食べても大丈夫?妊婦さんに注意が必要な魚の種類と摂取量

食べてよい魚

妊娠中はできるだけバランスのよい食生活を送る必要があります。たとえばチーズであればナチュラルチーズは駄目だけれど、プロセスチーズはよいなど、生食であれば火を通せば食べることが可能とされているように、魚もまたそのように気をつける必要のある食材の一つです。

魚といってもその種類は豊富にありますから結論からいうと妊婦さんは、すべての魚を食べられないわけではありません。またすべての魚に火を通せば安心して食べられるといったわけでもありません。今回は注意が必要な魚の種類と摂取量についてご説明します。

妊婦さんに注意が必要な理由

要注意の魚

食物連鎖によって魚には微量のメチル水銀が取り込まれており、一部の魚では他の魚と比べて水銀濃度の高いものがあります。大人が水銀を含むたくさんの魚を食べたとしても、体外に排出されるため問題はないのです。しかし妊婦さんが水銀を一定量、口にすることで胎盤を通じて胎児に移行し、発育に影響を与える可能性があると、厚生労働省が発表しています。

赤ちゃんへの影響は?

胎児への影響としては、音を聞いたときの反応が1/1000秒遅れて聞こえるといったもので、とりたてて将来に支障が出ることはありません。とはいえできる限り胎児の発育を妨げるようなことはしたくないですよね。

妊娠に気づくのが遅れた

妊娠に気づくのが遅れて、注意しなければならない魚を食べてしまった場合はどうなるのでしょう。
ママが体内に取り入れた水銀は、胎盤を通して赤ちゃんにも届きます。しかし胎盤ができるのは、一般的に妊娠4カ月ごろ。それ以前に食べたものは、胎盤ができるころには体外に排出され水銀の量は減少しています。そのため妊娠に気づいた時点で注意し始めれば大丈夫といわれています。

普段の食事の水銀量

普段の食事で身体に取り込む水銀量は、健康に影響を与えない程度といわれています。また水銀は徐々に体外へ排出され、2カ月で約半量になります。平均的な食事をしている限り、水銀が体内にたまり健康被害を及ぼすことはありません。

合わせて読みたい

妊娠中の仕事がつらい。母性健康管理指導事項連絡カードを活用しよう!
妊娠中の仕事がつらい。母性健康管理指導事項連絡カードを活用しよう!
妊婦さんの中には、「つわりがひどくて、朝の満員電車がつらい…」と思いながらも、毎日頑張って出勤している方もいるでしょう。大切な赤ちゃんを...

メチル水銀量が高い魚の種類

光る魚

厚生労働省の「魚介類に含まれる水銀の調査結果(まとめ)」による情報を基に作成しています。

1匹のメチル水銀含有量(平均値)種類
6.622μg/gバンドウイルカ
1.488μg/gユビレゴンドウ
500~1.000μg/gマッコウクジラ、ツチクジラ、メバチマグロ、メカジキ、キンメダイ、キチジ、アンコウ、アカガレイ、クロマグロ
300~500μ/gイシイルカ、ヨシキリザメ、ユメカサゴ、ヤイトハタ、ミナミマグロ、マカジキ、ハチジョウアカムツ、ドチザメ、クロムツ、キダイ、アオハタ

大きな魚ほど、食物連鎖の関係でメチル水銀を取り込んでいます。3番目にメチル水銀量が多いとされるメカジキやメバチマグロ、キンメダイ、クロマグロ。これらの魚は、私たちの食生活でもよく見かける魚だと思いますので注意が必要です。

1週間のうおのめ安摂取量

魚の種類によって、メチル水銀の含有量が異なり、それにより上限量も変動します。下記の表は、厚生労働省の「これからママになるあなたへ」を基に作成しています。また目安としておすしのネタ1貫、刺し身1切れあたり15g、刺し身1人前、切り身1切れあたり80gとなります。

摂取量の目安(1回80gとする)種類
2ヶ月に1回バンドウイルカ
2週間に1回ユビレゴンドウ
1週間に1回マッコウクジラ、ツチクジラ、メバチマグロ、メカジキ、キンメダイ、キチジ、アンコウ、アカガレイ、クロマグロ
1週間に2回イシイルカ、ヨシキリザメ、ユメカサゴ、ヤイトハタ、ミナミマグロ、マカジキ、ハチジョウアカムツ、ドチザメ、クロムツ、キダイ、アオハタ

おすしやおお刺し身を食べる際に注意してほしいのは、食中毒です。妊娠中は免疫力が低下しているため、生魚を食べたことによって食中毒になる可能性が高くなります。そのため生魚を召し上がることはおすすめできません。

放射性物質の心配について

2011年におこった東日本大震災。当初は水や魚などの心配をされる方が多くいらっしゃいました。現在では水産物における放射性物質の心配はないと、厚生労働省にて発表されています。魚に取り込まれた放射性物質は、食物連鎖を通じて体内に蓄積していくことはなく、体外へと排出されます。海中に放たれた放射性物質もまた、拡散されるため濃度は非常に薄くなるのです。薄くなった放射性物質は自然に沈殿し、海底へと移動されます。したがって深海魚は放射性物質を多く含んでいる可能性が高いといえます。

食べても問題のない魚

注意してほしい魚についてご説明しました。一方で注意する必要のない魚があります。それはキハダ、ビンナガ、メジマグロ、シャケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオです。微量の水銀を含んではいますが、水銀含有量が低いことから、妊婦さんであっても普段通り食べても問題ありません。特にサバには、DHAやEPA、飽和脂肪酸などの栄養素がどの魚よりも多く含んでいます。またマグロやシャケなどを加工して作られるツナ缶も問題ありません。

合わせて読みたい

妊娠中の赤ちゃんはなんて呼ぶ?愛情をこめて「胎児ネーム」をつけてみよう
妊娠中の赤ちゃんはなんて呼ぶ?愛情をこめて「胎児ネーム」をつけてみよう
あなたは「胎児ネーム」という言葉を聞いたことがありますか?最近では、まだ生まれる前の赤ちゃんに、おなかの中にいる時だけの名前である「胎児...
29歳。B型。独身。 妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る