「 リスク 」のお役立ち記事一覧

不妊治療で三つ子以上を妊娠した場合・・・減数手術という選択もありなのか?

不妊治療で三つ子以上を妊娠した場合・・・減数手術という選択もありなのか?

不妊治療による妊娠では多胎妊娠の確率が高まる場合があり、自然妊娠では例の少ない三つ子や四つ子、時にはそれ以上を妊娠することもあります。双子ですらリスクが高いとされる多胎妊娠ですから、三つ子や四つ子となると母体にも胎児にも大きな負担となります。その負担を減らすために行われるのが「減数(減胎)手...

カラーリング・パーマ・ピアスがもたらす子どものおしゃれ障害って?!

カラーリング・パーマ・ピアスがもたらす子どものおしゃれ障害って?!

近年、低年齢層の子ども達が持つ過度なおしゃれ意識による「おしゃれ障害」が問題となっています。「おしゃれ障害」とは、その言葉の通りヘアカラーや化粧など、過度なおしゃれをする事で、子どもの身体に悪影響を及ぼす事を指しますが、具体的に子どものおしゃれがどの様な影響をもたらすのでしょうか。今回は「ヘアカ...

ありそうでなかった妊婦専用の歯磨きジェルが登場!

ありそうでなかった妊婦専用の歯磨きジェルが登場!

皆さんは妊娠中の歯周ケアをどのようにされていますか?妊娠中は自分自身の体調の変化があったり、お腹の赤ちゃんのためにもいろいろと気を遣ったりするものですよね。実は最近、世界で初めてとなる妊婦さん専用の歯磨きジェルが登場しました。今までの歯磨き粉には無かった、妊婦さんが安心・安全に使うことができ...

赤ちゃんの「外気浴」はいつからOK?効果・メリット・注意点まとめ

赤ちゃんの「外気浴」はいつからOK?効果・メリット・注意点まとめ

赤ちゃんが誕生してから1ヶ月も過ぎると、そろそろ一緒にお出かけできるかな?と思う頃ですね。でも、ずっと部屋の中だけにいた赤ちゃんをいきなり外に連れ出していいものなのかどうかわからずに、なかなか行動に移せないでいるママも多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんに外気浴をさせる時期や手順、その...

最近見かける「電子タバコ」は妊婦に影響ある?なし?

最近見かける「電子タバコ」は妊婦に影響ある?なし?

世間では嫌煙傾向が強まり、喫煙できる場所もだいぶ限られてきています。そんな中台頭してきたのが電子タバコです。電子タバコは健康被害が少ないことを売りにしているメーカーが多いですが、果たしてそれはどういう仕組みでそうなっているのでしょうか。そして妊婦さんにとって電子タバコは影響があるのか、ないの...

赤ちゃんがうつぶせから戻れない?戻れずに泣いている時の対応法

赤ちゃんがうつぶせから戻れない?戻れずに泣いている時の対応法

赤ちゃんを育てていると、うつぶせの状態で泣いている場面に遭遇することがあります。初めて見た時は、うつぶせで泣いている状況にわけがわからず戸惑ってしまうこともあると思いますが、実は寝返りをうって、うつぶせから戻れない状態でいるのです。赤ちゃんが寝返りをうまくうてない場合の対処法・練習方法をご紹...

妊娠中の脱毛処理をエステサロンで行ってはいけない3つの理由

妊娠中の脱毛処理をエステサロンで行ってはいけない3つの理由

脱毛処理は自己処理・美容クリニックで行う方法・エステサロンで行う方法の3つに大きく分けられます。美容クリニックでは医師がレーザーを用いて毛根を破壊し恒久的な脱毛効果が期待できる方法が主に用いられますが、エステサロンではどのような方法で脱毛を行なうのでしょうか?また、多くのエステサロンが妊娠中...

タバコが赤ちゃんにもたらす悪影響を考えよう!受動喫煙の怖い5つの影響

タバコが赤ちゃんにもたらす悪影響を考えよう!受動喫煙の怖い5つの影響

妊娠が発覚した、または赤ちゃんが生まれた後もタバコをやめることができずに悩んでいるママ、もしくはパパにタバコをやめてもらいたいけれど言い出せないというママも多くいらっしゃるのではないでしょうか。でも、誰しも赤ちゃんには健やかに育ってほしいと願うものですよね。今回は、タバコが赤ちゃんにどのように悪...

そもそも授乳をしなければおっぱいの形はくずれないもの?クーパー靭帯との関係は?

そもそも授乳をしなければおっぱいの形はくずれないもの?クーパー靭帯との関係は?

かつて「胸の形が崩れるから母乳はあげていない」そう発言して物議を醸した芸能人がいましたが、授乳をしなければ本当におっぱいの形はくずれないものなのでしょうか?おっぱいの形を保つ鍵となっているのは、おっぱいの中にあるクーパー靭帯と言われる器官です。おっぱいの形が崩れるメカニズムと崩れないための対...

35歳を過ぎたあなたへ、高齢出産で気になるあれこれを全てまとめました

35歳を過ぎたあなたへ、高齢出産で気になるあれこれを全てまとめました

高齢出産とは「35歳以上で出産すること」と日本産婦人科学会では定義しています。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 女性の社会進出が進み晩婚化が進んでいることに伴い初産の年齢も上がっており、高齢出産は珍しいことでも特別なことでもありません。 ただし高齢...

