「 リスク 」のお役立ち記事一覧

35歳を過ぎたあなたへ、高齢出産で気になるあれこれを全てまとめました

35歳を過ぎたあなたへ、高齢出産で気になるあれこれを全てまとめました

高齢出産とは「35歳以上で出産すること」と日本産婦人科学会では定義しています。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 女性の社会進出が進み晩婚化が進んでいることに伴い初産の年齢も上がっており、高齢出産は珍しいことでも特別なことでもありません。 ただし高齢...

出産前の妊婦さんへ臨月の過ごし方、出産に役立つ話をまとめてご紹介します!

出産前の妊婦さんへ臨月の過ごし方、出産に役立つ話をまとめてご紹介します!

妊娠生活を無事に乗り越え臨月に入り、出産はもう間近です。臨月になるとお腹もだんだんと下がってくるので日々変わっていく体の変化で出産が迫っていることを実感するでしょう。早くお腹の赤ちゃんに会いたくて待ち遠しい気持ちでいっぱいだと思います。 ここでは出産間近のあなたに向けて、 ...

必ず陣痛がくる?陣痛促進剤のリスクや痛みはどれくらい?

必ず陣痛がくる?陣痛促進剤のリスクや痛みはどれくらい?

さて、いよいよ予定日・・・のはずですが、陣痛がこない。しかし、慌てなくても大丈夫です。ちゃんと医師がタイミングを見計らってくれています。陣痛がこなかったり、陣痛が流れに乗らないとき、無事に出産を行うため、医師は陣痛促進剤を使うことをすすめてきます。陣痛促進剤を使うのは、出産のときだけです。どんな...

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩・・・VBAC(ブイバック)という選択

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩・・・VBAC(ブイバック)という選択

芸能人でも、木下優樹菜さんや坂下千里子さんが経験した「VBAC(ブイバック)」での出産。これは、第1子が帝王切開での出産であったにもかかわらず、第2子を自然分娩で出産するという方法です。欧米では90年代ごろから推奨されているそうですが、日本でもVBACを選択するママが増えてきています。VBACを...

不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?

不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?

一度流産を経験すると、次も流産してしまうのではないかという思いが頭に浮かび、流産に対する不安や恐怖を感じてしまう女性も多いです。流産の主な原因は先天性のものが多く、自然淘汰です。それでも一度流産を経験すると次の妊娠でも流産しやすくなるのでしょうか。流産を経験した場合の流産する確率について紹介しま...

子どもが上手に交通ルールを守れるようになる3つのポイント

子どもが上手に交通ルールを守れるようになる3つのポイント

子どもが小学校に行く年齢になるころの親のいちばんの心配事と言えば、子どもが「交通事故」にあわないかどうかですよね。特に、自転車を乗り出す時期は行動範囲も広がり、交通事故にあうリスクが高くなるので、交通ルールを守ることがとても重要になってきます。そこで今回は、子どもが上手に交通ルールを守れるように...

心構えは必要?予定帝王切開になる赤ちゃんとママ それぞれの理由

心構えは必要?予定帝王切開になる赤ちゃんとママ それぞれの理由

帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。緊急帝王切開の場合は、母子の生命の危険などから出産を急ぐ必要があるときなどに行われます。その一方で、予定帝王切開は事前に知ることができ、心構えをする時間があります。そんな予定帝王切開はどのような理由から決定されるのでしょうか。ママ側と赤ちゃ...

コンタクトはNG?帝王切開のときに付けてはいけないものアレコレ・・・そのワケとは?

コンタクトはNG?帝王切開のときに付けてはいけないものアレコレ・・・そのワケとは?

帝王切開の注意事項を知っていますか?実は、帝王切開に必要な準備は心構えだけではありません。帝王切開の手術をするにあたってNG項目は、たくさんあります。普段当たり前につけているものでも帝王切開の手術ではつけてはいけないものもあります。日常生活で使っているアレコレの着用NGとその理由について紹介...

知っておけば安心!予定帝王切開の入院~退院までの流れをチェックしておこう!

知っておけば安心!予定帝王切開の入院~退院までの流れをチェックしておこう!

予定帝王切開は、赤ちゃん側もしくはママ側に帝王切開になる要因があり、病院から予定帝王切開と判断されます。帝王切開と言われると、入院や術後の体、育児などについての心配事がたくさんあります。予定帝王切開になったらどのように入院から退院までを過ごすのでしょうか。予定帝王切開だからこそ事前に準備や心...

流産になってしまうことも…妊婦さんが転ぶことのリスクと予防方法

流産になってしまうことも…妊婦さんが転ぶことのリスクと予防方法

妊娠中は、体調の変化が大きいものです。妊娠初期のつわりや、妊娠中期以降のむくみやめまい、妊娠後期には大きくなったお腹が足元をおぼつかなくさせるなど、さまざまな症状が現れて、時には転んでしまうこともあるかもしれません。しかし、妊娠初期の妊婦さんが転ぶと流産に、妊娠後期なら早産に繋がることも。そ...

