良ければシェアをお願いします。

マタニティビクスで運動不足を解消!得られる4つの効果

良ければシェアをお願いします。

マタニティビクス

妊娠中のよくある悩みごとに、「運動不足」や「体重管理」が挙げられます。そうした悩みの解消のために積極的に外出したり、食事に気を遣ったりと工夫されている方も多いようです。

妊娠中に激しい運動をすることには抵抗がありますが、「マタニティビクス」なら妊婦さん向けのプログラムや動きで、自分のペースに合わせて取り入れることができます。もちろん、気になる運動不足の解消や、体重管理にも役立ちます。

また、そのほかにもマタニティビクスは妊婦さんにとって多くの嬉しい効果が得られるようです。さて、一体どのような効果が期待できるのでしょうか?4つの効果をご紹介します。

合わせて読みたい

妊娠後期の体重増加はどこまで許容される?上手な体重管理法5選
お腹の赤ちゃんが育っていくにつれて、ママ自身の体重が増加するのは自然なことです。しかし、妊娠後期になると、「少し太りすぎたかな」と自身の体重増加のペースが気になる方も多いかと思います。過度の太りすぎは出産時のトラブルにつながると言われていますが、どれくらいまでの体重増加が許容範囲なのでしょう...
スポンサーリンク

効果1.出産・産後までの体力づくりができる

体力づくり

マタニティビクスを継続的に行うことで、なにかと動きがセーブされる妊娠中でもしっかりと体力をつけ、維持することができます。マタニティビクスは妊娠経過が順調であれば、13〜14週目以降から始めることができ、そして、経過や体調次第となりますが、人によっては出産のギリギリまで行っている方もいるようです。

お腹が大きくなるにつれて動くことが辛かったり、すぐに疲れてしまったりということがありますが、マタニティビクスを継続していると自ずと体力がつき、出産をするための体力や持久力がつきます。さらに、産後も体力が維持できるため、産後すぐに始まる赤ちゃんのお世話が無理なく行えることや、身体の回復が早いなどの効果が期待できます。

効果2.体重管理をしやすくなる

体重

妊娠中、妊婦検診の度に計測する体重はどうしても気になってしまうものです。また、体重管理について悩んでいる妊婦さんも多いようです。

妊娠中に体重を減らそうとダイエットをすることは、母子の健康を考えると、もってのほかです。出生時の体重が2500g未満の低出生体重児で生まれてくる確率が高くなってしまいます。また、体重が増えすぎても産道に脂肪がつき難産につながる場合があります。さらに、産後体重が元に戻らないなどの問題も考えられます。

マタニティビクスで定期的に身体を動かすことは、妊娠中の体重管理においても良い効果が期待できるようです。あまり動かずじっとしていると、必要以上に食欲が増したり、食べ物のことばかり考えてしまったりすることもありますよね。しかし、日常にマタニティビクスを取り入れることで気持ちがリフレッシュし、身体にほどよい疲労感を与えることができます。

その結果、必要以上に食欲が増すこともなくなり、体重管理がしやすくなるのです。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
マタニティビクスで運動不足を解消!得られる4つの効果
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る