妊娠中にシミ・そばかすができる原因と対策方法5選

すぐにでも始めたいシミ・そばかす対策5選

コスメセット

妊娠中に、シミやそばかすを発生させないためには、事前に対策をとることが大切です。ここでは、妊娠中のシミ・そばかす対策について五つご紹介します。なお、この対策方法は、出産後の事後対策としても有効なので、ぜひ実践してほしい方法です。

ハイドロキノン入りの美白コスメを使用する

美白コスメの使用は、シミを発生させにくくする予防策として有効な方法です。特に、他の美白成分よりも効果が高い、ハイドロキノンという成分が含まれているものを選びましょう。

紫外線対策をする

紫外線は、肌のDNAを破壊してシミを増やし、色素沈着を起こすので、常に心掛けたい対策です。皮膚を守るために、日焼け止めや日傘などを活用しましょう。また、紫外線は目から入ることがあります。その対策に、サングラスをかけると、目から入って来る紫外線を90%カットできるので、外出時には着用しましょう。

肌の保湿をする

肌を強い力で洗顔したり、乾燥肌になったりすると、肌が炎症を起こしてシミが発生しやすくなります。洗顔するときは、ぬるま湯などで優しく洗い、洗顔後の保湿はたっぷりつけるようにしましょう。

ビタミンCを摂取すること

ビタミンCは、シミを予防する効果があるほか、肌の老化防止や、ストレスに強い肌を育てるなど、肌にとってうれしい効果が期待できる栄養素です。シミ対策時には、ビタミンCが豊富に含まれた食べ物を積極的にとりましょう。

十分な睡眠をとること

シミの原因であるメラニン色素は、もし発生しても、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーによってなくなることが多いのです。しかし、美容に最適な時間帯に睡眠をとっていないと、ターンオーバーが遅れ、シミができやすくなるのです。ターンオーバーを促進させる時間帯は、夜22時~夜中2時だとされているため、その時間は就寝しているようにしましょう。

おわりに

シミやそばかすの原因には、紫外線を浴びることや、肌の炎症、また不規則な生活などがあります。特に、妊娠中にシミやそばかすが発生しやすくなるのは、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

しかし、妊娠中にできたシミは、出産後にホルモンバランスが整うと、改善されることが多いようです。そのため、シミを発生させず、またできてしまったシミを定着させないために、事前の予防策が重要になってきます。妊娠中のシミ・そばかすの対策として、美白コスメの活用、紫外線対策、ビタミンCの摂取、十分な睡眠などを、意識して取り入れましょう。

ピックアップ

【沐浴の仕方】新生児のやり方のポイントを伝授
【沐浴の仕方】新生児のやり方のポイントを伝授
新生児の沐浴は温度管理と洗い方が大切です。赤ちゃんの健康を損なわないよう顔や背中を丁寧に洗ってあげたいですよね。ただし、中には洗い方の問...
新生児の抱っこしすぎは抱き癖がつく?抱き癖はいいこと?悪いこと?
新生児の抱っこしすぎは抱き癖がつく?抱き癖はいいこと?悪いこと?
1日のうちに、何度も泣きだしてしまう新生児の赤ちゃん。泣き続ける赤ちゃんをあやすために、抱っこすること、よくありますよね。しかし、昔から...
天使のスマイル、【新生児微笑】 赤ちゃんが笑うには意味があったのだ!
天使のスマイル、【新生児微笑】 赤ちゃんが笑うには意味があったのだ!
新生児微笑というのをご存じの方もいらっしゃると思います。生まれたばかりでまだ何もみえない、何も聞こえないと思われる赤ちゃんが、なぜかにっ...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
妊娠中にシミ・そばかすができる原因と対策方法5選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る