います。私が息子のゲーム依存を疑い始めたのは、学校や友達への関心がないところを見たことがきっかけです。小学校に入ってから、授業参観や個人面談で、学校生活を知るようになります。そのとき、交友関係が完全な受け身で自分から話しかけないと知りました。完全に外の世界に関心がありませんでした。

合わせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...

子供のゲーム依存を克服するため

子供がゲーム依存になってしまったら、親がなんとかするしかありません。私は改めて息子の生活リズムを見直しました。まず、睡眠時間です。このときの息子の睡眠時間は6時間でした。起きてもゲーム、寝る前もゲームでした。

甘やかしは禁物!ゲーム依存荒療治

私は、まず息子の生活リズムを整えるために息子自身と話し合いました。そして日常でルールと目標を決めさせました。たとえば、睡眠時間は8時間以上になるように寝ること、寝室にはゲームを持っていかないことです。ゲームから離れることをしなかったので寝る前に毎日息子が手の届かない場所に隠しました。朝も見せないまま登校させ、帰宅して自分で学校の用意を確認させ、ゲームを出しました。用意が未完成だったら、息子と一緒にやり直します。

ゲーム以外のことをやらせない!

ゲームしかやっていなかった息子にさらにゲームばかりすすめました。「今日はなんのゲームやるの?」「何時までやるの?」などしつこく聞きました。そうすることで子供を不安にさせます。『どうしてこんなにゲームをしなきゃいけないのか』と、疑問を植え付けます。そうしてだんだんと、ゲームをすすめられることがうっとうしくなり、ゲームから離れるようになります。あまり干渉せず過ごし、ゲーム以外に頑張ったことをほめるようにしました。

ゲームをしている息子を撮影する

これは、私の息子がゲームしている姿があまりにも必死で格好悪かったからです。ゲームに夢中の息子は、髪形も洋服もまるで無頓着で、ひどい格好でした。また、画面に向かう目は、瞬きもせず必死な顔です。普段の顔を鏡で見せた後、ゲームをしている必死な息子の顔を見せました。ゲームに夢中な姿を客観的み見てほしかったからです。息子は「すごい顔してる」と言いました。ゲーム以外にやるべきことを理解させるようにしました。

おわりに

ゲームに対する考え方が家庭によって異なるように、ゲーム依存の要因はさまざまです。また、その解決方法もそれぞれです。子供の性格を考え、その子を追い詰めないようにゆっくりゲーム依存を克服していきましょう。子供のゲーム依存は、決して子供だけの責任ではありません。親子でゲーム依存に向き合い解決することはとても大事なことです。ある程度、親がしっかりと管理してあげるようにしたいですね。

ピックアップ

小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが...
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

7歳~12歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...
小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが...
金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る