保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ

良ければシェアをお願いします。

保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ

保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。

しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申込者多数の場合の審査基準も明確に定められています。最初から諦めずに、まずはどんな基準なのか見ていきましょう。審査基準についての基礎知識や、特に知っておきたい基準は3つに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

10項目の基準に当てはまる必要がある

家族

保育園に子どもを入園させることを希望している保護者の方は、非常に多いです。そのため、全ての入園希望者を入園させることはできず、審査に通過した場合のみ入園することができる仕組みになっています

審査の基準は明確であるため、公平な制度となっています。大きく分けて10項目の審査基準があると言われていて、少なくともそれらのいずれかに該当していることは必要になります。

例えば、就労に関しては、居宅内労働と居宅外労働の基準があります。他に出産・育児の項目と疾病・障害の項目があり、親族の介護・看護の項目も設けられています。災害、求職、就学、不在などもそれぞれ項目としてあり、これらいずれにも当てはまらない場合でも、その他として認められる場合があります。

しかし、それらに当てはまるだけでは、まだ入園希望者の方が入園定員よりも多い場合がほとんどのため、そこからさらに絞り込んでいくという仕組みになっています。その際に、項目ごとに点数を付けて合算する方法が採用されています。

各項目ともに入園の必要度が高い家庭ほど、点数も高くなるようになっているのです。この合計点数で入園の審査を行います。この点数のことを基準指数と言います

合わせて読みたい

年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...

1.就労に関する基準

保育園に子どもを入園させようとしている家庭の多くは共働き世帯です。両親が仕事をしているときに、子どもの面倒を見ることができないため、入園が必要になります。ただ、労働時間などによって、入園の必要度が異なります

夫婦のいずれかが就労していれば、申込の対象にはなります。パートタイムやアルバイトも該当し、フルタイムだけが対象ではありません。ただし、基本的に労働時間が長いほど基準指数が高くなります。

また、夫婦両方の点数を合算するため、共働きでないと合計の基準指数は低くなってしまうでしょう。パートタイムやアルバイトで労働時間が短い場合も同様です。

また、会社などに勤務して働いている場合だけでなく、自営業や内職なども対象になります。自営業者や内職をしている人も、会社勤めをしている人と同様に、労働時間で点数が決まる仕組みです。ただし、基準は会社勤めをしている人と異なります。

この他に、現在仕事をしていない場合でも求職中なら申込が可能です。学校や職業訓練校に通っている人も対象になります。ただし、求職中の場合は基準指数が低めです。就学中の場合は、就学時間に応じて会社勤めをしている人に準じて基準指数が加算されます。

2.同居する親族に関する基準

両親(子どもから見た祖父母)が同居している場合には、介護や通院の付き添いが必要なケースもあるでしょう。その場合は、特にそういった必要がない人と比べて入園の必要性が高いと判断されます。

そのため、介護や通院の付き添いをする時間や頻度に応じて基準指数が加算されます。自宅で介護をしている場合と、施設に入所している場合の両方が対象です。

3.災害や障害、DVなどに関する基準

夫婦のいずれか、または両方が病気療養中であったり、障害を持っていたりする場合にも疾病や傷害の程度によって基準指数が加算されます。病気や怪我をした状態で、子どもを養育するのは困難であるため優先するという趣旨です。また、災害などに遭ってしまった場合も対象です。家屋が破損していたり復旧中であったりする必要があります。

他には、DV(ドメスティックバイオレンス=家庭内暴力)などが原因で別居中というケースもあるでしょう。別居中の場合には就労の分の点数が1人分だけになってしまいます。その分不利にならないように、DVで別居中の場合には、点数が加算されるようになっています

また、離婚や死別などで母子家庭や父子家庭だというケースもあります。そのような家庭に関しても、片親が不在として加点の対象です。未婚のまま出産して結婚していないケースや離婚調停中の場合に関しても同様です。

合わせて読みたい

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...

点数は自治体によって異なる

シングルマザー

具体的にどの場合に何点分としてカウントされるのかは、全国共通ではありません。自治体によって異なります。就労に関して労働時間が同じなら、会社勤めをしている人と自営業者で差を設けていない自治体もあれば、自営業者がやや不利に扱われてしまうところもあります。

また、基準指数が加算される10項目以外に、自治体が独自に項目を設けて点数を加算しています。この点数は調整指数と呼ばれている数字です。基準指数の合計に調整指数を合算した数字を元に審査を行うことになります

この調整指数は加算されるだけでなく、項目によっては減算されるものもあるのが特徴です。例えば、祖父母が近くに住んでいて、面倒を見てもらうことができる場合に、減点される自治体が多いようです。

おわりに

待機児童が多いことが社会問題化しているように、保育園の審査に通ることはハードルが高いです。特に認可保育園は非常に競争率が高くなっています。

しかし、点数化することにより、可能な限り公平な方法で審査が行われています。まず第一に基準についてよく知ることで、審査に通る可能性は上がってくるのではないでしょうか。ぜひ、後悔しないようにしっかりと下調べをして保活に臨みましょう。

ピックアップ

働く女性の味方、保活コンシェルジュとは?
今や「働くお母さん」は珍しい存在ではありません。働きながら子育てをしている女性は皆さんの周りにもたくさんいらっしゃると思います。そんな忙しいお母さんの救世主として登場したのが「保活コンシェルジュ」。保活コンシェルジュとは2013年に株式会社マザーネットによって誕生した新しいサービスです。しかし、...
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...

https://tamagoo.jp/childcare/nursery-school-kindergarten-difference-good/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る