子どもの声が騒音?待機児童が多いのに保育園が住民反対される現実

良ければシェアをお願いします。

保育園

近年ニュースなどで、保育園の待機児童の問題を耳にする方は多いと思います。保育園に入りたい児童がたくさんいるのに、保育園の空きがないことで入所できない人がたくさんいます。待機児童の解消のために新たに保育園を作ろうと思っても住民の反対があり、なかなか前進しないこのような現実を、少し掘り下げてご紹介します。

スポンサーリンク

保育園の待機児童の問題の原因は?

保育園の待機児童の問題は、近年特によく耳にします。少子化といわれ、昔より子どもの数は減っているはず。なのに、このようなことに直面しているのは、どのような原因が考えられるのでしょうか?ご紹介したいと思います。

1番の原因は不景気といわれています

少し昔の日本は、今以上に子どもの数は多かったのですが、働きに出ている母親は今より少なかったのです。それが今はどうでしょう。不景気に突入し、雇用も安定せず夫の収入だけでは生活できない、という人がたくさんいます。もちろん、自らの意思で働きに出る女性も増えました。こういった背景から、保育園に預けられる子どもの数は増えています。

シングルマザーが増加しています

こちらもよく耳にすると思いますが、昔に比べて離婚率が増加しています。女性が社会進出し、経済的な自立があり、昔より離婚しやすくなったため、増加したのではないかと考えられています。このように、様々な理由から離婚率は増加しています。離婚後、シングルマザーになる人も多く、こういった理由からも、保育園の利用者は増えている、といわれています。

大型マンションが増加しています

保育園の待機児童の問題があるのは、主に首都圏など、人がたくさん住む地域です。こういった地域には、大型マンションが続々と建設され、一層人口は密集しています。昔にはなかった高層のマンションなどが増えていますよね。住む人の数は増えるのに、保育園は新設されない、といった理由から保育園の待機児童が増えています。

合わせて読みたい

不承諾通知が届き待機児童に!?その後の上手な対処方法を伝授!
希望していた認可保育園から不承諾通知が!地域によっては認可外(不認可)保育園でもダメだった・・・という人も。「数カ月待った上に不承認なんて・・・4月から仕事復帰できないの!?」と誰もがガックリ、そして次のアクションはどうすればいいの?と焦ってしまいますよね。まず考えなきゃいけないのは何?次に...

保育園建設が住民に嫌がられる理由とは?

保育園を新設しようと思うと、周辺住民の理解が必ず必要です。しかし、一筋縄にはいかないようで、問題の起こっている地域がたくさんあります。保育園を新たに建設することを嫌がられるのは、どのような理由からでしょうか?

子どもの声などによる騒音問題の心配

子どもというのは、本当に騒がしいものです。騒いでいない、喋っていないのは寝ているときだけ、と言っても過言ではないほどです。その元気さが子どもらしさでもあります。
しかし、元々住んでいた住人からすると、せっかく閑静な住宅街なのに、保育園ができると騒がしくなるのではないか、という心配の声が上がってくるわけです。今まで住み慣れてきた環境に変化があると、誰しも不安を感じるものですよね。

保育園ができることによっての事故の心配

保育園に子どもを送り届け、迎えに行く親は、時間の制約があるので必死です。朝少しでも子どもがぐずってしまえば、保育園に間に合うよう、道を爆走してしまうことがあるかもしれません。また、子どもはまっすぐ道を歩いてくれず、しっかり見ていないと道路に飛び出してしまうことが懸念されます。住民の方は、保育園が増えることで、周辺での事故も増加するのではないか、と懸念するようです。

資産価値が落ちるのではないかという意見も

閑静な住宅街というのは静かで暮らしやすい場所ですので、それなりに根の張る価格でも、購入するという方は多いでしょう。「静かである」ということに付加価値を感じてお金を払っているのですから、そこに保育園が建設されるというのは、付加価値を失ってしまうことになります。支払った付加価値分の金額が無駄になってしまうことを考えると、容易には首を縦に振ることはできないでしょう。

合わせて読みたい

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...

東京都杉並区の例をご紹介します

保育園の待機児童の問題の話になったときに、よく名が挙がる地域として、東京都杉並区があります。保育園が足りず、建設を進めたいのに、住民との折り合いがつかないようです。どのような事例なのでしょうか?ご紹介したいと思います。

東京都杉並区の待機児童の現状とは?

人口が密集している東京都では、待機児童も問題が深刻です。東京都杉並区では2016年現在、130名以上の待機児童がいるそうです。もし、保育園に入れないとなると、母親は仕事を辞めなければいけなくなります。働きたいと思っている母親にとっては、とても理不尽なことでしょう。どうにか、解消してほしい!と懇願するのは当然のことといえます。

住民と杉並区の意見が対立しています

杉並区など、人がたくさん集まっている地域では、当然土地の余裕がありません。保育園を建設したくても、場所がないのです。そこで、杉並区は本来ある公園の一部に保育園を建設するのはどうか、と提案したところ、住民は大反対です!子どもの遊び場を奪わないでという意見です。たしかに、保育園を作ったことで遊び場がなくなると、子どもにはふびんな気がします。

待機児童を解消できる日はくるのか?

限られた土地しかない都会で、全ての人の意見を汲んで、解決するというのは不可能なことに思えます。小規模の託児施設を増加させるなど、子どもを預けることができる施設を、杉並区は努力して作っています。地域住民との話し合いも、たくさん設けられているそうです。難しい問題ですが、住民の人が少しでも納得してくれるように、住民も若い世代の人を応援できるように、お互いの考えを譲り合うことで、前進していかなければいけない問題といえます。

おわりに

保育園の待機児童の問題は、これからも続くでしょう。保育園の問題は、待機児童の問題だけではなく、保育士の給与が少ない、保育士の数が足りない、という問題も耳にします。簡単には解決することができない、根深い問題だといえます。

ピックアップ

保育園の申し込み時に嘆願書を書くことの効果って?
4月から復職予定、わが子が待機児童になるのは絶対に避けたい・・・そんな気持ちからか、待機児童が深刻な地域では申込用紙に「嘆願書をつけて保育園に提出」が当たり前になっているとか?!嘆願書ってどういうこと?本当に効果あるの?出して選考の不利になることはないの?そんな疑問に答えていきます。ぜひ参考にし...
1歳入園は超激戦!?0歳と1歳で変わる入園のハードル
「1歳で保育園に入れるのは大変」という話をよく耳にします。では、なぜ1歳児は保育園に入りにくいのでしょうか。0歳児のうちに保育園に入れないといけない、途中入園は難しいので早生まれの子は不利、と言われている理由は一体何なのでしょう。働くママたちの間で話題のいわゆる「保活」の現状と疑問点をご紹介...
保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。 しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの声が騒音?待機児童が多いのに保育園が住民反対される現実
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る