産後は赤ちゃんと車で移動したい!妊婦でも運転免許を取ることは可能?

自動車教習

、赤ちゃんが一緒の外出は車があったほうが何かとラクなので、妊娠している今しか運転免許を取得するチャンスはない!と思っている妊婦さんも多いと思います。しかし、妊娠中の免許取得は思っている以上に厳しいものです。体にかかる負担は通常より増えますし、早産流産などのリスクも伴います。妊娠中の免許取得について今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

妊婦が運転免許を取得する際のリスクとは

妊娠中は体の中に二つの心臓があるというだけあって、ただでさえ体調不良に陥りやすいものです。しかし、一般の方と同じ講習を受けなければなりません。ここでは妊娠中の免許取得はどのようなリスクが伴うのかをご紹介します。

連日の慣れない教習でストレスが溜まる

妊娠中は疲れや緊張、ストレスからお腹が張りやすくなるほか、天候によっては頭痛を引き起こすこともあるのです。日常生活ですら多少無理をするだけで体に負担がかかるものなので、連日続く教習では次第にストレスが溜まって体が疲れきってしまいます。これらを踏まえると、妊娠中の免許取得はお腹の赤ちゃんにとって良いものではありません

教習内容そのものが体の負担になる

椅子に座って長時間授業を受けることも腰痛を引き起こす原因になりかねませんが、座学だけが授業ではありません。路上教習もそうですが、応急処置講習(人工呼吸や心臓マッサージ)を3時間続けて行ったり、ドライバーが安全に運転をするための日常点検講習もあるのです。大きなお腹を抱えた状態でこれらの講習を受けるとなると、体調不良以外に体力的な面も心配されます。

交通事故に巻き込まれるリスクがある

路上教習が始まると、教習車であろうと一般の車両と同じ道路に出て運転をしなければなりません。いくら気をつけて運転をしていても、追突事故などの交通事故に巻き込まれるリスクが高まります。妊娠中の女性は法律上シートベルトの着用を拒否できますが、万一事故に巻き込まれれば体にかかるダメージは大きくなりますし、シートベルトを着用したところでお腹が締め付けられて気分が悪くなることも考えられるでしょう。

合わせて読みたい

妊婦さんは歯医者に行ける?歯科治療についての基礎知識4つ
人間の体には、自然治癒能力があります。それによって、ちょっとした切り傷やかすり傷、風邪などは自然に治っていくのです。ただ、この「自然治癒能力」が及ばないところもあります。それが「歯」です。歯は、一部のごくごく軽いものを除けば、虫歯が自然に治るということはありません。歯医者での治療が必要になり...

できれば妊婦の免許取得は控えるべき

妊娠中の免許取得となると、自分自身よりも周りの方が気を使わなければなりません。産後は忙しくなって免許取得は無理だろうと思いがちですが、今は託児所のサービスなどがついた教習所も増えています。本当に今すぐ免許が必要なのか、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。

そもそも入校することができない可能性がある

妊娠中に免許を取得しようと志しても、いざ教習所へ申し込んだら受け付けてもらえなかったなんてこともあります。講習を受けている最中に体調不良を起こし、万が一流産などを引き起こしていたら教習所が責任を持たなければなりません。そういったことから、妊娠中の女性の入校を拒否する自動車教習所は増えてきているのです。

免許取得できずに期限を過ぎてしまうことも

妊娠中に教習所へ通うためには、体調の面を考慮しながらスケジュールを組んでいくと思います。それでも講習中に具合が悪くなってしまったり、悪阻がなかなか治らないなどの症状でしばらくの間通うことができなくなっている間に出産を迎えてしまうこともあります。そうすると、期間中に免許を取得することが出来ず、通い直す羽目になってしまうのです。

産後なら安心して免許取得に励むことができる

出産直後は母親が赤ちゃんにつきっきりで、ほとんどの時間を屋内で過ごします。赤ちゃんとのお散歩や外出なんてまだまだ先の話ですので、産後しばらくの外出はバスやタクシーなどを利用して乗り切りましょう。半年も過ぎればママの体力もほとんど回復してきます。育児にも慣れている頃だと思うので、託児所が付いた教習所へ通うことを検討するのもいいかもしれませんね。

