あなたはどこで出産したい?総合病院?産婦人科?助産院?それとも自宅?それぞれのメリット、デメリット!

良ければシェアをお願いします。

あなたはどこで出産したい?総合病院?産婦人科?助産院?それとも自宅?それぞれのメリット、デメリット!

女性の人生で最大のイベントである「出産」。出産場所は、慎重に選びたいものですよね。

総合病院をはじめ産婦人科、助産院、それに自宅・・・いろいろな選択肢がありますが、人それぞれに思い描いている理想の出産場所があると思います。そこで、実際その場所で出産した場合のメリットとデメリットはどんなものがあるのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

総合病院での出産のメリットとデメリット

内科や外科をはじめ、小児科、整形外科、歯科などのさまざまな診療科が併設されている総合病院。

規模も大きくいろいろな診療科が揃っている総合病院での出産には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?見ていきましょう。

総合病院での出産のメリットとは?

総合病院での出産のメリットは、出産に際して問題が起こったときに専門科の診療が受けやすいことにあります。高齢出産や持病を抱えたハイリスクな出産をする場合の有力な選択肢のひとつにあげられます。

特に深刻な問題を抱えている場合は母子ともに高度な医療が受けられる各県内に数カ所ある「周産期母子医療センター」に指定されている病院での出産が望ましいでしょう。

総合病院での出産のデメリットとは?

総合病院での出産のデメリットは、総合病院イコール「ハイリスクな出産に対応できる」と、一概に言えない点にあります。出産を扱っていても、ある一定のリスクを超えたら周産期母子医療センターへバトンタッチ、という総合病院も多いのです。

それならば、はじめから周産期母子医療センターでの出産を選べばよいように思えますが、施設数は限られていて望んだからと言って必ずしも利用できるとは限らないのが現状なのです。

総合病院に適している出産は?

総合病院に適しているのはどんな出産でしょうか?総合病院での出産のメリットとデメリットを考え合わせてみると「ある程度、ハイリスクだと考えられる出産を含むもの」と言えるかもしれません。

ただ、「ある程度」の見極めはとても難しく、病院や担当する医師の裁量と患者本人の考え方によるところが大きいでしょう。その病院が自分の出産に合っているのか、患者本人の的確な情報収集が重要になってきます。

合わせて読みたい

はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...

産婦人科での出産のメリットとデメリット

産婦人科の病院とは、主に個人経営の病院のことを言います。「○○産婦人科」や「○○レディースクリニックなどと呼ばれている地域密着型の病院で多くの女性が産婦人科での出産を選んでいますが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?見ていきましょう。

産婦人科での出産のメリットとは?

産婦人科での出産のメリットには、医師や看護師の人数が限られているため、家族的な「よりアットホームな雰囲気」の中で出産を迎えられることがあげられます。

よく知らない看護師に世話をされるよりも、気心の知れた看護師に世話をされた方が「同じレベルのお世話」でも、居心地はだいぶ違ってくるものです。

また、小規模ゆえに院長の考え方や方針が色濃く反映されるので、その産婦人科ならではの特色が現れるのも大きな特徴です。

産婦人科での出産のデメリットとは?

産婦人科での出産のデメリットは、万が一ハイリスクな出産になった場合に、対応しきれないケースが出てくる点にあります。手に負えない場合は、周産期母子医療センターに移送ということにも。

また、出産が重なった場合などにも、限られた職員数では対応しきれないことが考えられます。つまり、緊急時の対応に不安が残ることが、産婦人科での出産の最大のデメリットと言えるでしょう。

産婦人科に適している出産は?

産婦人科に適しているのはどんな出産でしょうか?メリットとデメリットを考え合わせてみると、「ハイリスクを伴わない出産」と言えるでしょう。

ただ、出産というものは未知数のもの。順調に思える出産でも危険が潜んでいる場合があり、誰にも100%の予測は不可能です。万が一の場合、その産婦人科がどのような対応をするのかを、事前に調べておくと安心ですね。

合わせて読みたい

妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確...

助産院と自宅出産のメリットとデメリット

助産院と自宅出産のメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?助産院は、国家資格を有する助産師が個人で経営する産院でベッド数が9以下の施設をいいます。

「妊婦の分娩の補助」のほか、新生児の保健指導」をする施設でもあります。

助産院と自宅出産のメリットとは?

助産院と自宅出産のメリットとはほぼ共通していています。身近な環境でよく知った人たちに囲まれて、リラックス状態で出産に臨めることです。

ただでさえ気を張っている妊婦にとって、他人に気兼ねすることなく心からリラックスした環境で出産できることは、とても大きなメリットです。自宅出産に関して言えば、これほどリラックスできる環境はないでしょう。

助産院と自宅出産のデメリットとは?

助産院と自宅出産のデメリットもほぼ共通していて、緊急時の対応が「病院への移送」の一択しか選べないことです。

「それでいいのでは?」と思うかもしれませんが、一刻を争う事態の場合、対応の遅れが重大な結果を招くこともあり得ます。緊急時の迅速なリスク回避が難しい、この点が助産院と自宅出産の最大のデメリットなのです。

助産院と自宅出産に適しているのは?

助産院と自宅出産に適しているのはどんな出産なのでしょうか?メリットとデメリットを考え合わせてみると、「リスクがない出産」と言えます。

ほぼ安全な出産を迎えられる安定した状態ではじめて選べる出産場所、それが助産院や自宅なのです。また、助産院や自宅を出産場所に選んだ場合は、緊急時の対応をきちんと確認しておくことが大切です。

まとめ

出産場所として考えられる4つの場所として、総合病院、産婦人科、助産院、自宅、それぞれのメリット、デメリットにスポットを当ててご紹介してきましたが、いかがでしたか?

出産という女性の人生最大の一大イベント。その大舞台をどこにするか、メリットとデメリットのどちらを優先するのかじっくり考えてより良い場所を選んでくださいね。

ピックアップ

服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
【調査】妊娠前にチェック!妊婦さんが失敗した出産に向けた病院選びとは
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、病院選びで失敗した人・しなかった人の割合を調査すべく、出産経験のある女性100人にアンケートを取りました。私が実際に、妊娠して病院を選ぶとした場合に優先したいのが、通院のしやすさ。身重な体で通院するわけですから、できるだけ家から...
産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
あなたはどこで出産したい?総合病院?産婦人科?助産院?それとも自宅?それぞれのメリット、デメリット!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る