出産前の妊婦さんへ臨月の過ごし方、出産に役立つ話をまとめてご紹介します!

出産前の妊婦さんへ臨月の過ごし方、出産に役立つ話をまとめてご紹介します!

妊娠生活を無事に乗り越え臨月に入り、出産はもう間近です。臨月になるとお腹もだんだんと下がってくるので日々変わっていく体の変化で出産が迫っていることを実感するでしょう。早くお腹の赤ちゃんに会いたくて待ち遠しい気持ちでいっぱいだと思います。 ここでは出産間近のあなたに向けて、 ...

必ず陣痛がくる?陣痛促進剤のリスクや痛みはどれくらい?

必ず陣痛がくる?陣痛促進剤のリスクや痛みはどれくらい?

さて、いよいよ予定日・・・のはずですが、陣痛がこない。しかし、慌てなくても大丈夫です。ちゃんと医師がタイミングを見計らってくれています。陣痛がこなかったり、陣痛が流れに乗らないとき、無事に出産を行うため、医師は陣痛促進剤を使うことをすすめてきます。陣痛促進剤を使うのは、出産のときだけです。どんな...

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩・・・VBAC(ブイバック)という選択

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩・・・VBAC(ブイバック)という選択

芸能人でも、木下優樹菜さんや坂下千里子さんが経験した「VBAC(ブイバック)」での出産。これは、第1子が帝王切開での出産であったにもかかわらず、第2子を自然分娩で出産するという方法です。欧米では90年代ごろから推奨されているそうですが、日本でもVBACを選択するママが増えてきています。VBACを...

不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?

不安でたまらない!一度流産を経験すると次も流産する確率は?

一度流産を経験すると、次も流産してしまうのではないかという思いが頭に浮かび、流産に対する不安や恐怖を感じてしまう女性も多いです。流産の主な原因は先天性のものが多く、自然淘汰です。それでも一度流産を経験すると次の妊娠でも流産しやすくなるのでしょうか。流産を経験した場合の流産する確率について紹介しま...

子どもが上手に交通ルールを守れるようになる3つのポイント

子どもが上手に交通ルールを守れるようになる3つのポイント

子どもが小学校に行く年齢になるころの親のいちばんの心配事と言えば、子どもが「交通事故」にあわないかどうかですよね。特に、自転車を乗り出す時期は行動範囲も広がり、交通事故にあうリスクが高くなるので、交通ルールを守ることがとても重要になってきます。そこで今回は、子どもが上手に交通ルールを守れるように...

心構えは必要?予定帝王切開になる赤ちゃんとママ それぞれの理由

心構えは必要?予定帝王切開になる赤ちゃんとママ それぞれの理由

帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開があります。緊急帝王切開の場合は、母子の生命の危険などから出産を急ぐ必要があるときなどに行われます。その一方で、予定帝王切開は事前に知ることができ、心構えをする時間があります。そんな予定帝王切開はどのような理由から決定されるのでしょうか。ママ側と赤ちゃ...

コンタクトはNG?帝王切開のときに付けてはいけないものアレコレ・・・そのワケとは?

コンタクトはNG?帝王切開のときに付けてはいけないものアレコレ・・・そのワケとは?

帝王切開の注意事項を知っていますか?実は、帝王切開に必要な準備は心構えだけではありません。帝王切開の手術をするにあたってNG項目は、たくさんあります。普段当たり前につけているものでも帝王切開の手術ではつけてはいけないものもあります。日常生活で使っているアレコレの着用NGとその理由について紹介...

知っておけば安心!予定帝王切開の入院~退院までの流れをチェックしておこう!

知っておけば安心!予定帝王切開の入院~退院までの流れをチェックしておこう!

予定帝王切開は、赤ちゃん側もしくはママ側に帝王切開になる要因があり、病院から予定帝王切開と判断されます。帝王切開と言われると、入院や術後の体、育児などについての心配事がたくさんあります。予定帝王切開になったらどのように入院から退院までを過ごすのでしょうか。予定帝王切開だからこそ事前に準備や心...

流産になってしまうことも…妊婦さんが転ぶことのリスクと予防方法

流産になってしまうことも…妊婦さんが転ぶことのリスクと予防方法

妊娠中は、体調の変化が大きいものです。妊娠初期のつわりや、妊娠中期以降のむくみやめまい、妊娠後期には大きくなったお腹が足元をおぼつかなくさせるなど、さまざまな症状が現れて、時には転んでしまうこともあるかもしれません。しかし、妊娠初期の妊婦さんが転ぶと流産に、妊娠後期なら早産に繋がることも。そ...

切迫早産と早産【コラム妊娠と出産】

切迫早産と早産【コラム妊娠と出産】

切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満に下腹痛、性器出血、破水などの症状に加え、規則的な子宮収縮があり、医師の内診で子宮口が開いてきたリ、子宮の頸管が柔らかくなり伸展したりして、早産の危険性が高いと考えられる状態をいいます。 実際にこの妊娠週数で分娩となるのを早産といい、分娩全体の5~6%...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る