良ければシェアをお願いします。

近隣から苦情がこないように!赤ちゃんの泣き声対策

夜泣き

大草原の真ん中にポツンと建つ家なら、赤ちゃんがいくら泣いても誰かに気兼ねする必要はありません。しかし、多くの人が密集して暮らす住宅地、特にマンションやアパートなど集合住宅においては、赤ちゃんの泣き声は時にトラブルの元となります。近隣と良好な関係を保ちながら子育てするために、私たちにできる対策はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

コミュニケーションが最大の苦情対策

近隣と交流を持つことで、騒音に対する苦情が減った保育園の話は良く聞くところ。それは家庭でも同じです。知らない子どもの泣き声がどこからともなく延々と続くと、たとえそれがそれほど大きな声でなくとも人はとてもストレスを感じますが、お隣の「○○ちゃん」の泣き声ならばほほえましく感じることさえも。近隣の住人にはしっかりとあいさつをし、普段から交流をもつようにすることが苦情を言われないための一番の対策です。

ご挨拶は子どもが生まれる前にするのが効果的

赤ちゃんが生まれる日が近づいたら、夫婦で近隣の家にあいさつに行きましょう。だいたいの予定日を伝えておけば、相手方も心の準備ができるので、実際に赤ちゃんの声が聞こえてきた時の受け止め方が変わってきます。挨拶に行く際には菓子折りを持参し、赤ちゃんが生まれ騒音などで迷惑をかける恐れがあることのお詫びをした後、何かあったら言って欲しいということも伝えるようにするといいでしょう。

先手必勝!苦情を言われる前にお詫びする

出産後近隣の人に会った時は、相手が何か言う前に「先にこちらから」赤ちゃんの声で迷惑をかけていることを詫びましょう。相手が仮に苦情を言おうと思っていたとしても、先に謝られてしまうとトーンダウンすることは間違いありません。謝るポイントは下手に出ること。「赤ちゃんなんだから泣いて当然」という態度では火に油を注ぎます。

パパの出番!ママの不安を取り除いて赤ちゃんニッコリ

昼間はほとんどいないパパは、赤ちゃんが泣いて肩身の狭い思いをしているママの実情をなかなか理解しにくいかもしれませんが、ママの最大の味方になれるのはパパなのです。パパも積極的に近所の人とコミュニケーションをとり、苦情は全部引き受けるくらいの心構えを持ちましょう。ママがイライラしたり不安を抱えたりすると赤ちゃんはそれを感知して、余計に泣いてしまうことがあります。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...

防音対策で外に聞こえる泣き声を軽減

泣いている赤ちゃんの声はとても大きいので完全に外に漏れないようにすることはほぼ不可能ですが、家の中の家具の配置やちょっとした工夫、そして赤ちゃんが泣いた時の心がけ次第で軽減することはできます。では、具体的にどうすれば赤ちゃんの泣き声が隣室や外に響くのを防ぐことができるのでしょうか。

壁越しの泣き声を軽減して隣人トラブルを回避

集合住宅で気を付けなければならないのは、隣室と接する壁です。もちろん、その壁際にベビーベットを置いてはいけません。ポイントは壁と赤ちゃんが普段いるスペースの間に背の高い家具などを置き、ワンクッション作ること。置くものとしては、洋服だんすやハンガーラックなどがベスト。中の衣類が吸音してくれるので、効果的な防音壁となります。

足音対策にもなる階下への防音対策

ある程度自己主張の始まった赤ちゃんは、泣きながら手足をバタバタさせたり、怒って物を床に投げ落としたりすることもあります。集合住宅ではこの点にも注意が必要です。対策としては床には吸音カーペットや吸音素材のジョイントマットを敷くなどすると下の階への音の伝わりを軽減できます。これは、赤ちゃんが歩き始めた後の足音対策にもとても有効です。

外への音漏れは隙間をなくして防音率アップ

外に赤ちゃんの泣き声が一番漏れる場所は、窓や換気口などの開口部。赤ちゃんが泣き始めたら窓や換気扇は止め、できることなら換気口も閉めると外への音漏れをかなり軽減することができます。また、サッシに隙間があると、そこからも音が漏れるので、隙間を埋めるようなテープを張っておくと窓を閉めた時の防音効果を高めることができます。

合わせて読みたい

いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...
7歳の男の子と4歳の女の子の母です。試行錯誤の子育てですが、子ども達に成長させてもらっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
近隣から苦情がこないように!赤ちゃんの泣き声対策
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る