産後ママのために、パパができる9つの事

良ければシェアをお願いします。

産後ママのために、パパができる9つの事

子どもが生まれて大喜びもつかの間、ママとパパは育児に追われる日々が始まっていきます。可愛いし愛しいし一緒に赤ちゃんと過ごす時間は楽しいですが、それだけじゃないんです。特にママはお産という大仕事終えたあとです!これからのパパの協力がどれだけあるかでママの大変さは変わってきます。ぜひこの記事を読んで産後のママをいたわり手伝ってあげましょう。

スポンサーリンク

ママの身体に起きている事を理解しましょう

よく子どもを産んでから人が変わったようだという人がいますが、それは禁句です。変わって当然なのです。変わらないほうがおかしいくらい、ママにとって色々なことが起きているのです。まずはママに何が起きているのかを理解しましょう。

産褥期、床上げの重要性を知りましょう

産褥期とは出産から体が完全に回復するまでの6〜8週間のことをいいます。産後1ヶ月後というのは多くの人が悪露や出産の際に負った傷口の回復時期だったり体力を取り戻してきたりする時期となっています。そして、この産後1ヶ月間というのは子宮の回復とともに骨盤を閉じ始める時期でもあるのです。そしてこの時期に家事など立ちっぱなしの動作を続けていると、閉じる前の骨盤の中に内蔵が下がってしまい骨盤が歪みます

産後のからだに何が起きているのかを知りましょう

妊娠中も日々大きくなるお腹に戸惑うこともあったと思いますが、産後は急速度で体調の変化が起きてくるのです。産後直後に後陣痛がきます。そして悪露というものが6週間ほど続き大丈夫なのかと不安なのです。骨盤は開ききっていて骨盤の靭帯はグラグラです。お腹周りの筋肉は大きくなった子宮の影響により正常通りに機能していません。

ママの心は常に不安定だということを知りましょう

出産によって体が辛いだけではなく、ホルモンバランスも変化してしまったため、とても精神的に不安定になりやすい状態です。身体も心も完全に安定していない状態のまま、赤ちゃんとの生活はスタートしていきます。赤ちゃんと一緒に1日中家にいる日々が続き、ストレスや孤独感、育児への不安などがどんどん溜まってしまうのです。

合わせて読みたい

産後の女性はなぜ性欲がなくなるの?原因とメカニズムを解明
産後に性欲減退が起きてしまって、悩んでしまう女性もいらっしゃるようです。夫との夜の営みがなくなって、不安を感じている人も多いでしょう。しかし産後すぐは、休む暇もなく育児で目まぐるしい毎日を送ることになります。可愛い赤ちゃんを一生懸命育てていると、どうしても性行為をする気になれないものです。性欲減...

まず論より行動にすることが重要です

産後ママをいたわる気持ちがあるならまずは何かしらの行動をおこすことが重要です。産後のママは第一子なら慣れない育児と数時間おきの授乳で眠いのに寝られない、体調もめちゃくちゃ、家事もやらなきゃ!上の子がいたらもっと大変なため、少しでも負担を減らせるようできることからやりましょう。

家事を自ら率先してやってあげましょう

今までは家事はママに全部任せていたという人もいつも手伝っているという人も、産後のママの代わりに全部の家事をやってあげるくらいの気持ちでいましょう。第一子でも第二子以降でも新生児の扱いは不慣れなものですし、万全ではない体と付き合うだけでも本当に大変なことです。

まずは誰でもできる家事を率先してやってあげることは本当に助かるはずです。「何すればいい?」ではなくて自ら動く事が重要なのです

1日の食事のことを気にかけてあげましょう

産後のママは基本的には動けません。24時間赤ちゃんと一緒で数時間おきの授乳やミルクをしているため寝不足は当たり前で気が休まることなんてないのです。その中で自分の食事を作ったりすることは本当に大変なので、パパが食料を買い置きしてくれる、作ってくれるだけで本当に助かるものなのです。手軽に食べられるパンやおにぎりで十分ですので用意してあげてください。

