あいさつは基本!あいさつができる子どもに育てる方法

散歩

おしゃべりや歩くのもしっかりしてくる時期には、子連れでおでかけする機会がぐっと増えていきますよね。おじいちゃん、おばあちゃんやママのお友だち、近所の方たちに出会う場面も多くなります。そこで気になるのが子どものあいさつではないでしょうか。同じ年頃の子はできてるのに、うちの子はできていない・・・そのようなお悩みはありませんか?今回は、あいさつができる子にするために必要なポイントを考えてみました。

子どもがなかなかあいさつをしない理由は?

お辞儀をする女の子
子どもがあいさつをしないと、気まずく感じるママも多いと思います。そのため「あいさつは?」とついつい子どもに促してしまいがちです。では、なぜ子どもはあいさつをしないのでしょうか?その原因が分かれば、対処方法が見えてくるかもしれません。

一番多い理由は、恥ずかしがり屋さんだから

家族にはたくさんおしゃべりをするのに、他の人にはもじもじして何も話せない子はただ単にシャイなだけだと思います。お家の中では元気いっぱいなのに、お外では静かになってしまう「内弁慶」な子も同じですね。恥ずかしくてあいさつができないので、慣れてくればできる子が多いです。初めて会ったときに「こんにちは」が言えなくても、別れるときには「バイバイ」と言えれば、それで上出来です。

本人の機嫌による、気分屋さんなのかも?

あいさつがしっかりできるときもあれば、相手を無視してしまうときもあるという子もいます。きっとその子は普段から気分屋さんではないですか?機嫌が良ければ、とても上手なあいさつができると思います。また、できなかったときはママがお相手にフォローを。自分の代わりにあいさつをしているママに気づけば、徐々に気分にムラがあってもあいさつするようになるかもしれません。

あいさつをするという概念が、そもそもない!

まだまだ会話も一方通行なことも多い小さな子は、あいさつをする習慣自体が身についていないかもしれません。その場合は、人に会ってもあいさつをしないのは当然のことです。まずは家族の中でしっかりあいさつをする習慣をつけましょう。あいさつをしてニコニコしているママとパパを見て、子どもはあいさつがすばらしいことだと認識していくでしょう。

合わせて読みたい

2歳でも食育を頑張ろう!身につけさせたい七つの食事マナー
2歳でも食育を頑張ろう!身につけさせたい七つの食事マナー
普段の生活で最もマナーを問われるのが「食事」です。「お箸の握り方がおかしい」「クチャクチャと音を立てながらご飯を食べる」など、子どもの頃...

あいさつを習慣化させていきましょう

手を振る女の子
まずは、人に会ったらあいさつをするという習慣を身につける必要があります。あいさつがどういったものか、小さな子どもに言葉で説明するのは不可能です。まずは感覚的に「こういうときはあいさつをするんだ」ということを認識させるところから始めましょう。

親がしっかりとしたあいさつをする!

一番大切なのは、側にいるママやパパがしっかりとあいさつができているかどうかです。外にいるときはもちろん、家庭の中でもきちんとあいさつをしましょう。ママが「おはよう」と言っているのに「うん」などと答えているパパはいませんか?子どもは親の行動を見ています。しっかりとしたあいさつをするように、親も普段から心がけましょう。

絵本や遊びにあいさつを取り入れてみる

あいさつの絵本はたくさんありますから、あいさつの練習に取り入れやすい方法です。仕掛け絵本もありますので、子どもが興味を持った絵本を活用しましょう。また、ぬいぐるみやお人形を使ったごっこ遊びの中でもあいさつを使った遊びができます。男の子のママには、おままごとやお人形を使った遊びを敬遠している方もいらっしゃいますが、あいさつの練習にもなりますので、ぜひ試してほしい方法です。

あいさつができたら、適度に褒める

あいさつができる様になるというのは、かなり大きな成長だと思います。あいさつができたら、褒めてあげましょう。あまり大げさではなく「しっかりあいさつできて偉かったね」という一言で十分です。あまり褒めちぎると、褒められるためにあいさつをする子になってしまうかもしれません。あくまでも、あいさつを習慣として言える子になるのが目標であることを忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

子どもがタオルを手放さない!?お気に入りのタオルに執着する心理
子どもがタオルを手放さない!?お気に入りのタオルに執着する心理
子どもがお気に入りのタオルやぬいぐるみをどこでも、肌身離さず握っている様子はよくみられるほほえましい光景です。ただ親としてはボロ...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
あいさつは基本!あいさつができる子どもに育てる方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る