合わせて読みたい

妊婦さんの靴選びは大切!おすすめのペタンコ靴9選
なぜ妊婦にはペタンコ靴がいいのでしょう?その一番の理由は、妊娠してお腹が大きくなったり、体重が増えたりすることで起きるマイナートラブルを防ぐため。ヒールの高い靴はバランスがとりづらいほか、つま先立ちに近い状態になってしまうため腰痛を引き起こす原因となり、また、ふくらはぎの筋肉が伸び縮みしづら...

どうしても免許取得したいときは

できることなら妊娠中の自動車免許の取得は控えるべきですが、どうしても免許を取得しなければならない場合は、妊娠中の入校が可能な自動車学校を選ぶことから始めましょう。自動車学校選びにおけるポイントは以下の3つです。

自動車学校と教官の評判を調べる

現在は口コミサイトがある自動車学校が多いと思いますので、入校したい学校が見つかったらまずは参考程度に評判を調べてみましょう。性格の合わない教官と数ヶ月間一緒に過ごさなければならないとなると、ストレスからお腹に悪影響を及ぼします。また、出産前に免許を取得できるスケジュールを組んでもらえるかもしっかり確認しましょう。

妊娠中に体調不良になることを考慮する

安定期だから大丈夫と思っていても、学校までの移動が大変だったり教習期間中に具合が悪くなる恐れもあります。まずは交通機関をしっかり確認して、通学するのに困難なことは何もないか調べておきましょう。また、具合が悪くなってしまったときのことを考えて、一時的に通えない場合も休み扱いになってしまうのか、途中退学する場合は返金されるのかを先に聞いておきましょう。

必ず「通学コース」で通うこと!

妊娠中だから短期間で免許を取得したい気持ちはわかりますが、合宿コースを選択してしまうと心身ともに大きな負担がかかります。通学コースを選択して無理のない範囲でスケジュールを組みましょう。また、最近では通学コースにも1ヶ月以下で免許を取得するコースもあるようなので、出産までに時間がない場合はそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

おわりに

妊娠しながらでも実際に免許を取得されている方もいますし、妊婦も受講可能な教習所であればしっかりサポートしてくれます。しかし、何かがあってからでは遅いのです。出産日を無事に迎えることを一番に考えましょう。

ピックアップ

【レシピ付き】2016年を振り返る!今年の食トレンドで妊婦と相性がよかったものは?フムス、テンペ、ライスミルク・・・
2016年に妊婦と相性がよかったとされている食のトレンド、たくさんありましたがその中でも話題になったフムス、テンペ、ライスミルクなど…。他には、どんな食品があるでしょうか。また、話題になったトレンド食品は、なぜ妊婦と相性がよいとされているのでしょうか。今回は、2016年トレンド食品について説...
すぐに食べるのをやめたほうがよい!妊娠中に絶対食べてはいけないもの
妊娠中の女性の体はとてもデリケートです。そのため、普段は気にせず食べられるものでも母体の健康や赤ちゃんの成長に影響を及ぼす食べ物が多くあります。今回は、妊娠中に食べてはいけないものとその食べ物にどんな影響があるのかを紹介します。 健康的なマタニティライフを過ごすためにも食べるものに気をつけ...
臨月に車を運転するリスクは?気を付けたい6つのポイントはこれ!
買い物やお出かけなどに活躍する自動車ですが、妊婦はいつまで自分で運転してもよいのでしょうか。妊娠中の体はとてもデリケートで、疲れやすくなっています。自動車は楽そうに見えて、実は同じ姿勢をキープしなければいけません。そのため、臨月の女性にとってはよくない場合があります。臨月の運転を控えた方がいい理...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後は赤ちゃんと車で移動したい!妊婦でも運転免許を取ることは可能?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る