赤ちゃんのお世話も自ら教えてと言いましょう

パパにできることは抱っこ、ミルクをあげている場合はミルクを作ったり飲ませてあげたり、おむつを変えたりすることです。やり方がわからないからやらないではなくて、「おむつを変えてあげたいからやり方を教えて?」といった言い方で教えてもらいましょう

また、夜間泣いてしまったときには、ミルクをつくってあげたり手伝ってくれたりすることは涙がでるほど助かることですので、ぜひ進んでやってあげてください。

合わせて読みたい

産褥期のママの正しい過ごし方について
初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが、育児と並行して気遣わなければいけないのはママの体です。妊娠中に産褥期の正しい過ごし方を知っておくことで、様々なトラブルに対応でき、心の準備を整えることができま...

精神面のフォローもしてあげましょう

ちょっとしたことで落ち込みやすい状態の産後ママですが、パパのちょっとした言葉で元気になったりまた頑張ろうと思えたりするものなのです。身体的なフォローも大切ですが、精神的なフォローも本当に助けられるものです。

寝られない大変さを共有しましょう

パパは平日については仕事のために睡眠をとっても、せめて休日は夜間の赤ちゃん対応をやってあげましょう。ミルクを作って赤ちゃんに飲ませてあげたり、母乳の人は搾乳して冷凍しておいたりすることもできます。抱っこして寝かしつけるのを手伝うのだけでもいいのです。

そうしてママを1日のうちで少しでもまとまった時間寝かせてあげるだけで、身体的にも精神的にものすごく助けられると思います。

赤ちゃんのお世話を楽しんでいる様子を見せましょう

産後のママの精神面は本当に不安定です。赤ちゃんはとても可愛いのですが、1日中1対1で過ごしているので周りが見えなくなります。そこでパパが赤ちゃんを可愛がりお世話を楽しんでやっている様子をママが見ると、ママは気持ちがほっこりとして癒やされると思います。

気持ちが和むとストレスも緩和されます。お世話をしてもらうことによりママも休めるので身体的にも助かります。

ママ自身や赤ちゃんを優先されることを諦めましょう

産後のママは本来自分の身体のことで精一杯なくらいのダメージを受けているのです。しかし赤ちゃんのお世話を一番に考えて日々こなしています。そこでパパがママ、いつもお疲れ様と歩み寄ることによって、パパもお手伝いありがとうとパパへの気遣いがやっと出てくるのです。パパはママ自身や赤ちゃんが優先されてしまうことを理解し、まずは自分が歩み寄っていきましょう。

おわりに

産後のママは本当に不安定で身体的にも精神的にもボロボロの状態です。一人で乗り切るのは本当に大変なことです。パパの理解がどんなに必要で、パパの手助けがどれだけ助かるか、理解し実践していったらママもパパも赤ちゃんとの新生活をストレスなく過ごせ一番大事で大変な時期を乗り越えていけるようになると思います。

ピックアップ

産後のホルモンバランスを整える4つの方法
出産後、ママの体にはさまざまな変化が起こります。その原因は、出産や育児によってホルモンバランスが乱れていることにあります。体調を順調に回復させるには、ホルモンバランスを整えることが重要です。 ここでは、産後にホルモンバランスが乱れる原因と症状、また、ホルモンバランスを整える4つの方法をご紹介し...
産後の高血圧の原因・症状・対策・予防法
産後トラブルの1つは、「産後高血圧」です。放置しておくと高血圧が治らなかったり、脳卒中や動脈硬化、心不全や腎不全など、深刻な症状を引き起こしたりする場合もあるため、早期に適切な治療や対策を行う必要があります。また、「産後高血圧」にならないように予防することも大切です。ここでは、産後の高血圧の原因...
出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ
妊娠中は、妊婦の体調や無事に赤ちゃんが生まれてくるための環境づくりに気をかけなければなりません。その一方で、赤ちゃんが生まれた後の手続きなど、行うべきことを事前に確認し、忘れずに行動していくことも重要です。 今回は産後に行うべき手続きや、受け取ることのできる給付金などについてご紹介します。 ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後ママのために、パパができる9つの事
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る