今さらきけない!無農薬野菜とオーガニック野菜、子どもによいのはどっち?

良ければシェアをお願いします。

野菜

スーパーの野菜コーナーでよく見かける「」「オーガニック野菜」「有機野菜」。なんだか体によさそうで味も良さそうだけれど、実際何がどう違うの?買ってみたいけれど、値段も少し高いしどうしよう?こんな疑問をもっているママさんは意外と多いのでは?そんな疑問を解消して、野菜をおいしく安全にいただきましょう。

スポンサーリンク

無農薬野菜は本当に農薬を使っていないの?

「無農薬」ときくと、ほとんどの人はよいイメージを持ちますね。多少値段は張るものの、それは手間暇かけて大量生産せずに作られてものだから仕方がない。その分安全でおいしいなら・・・と考えて、特に子どものいる家庭では無農薬について興味のあるママさんも多いのではないでしょうか。はたして無農薬野菜は本当に安全なのでしょうか?

「無農薬」の定義は意外とゆるい?!

確かに「無農薬」と表記している以上、その野菜を栽培している期間は農薬は使っていないはずです。しかしその野菜が育った土壌はどうでしょう?実は去年まで農薬を使って野菜を栽培していた畑でも、今年農薬を使わなければその野菜は「無農薬野菜」と表記できてしまうのです。さらに、無農薬野菜についての決まりはあくまでもガイドラインなので万が一違反しても罰則などはありません。

農薬は使ってないけど化学肥料は使っている?!

野菜を栽培する上で農薬以外では化学肥料を使います。「農薬」は病気や害虫を退治する、また雑草を除去する薬剤のことです。それに対し「」は野菜を元気に大きく育てるために化学的に作られた栄養剤のようなもの。「無農薬野菜」は農薬は使わないが化学肥料は使っている可能性があります。化学肥料が体に悪いわけではありませんが、完全に自然の力だけで栽培しているわけではないということです。

無農薬野菜という言葉はつかえない

スーパーなどで野菜を販売する場合、「無農薬野菜」という表記は実は使ってはいけないことになっています。これもガイドラインなので、使ったとしても罰則はありませんが・・・。ガイドラインの中では「特別栽培農産物」と表記することになっています。しかしインターネット販売においてはそのようなガイドラインさえないので、これもあいまいなところです。

合わせて読みたい

奇跡の食材チアシード!驚くべき22の栄養素と3つの効果
近年、物珍しい飲み物や食べ物がスーパーなどでも気軽に購入できるようになりました。その中の1つと言ってもいい食材、チアシードも飲み物としてスーパーなどでよく見かけます。最初に見たときの印象は、あまりの見た目に恐れをなしていましたが、その栄養価や効果を知ったとき、見た目に寄らないとはまさにこのことで...

オーガニック野菜は国の保証付き

さて、無農薬野菜と並んでよく目にするのが「オーガニック野菜」や「有機野菜」。これらもこだわって作られた、ちょっとお高い野菜のイメージではありませんか?しかし無農薬野菜との違いを正しく説明できる人は少ないのではないでしょうか?

「オーガニック野菜」「有機野菜」は農水省認定

=有機ですから意味は同じです。農薬や化学肥料に頼らない自然の恵みだけで作られたものを意味します。無農薬野菜と違い、こちらは農林水産省が定めた基準をクリアして「有機JAS認定」を受けて初めて表記できるものです。違反した場合はもちろん罰則があります。

農林水産省HP:www.maff.go.jp

オーガニック野菜は土にこだわる

オーガニック(有機)野菜は過去3年間、農薬や化学肥料を使っていない畑で収穫されたものしか認定を受けられません。周囲の農場からの農薬の飛散もチェックされます。つまり「土にこだわって土の本来の力を使って育てられた野菜」といえるでしょう。これは人体だけでなく、動植物や自然環境にもやさしい栽培方法なのです。

