育休中に資格取得!復職後に役立つ資格はコレ!

良ければシェアをお願いします。

育休中に資格取得!復職後に役立つ資格はコレ!

出産を機に仕事ストップして子育てに専念していても社会に復帰できるのだろうかと心配になってしまいますよね。育児で忙しくて自分のこともままならない時期ですが、なんとか隙間時間を見つけて復職後に役立つ資格を取得してみませんか?人手の足りない介護の資格を含めて育児中にも比較的取りやすい資格をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

施設実習がなくなった!介護職員初任者研修

ホームヘルパー2級と言った方がなじみがあるかもしれません。2013年に制度改正があり、介護職員初任者研修という名前に変更されました。施設での現場実習なしでも取得できるようになったので育児中の身としてはありがたいですね。

介護職員初任者研修とはどんな資格?

介護職員初任者研修は一般的に、略して初任者研修と呼ばれています。介護の入門資格と言われているように介護をする際に必要な基本知識と技術を得ることを目的としています。

在宅介護においては入浴、食事、排泄といった身体的な介護を行い、掃除、洗濯、料理、買物等の日常生活全般の援助をします。また、施設等で働くことも想定されており活躍の場は広い資格です。

介護職員初任者研修はスクーリングが必要です!

介護職員初任者研修の取得にはスクーリングが必ず必要です。座学の部分を自宅で学習し主に実技などを学校に行って受けなければなりません。学校により週に1、2回で済むところもあるのでご自身の都合に合わせて学校を選択するとよいでしょう。

期間は、スクールによりさまざまで1か月程でとれるところもありますが、平均的には2、3か月位で設定されているところが多いです。

介護職員初任者研修でどんな仕事に就ける?

仕事は、大きく二つに分かれます。ひとつは、介護が必要な方のお宅に行く在宅訪問です。お宅に行って身体介護や生活援助を行います。もうひとつは、介護老人の保健施設、デイホームやグループホームなど施設で働く仕事です。

施設の場合は、食事、排泄、、移動の介助、シーツ交換等が主な仕事となる場合が多いです。

合わせて読みたい

仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
育児中でも、子育てが一段落ついてくると、仕事をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか。 しかし、子育て中の場合、保育園のお迎えの時間を考えながら出勤できる希望時間や、子どもが体調を崩した場合の対応できるかなどの条件を考えると、なかなか希望どおりの仕事を探すのは一苦労です。 主婦...

短時間でも働きやすい! 医療事務

医療事務の資格という言葉はよく聞きますが正式名称は何でしょうか?実は、医療事務には資格がたくさんあります。どれが本物というわけでもなくそれぞれに特徴を持っています。よく調べて検討して自分に合った医療事務の資格を取得しましょう。

医療事務の資格はたくさん!まずは情報を集めよう!

医療事務の国家資格はなく、検索してみると数十種類の資格が出てきます。多くは医療事務の全般が学べるものです。その他歯科専門、調剤薬局事務、医療秘書、医療コンピュータなどさまざまです。インターネット検索、学校の資料を取り寄せるなどしてこれから働いて行きたいと思う方向のものを選んでください。通信だけで在宅で試験まで受けられるものもあります。

でも、せっかく資格を取っても医院側が知らなければ意味がないですよね。なるべく知名度の高いものを探しましょう。

診療報酬請求事務能力は為になる!

数ある医療事務の中でも診療報酬請求事務能力の資格は難易度が高く最高峰ともいわれています。実務経験者が再就職のために取ることもあります。レセプトと呼ばれる診療報酬請求事務、受付、会計、オペレーターなどのスキルが問われる資格です。経験ゼロでスタートする際に基本となる知識としてとっておくと少し有利になれます。

医療事務の資格で就職が簡単になる?

残念ながら現実問題として医療事務の資格があるから即就職できるわけではありません。医院側はあまり資格を重視しておらず、それよりも実務経験を重視してきます。

経験ゼロ知識ゼロよりは経験はゼロだけど少し基礎知識があります!というアピールになる程度であるというのが現状です。あとは、あなたのやる気次第です。この資格を踏み台としてこれからステップアップして行くという意気込みで挑んでください。

合わせて読みたい

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...

好きなこと、得意なことを活かした資格

何か好きなこと、得意なことはありませんか?まったく新しい事でなくてもいいのです。英語が得意、子どもが好きなど。そういったものをさらに深く勉強して資格をとってみませんか?子育てとの両立もみえてくるはずです。

パートも可!保育士の働き方はいろいろ

保育士の資格は国家試験で条件をみたせば通信教育でも合格できます。また、通信制の大学なら国家試験を受けないでも取得することが可能です。待機児童などの問題により認定保育園もたくさんあるので保育士はいつも不足しています。

働き方もパートのように朝のお届け、夕方のお迎え時の数時間単位でいいところもあるので、いろいろな働き方が選べます。子どもが好きならば挑戦してみてはいかがでしょうか?

英語が好き!英語の資格で先生になる?

英語が得意、好きという方はこの機会に英語を勉強してみるのはいかがでしょうか?TOIEC、英検など有名なテストを受けてみてください。働き先は英語教室や塾など、家から近いところで仕事を見つけられる可能性も高いです。

自分で教室を開いてしまうという方法もありますね。最近は、小学校指導英会話講師という資格も生まれてきました。興味ある方は調べてみてくださいね。

大好きな趣味の世界で独自の資格を取ろう!

アロマテラピー、手芸教室、パン教室のような趣味の生かせるものを極めてみるのも一つの方法です。どれもそれぞれの団体が独自で作っている資格ではありますが、取得することでその協会や団体所属の先生になったり、自宅で教室を開いたりして活躍することもできます。

何か惹かれるものがあったら仕事につなげていくことはできないかを調べて一歩ずつ前進していきましょう

ピックアップ

産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...
待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...
子連れで出勤できる会社があるって本当?知っておきたい子連れ出社の心得
共働きの世帯は、現在では5割をゆうに超えています。母親が、仕事を持って働き続けることが当たり前になっているのが現在の情勢なのです。加えて離婚率の増加によって、シングルマザー(シングルファザー)になっている家庭も多いと言えます。また、待機児童の問題や核家族化が進んだことにより、「預け先がない」とい...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
育休中に資格取得!復職後に役立つ資格はコレ!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る