【働くママ】時間がないのに夕食の献立はどうやって考える?

良ければシェアをお願いします。

【働くママ】時間がないのに夕食の献立はどうやって考える?

働くママの一日はとにかく忙しいですよね。特に子どものお迎えから寝かしつけまでは息つく暇もないほどです。本当は和やかに食卓を囲みゆっくりと子どもとの会話を楽しみたいと思っていても、その願いはなかなか叶いません。けれど、夕食の献立を工夫することで調理時間を短くできたら、少しでもゆったりとした時間を手に入れることができるのではないでしょうか?ここでは、ゆったり時間を手に入れるための献立の決め手をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

夕食のメニューはいつまでに考える?

サザエさんのような世界では、夕飯の買い物を当日にするのは日常のこと。けれど働くママたちが、子どものお迎えに行ってから買い物に行ってメニューを決めていたのでは、買い物にも調理にも時間がかかってしまいます。ではいつメニューを決めるのが効率的なのでしょうか?

一週間の食材を週末に~まとめ買いのポイント

働くママの中には買い物は「週末にまとめて」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?その中には、献立は特に決めず、とりあえずお買い得なものを買うという方もいらっしゃるでしょう。

その時に、ただ何となくお買い得なものを買うのではなく、次週の夕食のメインを考えながら食材を選んでいきます。そこまで細かく決めるのは面倒!という場合には、肉がメインの日は何日、魚がメインの日は何日と日数だけ決めて、あとは、その日数分のメインの食材を探すだけでもOKです。

買ったものを保存する~仕訳のポイント

日数分のメイン食材を手に入れたなら、次はそれをどう振り分けるかです。まとめ買いの場合、多くの食材を冷凍保存することになるでしょう。けれど、賞味期限内に使えるのなら全てを冷凍にする必要はありません。

いくら電子レンジが発達していても、解凍には時間がかかってしまいます。どの食材をどの日に使うかを決め、週のはじめに使う食材は冷蔵庫に、そのままでは賞味期限がきれそうな食材は冷凍庫で保管してください

献立の決定は前日までに~時短調理のポイント

明日使うメイン食材は決まっています。けれど、それをどう調理するかは決まっていません。それでは、いつまでに決めるべきでしょうか?時短調理のポイントの一つに「下ごしらえをしっかりと済ませておく」ということが挙げられます。

後は煮るだけ、焼くだけ、切るだけ、盛り付けるだけ・・・もちろん、おいしさのことも考えながらできる限りの部分を前日に済ませてしまうと、当日、とても簡単に調理することができます。

合わせて読みたい

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...

主菜・副菜~時短の為にできること

時間がなくとも、せめて揃えたい一汁二菜。その中で、最も献立に迷い、調理時間がかかるのが主菜ではないでしょうか?けれど、それも下ごしらえの工夫次第で調理時間を短縮することができます。ここではメインディッシュの時短技をいくつかご紹介します。

後は焼くだけ~時短になる冷凍保存

買ってきた肉を冷凍保存する時、どのように保存していますか?お店のトレーから出して、ラップや保存袋で小分けにしてそのまま冷凍保存する場合が多いのではないでしょうか?

もちろんメニューによってはそのまま使う場合もあるかとは思いますが、あらかじめ味をつけてから保存袋で冷凍しておけば、解凍した後、「あとは焼くだけ」という、とてもお手軽な方法を使うことができるようになります。また、使う調味料を変えることによって、さまざまな味を楽しむこともできます。

揚げ物を保存する~冷凍庫活用術

忙しい時に揚げ物をするのは面倒です。鍋の傍を離れるわけにもいかず、他の事と同時進行が難しいからです。その面倒な揚げ物を、手軽に食べられる方法があります。それが、揚げ物の冷凍保存です。

例えば、週末にトンカツを揚げたとします。比較的時間のある時に、トンカツを揚げ、それを冷凍保存することによって自家製冷凍食品の出来上がり。食べるときは、軽く解凍して、霧吹きで水を少量吹きかけ、トースターで焼くとサクサクのトンカツが出来上がります。

副菜は保存食を上手に利用しよう

メインが肉や魚なら、野菜の副菜を付けたいところです。けれど、できれば時間はかけたくないところ。そんな時、常備菜を冷蔵庫にストックしておけばお皿に盛りつけるだけで完成。お弁当を作るときも大活躍すること間違いなしです!

