妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?

良ければシェアをお願いします。

電卓と女性

妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確認しておきましょう。

ここでは、産婦人科・産院の出産までにかかる費用の差などについてお伝えします。

スポンサーリンク

産婦人科と産院の違いって?

手術風景

まずは、妊娠から出産までお世話になる産婦人科・産院について、それぞれの特徴を知っておきましょう。産婦人科では、出産は産婦人科の医師が行います。主に分娩台で出産するスタイルで、帝王切開への対応や、緊急事態が起きてしまった場合の医療行為も即座に行うことができます。安全性を重視される方や、高齢出産切迫流産早産などの、リスクが高い妊婦さんは産婦人科を選びましょう。

一方、産院では助産師を責任者として出産を行います。助産師は医師ではないため、医療行為はできません。したがって、産院で行われる検診や分娩は、医療行為が必要のない通常分娩の方のみに限定されています。万が一緊急事態が起こった場合は、提携している病院に搬送されることになります。産院のメリットは、助産師との距離が近い施設が多い点です。大きい病院では検診と出産の担当医師が異なる場合がありますが、産院では少人数のスタッフとアットホームな雰囲気のなか、出産に臨めるでしょう。

合わせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...

妊娠から出産までにかかる費用とは

問診票

健康的に出産予定日を迎えるには、お腹の赤ちゃんの発育状況や母体の健康状態のチェックが欠かせません。そのため、妊娠から出産までの期間には「妊婦健診」が必要になります。妊婦健診では、基本的な問診と血圧・尿・体重などの計測に加え、必要に応じて血液検査、子宮頸がん検診超音波検査などを行います。

妊婦健診は体調や妊娠週数によって、月1回から週1回のペースで通うことになり、一般的には出産までに14回程度受けることになります。健診費用は検査内容や施設によって異なりますが、1回5,000円~10,000円程度かかります。特に初診は検査内容によって費用が大きく変わるため、事前に電話などで確認しておくと安心でしょう。

産婦人科と産院で出産費用は異なる?

厚生労働省のデータによると、平成24年度の出産費用は全国平均で416,727円でした。「産婦人科」の出産費用の相場は40万円~50万円円前後、「産院」は30万円~40万円前後です。出産施設は総合病院、個人クリニックなど規模に差があり、出産やそれに伴う入院費用は各施設によってバラバラです。セレブ御用達の病院では100万円以上かかる場合もあります。一般的には産婦人科に比べて産院の方が1割程度安いところが多いでしょう。

都道府県別に見ると、最高は東京都の497,872円で、次いで神奈川、宮城、埼玉と続きます。最低は鳥取県の335,607円で、次いで沖縄、高知、熊本の順になっています。このように出産費用は都道府県によっても大きく差が開いており、比較的関東地方は費用が高く、北海道や四国、九州・沖縄地方は低い傾向にあるようです。

合わせて読みたい

【調査】妊娠前にチェック!妊婦さんが失敗した出産に向けた病院選びとは
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、病院選びで失敗した人・しなかった人の割合を調査すべく、出産経験のある女性100人にアンケートを取りました。私が実際に、妊娠して病院を選ぶとした場合に優先したいのが、通院のしやすさ。身重な体で通院するわけですから、できるだけ家から...

公的な助成制度をチェックしよう

市役所

妊娠がわかったら、自分の住んでいる自治体の助成制度を確認しましょう。正常な妊娠は病気ではないため、妊婦健診に医療保険は使えません。そこで現在、国や自治体では健診無料化が行われており、母子手帳と同時に補助チケットが配布されています。ただし、地域によって助成される金額や健診内容に差があり、産婦人科・産院によっては検査費用が助成範囲をオーバーして、数万円の自己負担となる場合もあります。事前に、合計でいくら負担することになるのかイメージしておきましょう。

出産費用の助成としては、出産育児一時金」がこども1人につき42万円支給されます。人数分の支給となるため、双子の場合は84万円が支給されることになります。「直接支払制度」を実施している施設では、妊娠期間中に手続きをしておくと、健康保険から施設に「出産育児一時金」が直接支払われます。この場合、退院時に不足金額を支払うだけで済みます。平均的な出産費用の施設では、実質負担がほとんどないケースもあるでしょう。

おわりに

産婦人科・産院によって、妊娠から出産までにかかる費用は大きく異なります。出産は、女性やその家族にとって重要なライフイベントの一つです。きちんとかかる費用をチェックしておいて、安心して出産予定日を迎えたいものです。

また、どの施設がいいか迷ったときは、ネームバリューや口コミだけに頼らず、下見や見学をしてみてください。助産師や医師には妊婦さんと赤ちゃんの二人の命を預けることになり、妊娠から出産、その後まで、長いお付き合いになります。心から信頼のおける施設を選ぶことが、心身の負担を減らすポイントです。是非参考にしてみてください。

ピックアップ

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

病院の悩みについて・・・あわせて読みたい

産婦人科での妊娠検査はいつからできる?内容と費用について
妊娠したかもしれないと思ったら、産婦人科で妊娠検査をしてもらわなければなりません。しかし、はじめての方は多くの不安も抱えているものですよね。では、いつから産婦人科での妊娠検査はできるのでしょうか。どのような検査があって、費用はどのくらいでしょうか。ここでは、産婦人科での妊娠検査についてお話してい...
妊娠確率UP?病院の排卵検査によるタイミング法とは
タイミング法とは、排卵日を正確に予測し、最も妊娠しやすい日に性交して妊娠する確率を高める手法を指します。 病院でもその治療を受けることができ、妊活における最もポピュラーな取り組みと言えるでしょう。 ご自身で基礎体温表をつけて排卵日を予測しているという方は多いと思いますが、自分でタイミングを図...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
hCG注射ってなに?2つの効果と注意すべき副作用
妊活では一般的に、自然周期でのタイミング法を行って妊娠を待ちます。しかし、それがうまく行かない場合や確実に排卵をさせたい場合には、「hCG注射」が使われることが多いようです。排卵日が特定できるメリットがありますが、その反面副作用が懸念されると賛否両論の意見があります。 そこで今回は、hCG注射...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る