待機児童がたくさんいるのに日本はなぜ少子化なのか 少子化の本当の意味とは?

少子化

少子化が叫ばれている昨今ですが、それでも待機児童問題は一向に解決する気配を見せません。それではいったいなぜ現在の日本では、少子化なのに待機児童が多いという逆転現象が起こってしまっているのでしょうか。日本が抱えている少子化の本当の意味とはどういった事なのでしょうか。待機児童の問題と少子化の問題について順番にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

待機児童はなぜ解消されないのか

長い間問題とされているのになかなか解消につながらない待機児童。それではいったいなぜ待機児童は一向になくならないのでしょうか。現在の日本が抱えている大きな課題である待機児童問題について詳しくみていきましょう。

そもそも待機児童問題とは何なのか

待機児童とは、親の仕事や家庭の都合で認可保育園への入園を希望しているのにもかかわらず、定員超過のために入園する事ができない子どもの事であり、特に都市部で多くなっています。2016年2月、インターネット上での「保育園落ちた、日本死ね」という匿名の書き込みを発端に、待機児童問題としていわゆる「保活」の厳しい現状が浮き彫りになりました

憲法で居場所が確保されていない未就学児

海外では子どもは、就学前であっても一人の人間としての権利があります。しかし、日本では現状未就学児は義務教育に当てはまらず、居場所を求める権利やそれを定める国の義務も皆無であるといえます。したがって、憲法により小学校には必ず全員の子どもが入学できるけれども、保育園は入れない子どももでてきてしまう現状にあるというわけです。

長く続く不況と、雇用状況の悪化

日本では景気が回復しているといわれつつも、実際は不況の状態が長く続いています。昔の日本では会社は年功序列、お父さんは年々給料が上がり、お母さんは家で家事と子どもの面倒を見るというのが一番多いスタイルでした。しかし不況が長引く現在、雇用も不安定となり、お母さんも外で働かざるを得ないという状況が増えてきたのです。共働きの家庭が専業主婦家庭を上回り、子どもを保育園に預ける家庭が増えてきたのです。

合わせて読みたい

子どもの声が騒音?待機児童が多いのに保育園が住民反対される現実
近年ニュースなどで、保育園の待機児童の問題を耳にする方は多いと思います。保育園に入りたい児童がたくさんいるのに、保育園の空きがないことで入所できない人がたくさんいます。待機児童の解消のために新たに保育園を作ろうと思っても住民の反対があり、なかなか前進しないこのような現実を、少し掘り下げてご紹...

日本はなぜ少子化が進む一方なのか

次に、日本はなぜ少子化が進んでいるのかという問題についてみていきましょう。少子化が進む原因にはいくつかありますが、いずれも現代の日本が抱えている問題や不安が、大きく家族計画に絡んでいる結果と言えます。

www8.cao.go.jp

少子化が進む原因その1 若い世代の未婚・晩婚化

少子化が進む原因の一つとされているのが、そもそも若い世代の未婚・晩婚が増えているという事にあります。働く女性の増加により初婚年齢も年々あがってきており、女性の初産の平均年齢も30歳を超えています。さらに価値観の多様化により、独身の自由さや気楽さを求める人が多くなってきていて、必ずしも人生において結婚をする事を重要視しない人が増えているのです。

少子化が進む原因その2 子育てへの経済的な不安

少子化が進む原因としては、子育てに関する経済的な不安という事も大きな要因の一つにあげられます。子ども一人を大学まで行かせるために必要な養育費は一千万円を軽く超えると言われていますので、とても2人、3人と複数の子どもを育てる事ができない、そもそも子どもにかけられるお金がないという経済的な理由から子どもを断念する家庭もあります。

少子化が進む原因その3 進む核家族化

一つの家庭に2世帯、3世帯で住むことが当たり前であった一昔前に比べ、現在ではおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に住まずに離れて暮らす家族が多くなってきています。このような核家族の増加により、家庭内に昔のように子どもの面倒を見る事のできる大人が少なく、夫婦二人だけで育てられる子どもの数が減少してしまったという背景があります。

合わせて読みたい

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...

少子化でも待機児童は減らないという問題

そもそも子どもの人数が減っているという事は、普通に考えれば待機児童も減るのではないかという気がします。しかし、現状では全くその気配はありません。なぜ子どもの人数は減っているのに待機児童は一向に解消しないといった逆転の現象が起こってしまっているのでしょうか。

低賃金による慢性的な保育士の不足

保育士は他人の子どもを一日預かるという重圧に加え、激務、モンスターペアレントの問題などもあり仕事が長続きしない人が多く、慢性的に人材不足と言われている仕事です。しかし、保育士が不足する最大の原因は低賃金にあるといっても過言ではないでしょう。保育士の年収の平均は他の全ての職種の平均と比べてもかなり低い水準となっています。仕事の過酷さに比べるとこの低賃金では全く引き合わないとし、離職者が増える一方という現状です。

保育園の数を増やすことができない現状

さらに、待機児童が減らない原因としては保育園を増やせない現状も一つの理由としてあります。保育士を増やす事ももちろん大切ですが、さらにその保育士が働くための保育施設を増やす事も求められます。しかし、騒音問題や防犯の問題など保育施設の建設に難色を示す地域住民が多く、新たな保育園を建設する事自体が難しくなっているのです。

子育て世代に厳しい日本という国

前項の保育施設の建設反対という事項からもわかるように、日本が子育てに非常に厳しい国であるという事実は否めません。子どもに対する国民全体の考えを変える事ができなければ、結局少子化問題も待機児童の問題も一向に解決の方向には向かえないのです。国民の一人ひとりがもっと子どもに対して柔軟な考えを持ち、日本の将来を担う子どもたちであるという気持ちで接する事が必要です。

おわりに

今回は、待機児童が多いのに少子化であるという日本の現状についてお伝えいたしました。待機児童がなくならない理由と少子化の問題は実は根っこの部分でつながっているのです。他人の子どもも全て日本という国の子どもであるという意識を大人一人ひとりが持つ事が、こういった問題の解決につながる一つの方法だと言えます。

ピックアップ

待機児童解消のモデル事業!都庁内にとちょう保育園ができた!その中身は?
待機児童の解消は重要な課題ですが、あまり解消が進んでいない状態です。しかし、そんな中で事業モデルとして都庁内に保育園ができました。この保育園がモデルとして参考にされて待機児童が解消されればうれしいですね!待機児童がいなくなっていけば、保護者の方が働きやすい環境が整っていくはずです。今回は都庁...
待機児童数に含まれない「隠れ待機児童」がいる原因はナニ?
隠れ待機児童とは、希望している施設の空きなどを待っているにも関わらず、待機児童としては数えられていない子どものことを指します。なぜ施設の空きを待っているのに待機児童の数には数えられないのでしょうか?今回は待機児童として数えられない子どもの条件をご紹介していきます。待機児童として数えられない場...
ついに認可保育園が入園予約制を導入!待機児童は解消される?
1歳枠での保育園への入園はかなり難しい現状。そのため、働くママたちは枠の確保のために子どもが0歳のうちに職場復帰するケースが多く見られます。 4月の入園でほぼ枠が埋まってしまうため、年度の途中からも1歳からも入園ができない事から、特に早生まれの子にとってはかなり不利なシステムでした。今後、...
二人の男の子の母です。もともと野球ファンでしたが、今は息子の影響ですっかりサッカー狂になりました。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
待機児童がたくさんいるのに日本はなぜ少子化なのか 少子化の本当の意味とは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る