良いことばかりとは限らない?立ち会い出産のメリット・デメリットとは

良ければシェアをお願いします。

妊婦と夫

妻と子供を大切に思っているなら、夫は出産に立ち会うことが当たり前という流れになってきています。しかし、実際にを経験した夫婦の話を聞くと立ち会って良かった、もしくは後悔したと意見が分かれるようです。

それは夫婦の間で立ち会い出産のイメージが大きく違ったことが原因の一つです。ここでは立ち会い出産のメリットとデメリットをご紹介します。立ち会い出産の予定がある人や興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

妻に安心感を与え、夫婦で感動を共有できる

手をつなぐカップル

妊婦さんにとって、分娩室に1人で入っていき、出産の瞬間を迎えるというのはとても不安なものです。その時に、夫が妻をしっかりと支えることができれば、2人の関係性はとても良好なものとなるでしょう。

このパートでは、立ち会い出産を経験することで得られるメリットをまとめてみました。

今後の夫婦関係にも大きく影響

立ち会い出産を経験し、良かったと感じている夫婦の多くは出産に感動したと言われています。実際、分娩室で感動して泣くのは妻よりも夫の方が多いようですね。夫の初めての涙で妻も感動し、この人と結婚して良かった、この人がパパなら大丈夫と家族の絆を深めることになります。
家族がスタートする感動の瞬間を共に過ごしたことは、その後の家族としての成長にも大きく影響します。生命誕生の瞬間は一生に何度も立ち会えるものではありません。わが子が誕生した感動を夫婦で分かち合えるということは、かけがえのない経験になることでしょう。

妻に安心感と心の安定を与えられる

また、夫が立ち会い出産に臨んでくれるということは妻に安心感を与えられるというメリットもあります。夫がそばにいることで妊婦さんが本音を出しやすく、安心感を得て落ち着いた出産をすることができることから、積極的に立ち会い出産を勧めている病院も多いです。
妊婦のほとんどは赤ちゃんに会える瞬間を楽しみにしていますが、同時に経験したことのない出産の痛みや不安を感じています。そんな時に最も信頼している夫に支えてもらえることで、妻の心の支えになることができます。つまり、立ち会い出産は妻の痛みを半分にし、感動を2倍にすることができる出産方法と言えます。

合わせて読みたい

立ち会い出産で後悔しないために!夫が気をつけるべき3つのこと
夫婦の絆を深め、感動を共有することができる出産方法として、立ち会い出産を希望する夫婦が増えてきています。妊婦もリラックスして出産に臨むことができ、児童虐待件数の減少にも繋がることから、積極的に立ち会い出産を勧める病院もあります。しかし、夫が何の準備もせず出産に立ち会ってしまっては、妻にイライラさ...

父性が芽生える最初の一歩に

赤ちゃんと遊ぶ父親

立ち会い出産をした夫が感動と共に味わうのが、赤ちゃんに対する責任感です。女性は妊娠中の体の変化で徐々に母性を育んでいきますが、男性はなかなか父という実感が湧かないことが多いです。

しかし、わが子が産まれる瞬間に立ち会うことで、視覚や触覚、聴覚などの感覚で赤ちゃんを認識することになります。その体験から強く責任を感じ、父性が早く目覚めると言われています。仕事で忙しく、子育てに積極的に参加しにくいパパならなおさら、親子の絆を一層深める効果が期待できます。実際、立ち会い出産をした家族は児童虐待件数が少ないというデータもあります。

また、陣痛の時から腰のマッサージをしたり水分補給の手伝いをしたりして妻を支え、頑張っている姿を見ることで妻に尊敬の念を覚えたという意見も多いです。母の偉大さを痛感し、感謝の気持ちが芽生えるというメリットもありますよね。

合わせて読みたい

夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは
産後クライシスという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。もともとは2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」の中で取り上げられ、反響をよんだ現象です。 その意味は出産後に夫婦の関係が悪化し、結婚関係が危機に陥ることを指します。以下では産後クライシスの現状と原因をまず分析し、その問題を...

分娩室での対応に気をつける

分娩室

先に述べたように、立ち会い出産をすることで夫婦間にかけがえのない絆ができることはもちろんあるでしょう。

しかし、実際の出産シーンとは決して美しさだけを讃えているわけではありません。命が生まれる瞬間というのは、母親はもちろん壮絶な体験をするものです。ここでは、分娩室での夫の対応で気を付けたいポイントを挙げてみました。是非参考にしてみてださい。

血が苦手な男性が多く、トラウマになってしまう

男性は女性に比べて血が苦手な人が多いです。分娩室に立ちこめる血の匂いと羊水の生臭さで気分が悪くなってしまう人もいます。中には倒れてしまったり、全てを見てPTSDになってしまったりする人もいます。
出産は神秘的なイメージがありますが、1人の人間を誕生させるわけですから、実際は壮絶に感じるシーンもあるかもしれません。理論的には大丈夫だと思っていても、いざ立ち会ってショックを受ける人もいます。

また、出産中の妻は普段は見たことがない形相で苦しんだり、便や尿が出てしまったりすることもあります。そんな姿を見られたくないと思う妻とは裏腹に、必死な姿にショックを受けて出産以降は妻を女性と見ることができなくなってしまったというケースもあります。

立ち会い出産を境にセックスレスになってしまい、それが原因で離婚にまで至る夫婦がいることも事実です。夫婦間の信頼関係の問題ではなく、夫が生理的に受け入れられるかどうかの問題であることを意識することが大切です。

事前に出産シーンを想定した話し合いを持ちましょう

自分は立ち会うだけだからと、何の準備もしないまま立ち会い出産に臨んで失敗してしまう夫も少なくありません。出産シーンをビデオ撮影するだけで妻に気遣いができない夫に対して、妻はイライラして出産に集中できないと感じるケースもあります。

こうなってしまっては、夫婦の絆を深めるという立ち会い出産のメリットは活かされず、その後の夫婦生活に悪影響を及ぼす可能性もあります。夫だけが悪い訳ではなく、出産時に何をして欲しいかを事前に話し合っていなかったために起こるトラブルです。

妻はこれくらい分かって当たり前と思わず話し合い、夫は頑張る妻のサポートができるように事前に勉強しておくといいでしょう。

おわりに

出産は感動的で家族の絆を深めるというイメージが強く、夫は立ち会って当たり前という風潮があります。確かに妻は夫と共に出産を迎えることで安心感が増し、夫は子供に対する責任感が増すというメリットがあります。逆にどちらかの希望で無理に立ち会っても、結果として家族の不仲を招いてしまうというデメリットもあります。特に男性は血が苦手などの理由から生理的に受け入れられない場合もあるため、事前に夫婦で話し合って立ち会うかどうかを決めましょう。

ピックアップ

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...
陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
良いことばかりとは限らない?立ち会い出産のメリット・デメリットとは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産前の悩みについて・・・あわせて読みたい

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る