挨拶は基本!挨拶できる子どもに育てる方法

良ければシェアをお願いします。

散歩

おしゃべりや歩くのもしっかりしてくる時期には、子連れでおでかけする機会がぐっと増えていきますよね。おじいちゃん、おばあちゃんやママのお友だち、近所の方たちに出会う場面も多くなります。そこで気になるのが子どもの挨拶ではないでしょうか。同じ年頃の子は出来てるのに、うちの子は出来ていない・・・そのようなお悩みはありませんか?今回は、挨拶ができる子にするために必要なポイントを考えてみました。

スポンサーリンク

子どもがなかなか挨拶をしない理由は?

子どもが挨拶をしないと、気まずく感じるママも多いと思います。そのため「挨拶は?」とついつい子どもに促してしまいがちです。では、なぜ子どもは挨拶をしないのでしょうか?その原因が分かれば、対処方法が見えてくるかもしれません。

一番多い理由は、恥ずかしがり屋さんだから

家族にはたくさんおしゃべりをするのに、他の人にはもじもじして何も話せない子はただ単にシャイなだけだと思います。お家の中では元気いっぱいなのに、お外では静かになってしまう「内弁慶」な子も同じですね。恥ずかしくて挨拶が出来ないので、慣れてくれば出来る子が多いです。初めて会ったときに「こんにちは」が言えなくても、別れる時には「バイバイ」と言えれば、それで上出来です。

本人の機嫌による、気分屋さんなのかも?

挨拶がしっかり出来る時もあれば、相手を無視してしまう時もあるという子もいます。きっとその子は普段から気分屋さんではないですか?機嫌が良ければ、とても上手な挨拶が出来ると思います。また、出来なかったときはママがお相手にフォローを。自分の代わりに挨拶をしているママに気づけば、徐々に気分にムラがあっても挨拶するようになるかもしれません。

挨拶をするという概念が、そもそもない!

まだまだ会話も一方通行なことも多い小さな子は、挨拶をする習慣自体が身についていないかもしれません。その場合は、人に会っても挨拶をしないのは当然のことです。まずは家族の中でしっかり挨拶をする習慣をつけましょう。挨拶をしてニコニコしているママとパパを見て、子どもは挨拶がすばらしいことだと認識していくでしょう。

合わせて読みたい

2歳でも食育を頑張ろう!身に付けさせたい7つの食事マナー
普段の生活で最もマナーを問われるのが「食事」です。「お箸の握り方がおかしい」「くちゃくちゃと音を立てながらご飯を食べる」など、子どもの頃にある程度の習慣が身についていないと、大人になってから「マナーのなっていない人」と思われてしまいます。 小さい頃に教わったことは、大人になってもきちんと覚えて...

挨拶を習慣化させていきましょう

まずは、人に会ったら挨拶をするという習慣を身につける必要があります。挨拶がどういったものか、小さな子どもに言葉で説明するのは不可能です。まずは感覚的に「こういう時は挨拶をするんだ」という事を認識させるところから始めましょう。

親がしっかりとした挨拶をする!

一番大切なのは、側にいるママやパパがしっかりと挨拶が出来ているかどうかです。外にいる時はもちろん、家庭の中でもきちんと挨拶をしましょう。ママが「おはよう」と言っているのに「うん」などと答えているパパはいませんか?子どもは親の行動を見ています。しっかりとした挨拶をするように、親も普段から心がけましょう。

絵本や遊びに挨拶を取り入れてみる

挨拶の絵本はたくさんありますから、挨拶の練習に取り入れやすい方法です。仕掛け絵本もありますので、子どもが興味を持った絵本を活用しましょう。また、ぬいぐるみやお人形を使ったごっこ遊びの中でも挨拶を使った遊びが出来ます。男の子のママには、おままごとやお人形を使った遊びを敬遠している方もいらっしゃいますが、挨拶の練習にもなりますので、ぜひ試してほしい方法です。

挨拶が出来たら、適度に褒める

挨拶が出来る様になるというのは、かなり大きな成長だと思います。挨拶が出来たら、褒めてあげましょう。あまり大げさではなく「しっかり挨拶できて偉かったね」という一言で充分です。あまり褒めちぎると、褒められるために挨拶をする子になってしまうかもしれません。あくまでも、挨拶を習慣として言える子になるのが目標であることを忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

子供がタオルを手放さない!?お気に入りのタオルに執着する心理
子供がお気に入りのタオルやぬいぐるみをどこでも、肌身離さず握っている様子はよく見られるほほえましい光景です。ただ親としてはボロボロのタオルをずっと持っているのはやめてほしいと思ってしまいますよね。お子さんが幼稚園や小学校に上がるなら、毎回持っていくことは難しくなってきます。そこで子供がタ...

じっくりと取り組むのが大切です!

挨拶を言える子になるには、挨拶の習慣化はもちろん、恥ずかしくても言えるようになるなど、子どもにとって高いハードルがいくつもあります。すぐに成果が出ることではないので、じっくりと取り組んでいくことになります。

挨拶が出来なかったことを責めない

「なんで挨拶をしなかったの」と責めないであげてください。人と会うことが嫌になってしう場合があります。子どもが恥ずかしがって挨拶を出来なくても、ママがニコニコと挨拶をしている姿を見続けることで、自然と言えるようになります。それまでは、言えなかったことを責めるのではなく、言えたら褒めてあげるようにしましょう。

しつこく「挨拶をしなさい」と言わない

「挨拶をしなくちゃダメよ」というのも言ってしまいがちですが、なるべく我慢しましょう。挨拶をすることに緊張感が芽生えてしまうかもしれません。あくまでも自然に言えるようになるのが理想です。小さい時期は挨拶が出来なくても注意は程々にして、挨拶をすると気持ちがいいという事を、どんどんママやパパが見せて伝えていきましょう。

小学生になった時に挨拶が出来ればいい位の気持ちで!

親が挨拶をして見せても、挨拶の絵本を見せても、どうしても恥ずかしくて挨拶が出来ない子もいます。焦らず、小学生になる頃には出来ていればいいと思って根気強く待ちましょう。小学生になれば、登下校時に近所の人に会ったり、お友だちの家に遊びに行ったりと自分から挨拶をしなければいけない場面がたくさん出てきます。そうなった時には、小さな頃からの積み重ねから、どんどんと挨拶が出来る様になっていくでしょう。

おわりに

挨拶ができる様になる年齢は個人差があります。2歳でしっかりできていたのに、少し大きくなると恥ずかしがってできなくなる子もいます。挨拶は今すぐ出来る出来ないという事ではなく、長期的に取り組んで身につける習慣です。もし今、挨拶が出来なくても子どもを責めたり叱ったりしないで下さい。挨拶をすると気持ちがいい、他の人と出会うのが楽しいという事を子どもに伝え続けることが大切です。

ピックアップ

2歳児が大好きなごっこ遊びはこれ!人気の遊び方を大特集
遊びは子どもの成長に欠かせないものです。公園でお友だちと追いかけっこをしたり、砂遊びやブランコなどしたりと遊び方は実にさまざま。その中でも、「ごっこ遊び」は心の成長に大きな役割を担っています。誰かの役を演じることで、それまでとは違った視点から物事を捉えられるようになり、他人の気持ちを理解し思いや...
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...
2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
挨拶は基本!挨拶できる子どもに育てる方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る