あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは

良ければシェアをお願いします。

1歳時のしつけ

気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。

あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。

スポンサーリンク

あいさつはしつけの第1歩

しつけ

乳幼児~幼児期のしつけは、子どもが人として成長していくための基礎力となります。中でも「あいさつ」は、人と関わるためのきっかけを作る大切な要素です。

あいさつができると相手に良い印象を与え、人との交流範囲が広がります。あいさつを通して、相手に受け入れられる感覚を覚えることは、大人になる過程で人間関係を築くうえでの「入り口」となります。

あいさつのしつけは、「いうことを聞かせる」のではなく、まず大人が手本となることも大切です。「あいさつができる子どもに育てたい!」と願うなら、まず周囲の大人たちが気持ちよくあいさつを交わしあう環境を作りましょう。子どもは大人の「いうこと」だけでなく、「すること」を見ているものです。

合わせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...

1歳児の心身の発達に合わせたしつけのポイント

1歳児

あいさつのしつけは、1歳頃が適しているといわれています。発達でいうと、大人のいうことが分かるようになり、自分なりの意思や感情が目覚め、簡単な言葉をしゃべりだすのが1歳頃だからです。周囲への好奇心も出てきますから、あいさつを通じて家庭外の社会に慣れ、この年齢で出やすい「人見知り・癇癪」などを回避する有効な手段にもなります。

あいさつのしつけで気をつけたいポイントは、子どもそれぞれ発達のペースが違うことです。周囲の子との比較で親が焦ってしまい、あいさつを強制すれば、子どもは大きなストレスを感じます。性格やタイプによっても子供がしようとするあいさつの表現は異なりますから、形にとらわれず、「あいさつしようとしている」という頑張りをほめることで、自発性を促すようにしましょう。

同じ子どもでも、1歳の前半と後半では発達の仕方は大きく違い、意思・感情が芽生え、一人歩きができるようになる前半は、行動範囲が広がる一方、言葉での意思表示ができない子どもも多いものです。無理に言葉であいさつさせようとすると癇癪を起こしたり、あいさつ自体が嫌いになったりすることもあるため、子どもの気持ちを注意深くくみ取る配慮も必要です。

後半になると、語彙が徐々に増えて「ニャンニャン、かわいい」といった二語文も話せるようになりますから、言葉で意思表示するあいさつのしつけへと徐々に移行させていきましょう。

理想と現実は違う?しつける側の留意点

親と子ども

あいさつのしつけについて、「厳しく・優しく・放任」など、多種多様の方法論や情報がありますが、必ずしも現場ですぐに成功するとは限りません。子どものしつけで親が感じる悩みのほとんどは、「こうなって欲しい」という理想と、現実のギャップにから生まれるものです。

もちろん、できるだけ多くの知識をもっておくことは、いうことを聞かない子どもに困り果てた時のヒントになります。しかし、知識に縛られすぎると子どもを追いつめたり、逆に親が自分を追い込んでしまったりと、双方がストレスを抱えてしまいがちです。

どんなに立派なことが書いてあっても、「理想と現実は違う」と割り切ることも大事です。子どものためのはずが、世間体や自己満足で子どもに無理をさせていないか、しつけをする側の親は常に自分に問いかけ、おおらかな気持ちで子どもを見守る気持ちを忘れないようにしましょう。

合わせて読みたい

子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...

あいさつのしつけは3つの段階で考えましょう

しつけに対する子どもの反応は本当に様々さまざまで、すぐに親のいうことを聞ける子どももいれば、なかなか上手くいかない場合もあります。そこで、個体個人差に応じた3つの段階であいさつのしつけを考えていくのもひとつの方法です。

【段階1:あいさつを嫌がる子には、まず安心感をもたせてあげるよう】

あいさつのしつけを始めて家庭内で少し慣れても、知らない人だとあいさつを嫌がることがあります。これは、好奇心の芽生えと同時に、知らない人や物事に対して抱く恐怖心や不安感から生まれる自然な反応です。子ども自身が安心感をも持つまで、そばで優しく寄り添ってあげましょう。

【段階2:あいさつへの興味が湧いてきたら、ほめてあげる】

きちんと言葉にならなくても、あいさつしようとしているな、と感じたら、ほめてあげることも大事です。幼児期はちょっとしたことで伸びもつまずきもするものです。そして、初期の嬉しい経験は、次の行動を後押しする力となります。ちょっと間違っても、「がんばってよくいえたね。」とほめ、少しずつあいさつの形を一緒に整えてあげましょう。あいさつの精度ではなく、「子どものがんばり」を大切に見守ることが大切です。

【段階3:あいさつできるようになったら、された人の気持ちを教える】

明るいあいさつができるようになったら、「あいさつしてくれてありがとう気持ち良いね!」「あいさつされて嬉しそうだったね!」など、された側が感じる気持ちを教えましょう。

自分のあいさつで人が好いスガスガしい気持ちになると分かれば、人と気持ちよく過ごすにはどうすればいいか、と自分で考えるきっかけにもなります。そこにまだ自覚はなくとも、あいさつの社会性や人間関係の視点がこの段階で育まれるのです。

おわりに

あいさつのしつけは、人間関係の基礎を築くための大切な過程です。しつけのポイントは子どもの発達や個体個人差の違いを親がよく分かって対応することと、子どもを信頼して応援してあげることです。あいさつの形にとらわれず、子どもと一緒に親も成長する気持ちで、あいさつのしつけに取り組んでください。

ピックアップ

1歳の子にはちみつは危険!?いつから食べさせてもいいの?
まろやかで自然の甘さをたっぷり蓄えた黄金色の甘味。それがはちみつです。その優しい甘さを愛している人も多いのではないでしょうか。チーズに、ヨーグルトに、パンに、料理の隠し味にと大活躍のこの「はちみつ」ですが、実は小さなお子さんにとってはとても危険なものなのです。子どもを持つ保護者として、はちみつの...
下痢がなかなか治らない!1歳児の下痢の原因と対処法
子どもの体調は変わりやすいものです。また、大人とは違って自分自身で対応ができないため、場合によっては長引くこともあります。 今回はこんな子どもの体調不良の一つである「下痢」に焦点をあてて、原因と対処法を見ていきます。 1歳児の下痢はなぜ起こる? まずは、「なぜ1歳児が下痢をするのか」に...
風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る