レシピを検索すれば、冷蔵、冷凍で日持ちする様々な常備菜を見つけることができます。休日の食事の支度の時に、二品、三品多めに作っておけば、メインに合わせて組み合わせが出来てワンパターン化も防げます。

合わせて読みたい

働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度
働きながら家事や子育てをすることは大変ですよね。仕事に集中しなくてはならないけれど、子どもはまだまだ手がかかる、またはその反対もあり得るでしょう。そのような忙しいパパやママに注目していただきたいのが「子育て支援制度」です。 働きながら子育てをしている人の心や身体の負担を少しでも減らすた...

時には冷食・お惣菜も上手に活用して

様々な事情により、当日にメニューを決めなくてはならない日もあるでしょう。そんな時は、市販の合わせ調味料や冷凍食品やお惣菜も上手に活用するのも一つの手。時間がなくなってイライラするくらいなら無理をしないでニコニコしていた方が、きっと家族も幸せです。

ちょっとした工夫でオリジナルレシピ

スーパーのお惣菜や、レトルト食品を使うことにちょっとした罪悪感を感じたら、ほんの少し手を加えてみましょう。例えば、具の細かいミートソースに油で焼いた茄子やきのこを加えるだけでもレトルト感はぐっと薄くなります。

スーパーのとんかつに大根おろしと大葉を乗せるだけで、ぐんと風味よく食べられます。そんなちょっとひと手間のレパートリーを広げておけば、仕事終わりに慌ててスーパーにいった場合でも、手作り感のある食卓を演出することができるようになるでしょう。

常備で安心、種類が豊富なレトルト食品

一昔前は添加物もいろいろ気になるレトルト食品ですが今はほとんど添加物を使わずに作ったものもあります。主菜から副菜、麺類、ご飯ものなど様々な種類があり、電子レンジを使うもの、お湯でボイルするもの、自然解凍で食べられるもの、そして昔ながらの缶詰など食べる方法も様々です。

機会があるごとに少しずつ試して、自分にあったレトルト食品みつけてストックしておけば、もしもの時に心強いお守りになります。そして、常温保存や長期保存がきくものは災害時の非常食にすることもできます

副菜がない!こまった時の合わせ調味料

主菜はある、けれど副菜がない!!という大ピンチを救ってくれるありがたいものがあります。スーパーに行くと「和えるだけ~」という調味料がたくさんあります。どれもある程度保存がきくので家に常備しておけば、急に副菜を作りたい時にとても便利です。

レシピに書いてある食材だけでなく、色々な食材を和えれば、ピンチの時にもバラエティーに富んだ食卓にすることができます。また、サラダのドレッシングも粉状のものを使えば、液体のものより保存がきくので色々な味のものを揃えておくことができ、マンネリを防ぐことができます。

おわりに

ここまで、いろいろ書いてきましたが、それでも夕食の献立を考えることに疲れてしまったら、色々なサービスの利用を検討してもいいでしょう。栄養バランスも考えられたレシピと材料を届けてくれるサービスや、簡単調理でできる商品を宅配してくれる業者もあります。デパ地下やスーパーのお惣菜、簡単にできる麺類なども取り入れてみるのはいかがですか。献立作りは毎日のことです。頑張り過ぎず、家族が笑顔でいられる食卓をめざしましょう。何と言ってもママの笑顔は魔法のスパイスですから!

ピックアップ

仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
育児中でも、子育てが一段落ついてくると、仕事をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか。 しかし、子育て中の場合、保育園のお迎えの時間を考えながら出勤できる希望時間や、子どもが体調を崩した場合の対応できるかなどの条件を考えると、なかなか希望どおりの仕事を探すのは一苦労です。 主婦...
産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...

https://tamagoo.jp/lifestyle/female-hormone-increases-in-food/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
【働くママ】時間がないのに夕食の献立はどうやって考える?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る