切迫早産と早産【コラム妊娠と出産】

切迫早産と早産【コラム妊娠と出産】

切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満に下腹痛、性器出血、破水などの症状に加え、規則的な子宮収縮があり、医師の内診で子宮口が開いてきたリ、子宮の頸管が柔らかくなり伸展したりして、早産の危険性が高いと考えられる状態をいいます。 実際にこの妊娠週数で分娩となるのを早産といい、分娩全体の5~6%...

脅威の生殖能力!男性は何歳まで父親になれるものなのか?石田純一58歳、市村正親59歳・・・

脅威の生殖能力!男性は何歳まで父親になれるものなのか?石田純一58歳、市村正親59歳・・・

最近では55歳以上で父親になっている有名人も多く見かけるため、男性は生涯現役でいくつになっても父親になることができるなどといったイメージがありませんか?しかし、生殖能力の条件などから男性の高齢出産はそう簡単にはいかないもの。今回は男性の妊娠・出産には年齢のリミットがあるのか、高齢出産を成功さ...

食べ物や蜂毒で起こるアナフィラキシー ショックとは!アレルギーとは違うので要注意!

食べ物や蜂毒で起こるアナフィラキシー ショックとは!アレルギーとは違うので要注意!

子どものアレルギー、アナフィラキシーショックは、ある日突然襲われることが多く、初めてその姿を目の当たりにすると、慌ててしまい、どう対処したら良いか分からなくなってしまうママも多いことでしょう。アナフィラキシーショックは生死に関わる場合もありますので、普段からしっかりとした知識を身につけておき...

産後は赤ちゃんと車で移動したい!妊婦でも運転免許を取ることは可能?

産後は赤ちゃんと車で移動したい!妊婦でも運転免許を取ることは可能?

産後、赤ちゃんが一緒の外出は車があったほうが何かとラクなので、妊娠している今しか運転免許を取得するチャンスはない!と思っている妊婦さんも多いと思います。しかし、妊娠中の免許取得は思っている以上に厳しいものです。体にかかる負担は通常より増えますし、早産や流産などのリスクも伴います。妊娠中の...

妊娠と糖尿病【コラム妊娠と出産】

妊娠と糖尿病【コラム妊娠と出産】

糖尿病となる人が増えていることはテレビやラジオ、新聞などでも時々話題になり、皆様もご存じのことと思います。いまや日本人の10人に1人が糖尿病であるとの推定もあります。糖尿病は年齢と共に増加しますが、妊娠する人が高齢化していることから糖尿病を合併する妊婦さんも増えてきています。 スク...

通勤、買い物、子どもの送迎・・・乗れないと不便!妊婦はいつまで自転車で乗っていいものなのか?

通勤、買い物、子どもの送迎・・・乗れないと不便!妊婦はいつまで自転車で乗っていいものなのか?

妊娠すると色々な事に制限がかかってしまいます。その中の一つとして「妊婦は自転車に乗らない方がいい」とよく言われますが、その理由は何なのでしょうか。乗らない方がいいとは分かっていても通勤や買い物、上の子の送迎などに自転車が乗れないと不便ですよね。ここでは妊娠中に自転車に乗らない方がいい理由やど...

40歳以上で肥満気味の妊婦さんが合併症にならないためにやるべき3ヶ条!

40歳以上で肥満気味の妊婦さんが合併症にならないためにやるべき3ヶ条!

妊娠年齢が高くなるほど、流産の危険性や赤ちゃんの染色体異常などの、さまざまなリスクが増えてくると言われています。特に、40歳以上の高齢妊娠で、肥満気味の妊婦さんが注意したいのが「妊娠高血圧症候群」と、その合併症です。今回は、妊娠高血圧症候群の合併症の種類や、合併症にならないためにやるべき3ヶ条を...

なぜ生まれない?42週を超えた過期産に産まれる赤ちゃんのリスクと母体の影響

なぜ生まれない?42週を超えた過期産に産まれる赤ちゃんのリスクと母体の影響

出産予定日というのは目安なので、その日に赤ちゃんが生まれないからといって焦ることはありません。でも予定日を過ぎたらやっぱり心配になりますよね。出産時期が遅くなり「過期産(かきさん)」という診断を受けた場合、胎児に悪い影響を与えるリスクも高くなります。今回は「過期産」の原因や赤ちゃんへの影響、対処...

傷跡はどうなる?1人目が帝王切開だと2人目以降も帝王切開になる理由

傷跡はどうなる?1人目が帝王切開だと2人目以降も帝王切開になる理由

一人目が帝王切開だった場合、二人目はどうなるの?と考えているママはたくさんいるはずです。陣痛は、子宮にとって大きな負担になるので、二人目も帝王切開をすすめられることが多いのが現実となっています。何度も帝王切開をして傷口が増えるのではと心配になりますよね。今回は、二人目を妊娠したらどうなるのか...

高齢出産だと帝王切開になってしまう率はどれくらい?帝王切開になる理由は?

高齢出産だと帝王切開になってしまう率はどれくらい?帝王切開になる理由は?

ただでさえあれこれ不安と隣り合わせで過ごす妊娠と出産という一大イベント。高齢出産と呼ばれる35歳以上の産婦さんは高齢出産ではない産婦さんに比べて帝王切開の率が高いのかどうか、実際帝王切開になるとどのようなことが起こるのか、気になっているかもしれません。ここでは高齢出産と帝王切開の現状につ...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る