オーガニック野菜は完全無農薬ではない

オーガニック野菜は農薬や化学肥料に頼らないと書きました。しかし農薬の規制は化学農薬に限られており、天然物質から作られた農薬などJAS法で許可されたものは使ってもよいことになっています。ただしそれらは農水省の認める農薬ですから、安全性が確認されているので、赤ちゃんやお年寄りにも安心して口にすることができます。

合わせて読みたい

授乳中の食事に取り入れたいもの・取り入れたくないもの
人間の身体は食べたものによって構成されており、体型や体質などは食べ物によって大きく変化します。他にもお母さんの母乳も食べ物によって変化します。お母さんが食べている物によって母乳の味はおいしくもなるし、まずくもなるということです。 赤ちゃんは母乳が全ての栄養源です。赤ちゃんにはおいしく、健康的な...

子どもにとってどちらがいいの?

ここまで無農薬野菜とオーガニック野菜について説明してきました。しかしいくら安全でも、値段がとても高かったり、まずくて子どもが食べてくれなくては意味がありませんね。それぞれのメリット、デメリットについてまとめてみました。

無農薬野菜のメリット、デメリット

メリット

  • 原則的に農薬を使っていないので安全である
  • 農薬を使った野菜よりも栄養価が高いと言われている
  • 生産者が明記してあることが多いので安心

デメリット

  • 普通の野菜よりも値段が少し高い(2割~3割増し)
  • 100%無農薬とはいえない(農薬は使っていなくても土に農薬が残留している可能性があるため)

オーガニック野菜のメリット、デメリット

メリット

  • 土にもこだわった無農薬、無化学肥料で安全、安心
  • 農水省の認定付き(放射性物質や遺伝子組み換えについてもクリアすることが条件)
  • 自然の恵みにこだわって栽培されているので、野菜自体が病気や害虫から身を守るため「抗酸化物質」を多く作り出し、栄養価が高い
  • 大量生産せずに一つ一つ丁寧に栽培されるので甘くてみずみずしい美味しい野菜をつくることができる

デメリット

  • 価格が高い(おおよそ3割増し)
  • 100%無農薬ではない
  • 形や見た目がよくないものがある
  • 生産者が少ないため、手に入りづらい

どちらを選ぶかはママ次第。上手に使い分け!

育ち盛りの子どもを持つママさんはなるべく安全で安心なものを子どもに食べさせたいですよね?かといって、毎日食べる野菜をオーガニックにこだわって遠くのスーパーまで買いに行かなければならなかったり、普通の野菜の3割増しで買ったりするのはなかなか大変なことです。大事なことは、正しい知識を持ってそれぞれの家庭に合ったできる限りのこだわりをママさんが選択していくことなのです。

おわりに

普通の野菜が農薬まみれで体に悪いものばかりというわけではありません。しかし農薬や化学肥料を使わない、野菜本来の味を堪能することは子どもにとってとてもよいことです。味の違いを体感し、手間暇かけた栽培方法をぜひ教えてあげてください。嫌いな野菜にもチャレンジできるかもしれないですよ。

ピックアップ

2歳でも食育を頑張ろう!身に付けさせたい7つの食事マナー
普段の生活で最もマナーを問われるのが「食事」です。「お箸の握り方がおかしい」「くちゃくちゃと音を立てながらご飯を食べる」など、子どもの頃にある程度の習慣が身についていないと、大人になってから「マナーのなっていない人」と思われてしまいます。 小さい頃に教わったことは、大人になってもきちんと覚えて...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
働くママ必見!夏休み、冬休み・・・留守番ご飯は何を作る?
子どもにとっては嬉しい夏休み・冬休みも、働くママにとっては悩みの種です。中でも、子どもをお留守番させている親は、毎日昼ご飯に何を作ればいいものかと悩みますよね。毎朝作る時間がない!いつも決まったメニューになってしまう!栄養面が心配!と頭を抱えているのではないでしょうか。そこで、「お留守番ご飯」を...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
今さらきけない!無農薬野菜とオーガニック野菜、子どもによいのはどっち?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る