産後の体型を絶対に戻す!ちょっとした工夫でカロリーダウンする調理のコツ

カロリーダウン出来るレシピ

赤ちゃんを出産したお母さんの身体は、産後の疲労の回復と授乳が必要なため、とても空腹を感じやすい状態なんです。かといって、空腹を満たすために何でも気にせずに食べていると、気付けば取り返しのつかないことに・・・なんてことにもなりかねません。今回は妊娠前の体形に戻したい!というお母さんに、いつもの料理に少しのアレンジを加えることで料理をカロリーダウンさせることができる、いくつかのコツを紹介します。

下ごしらえの方法や使う調味料を変えてみる

油抜き

カロリーダウンと言っても何から始めればいいのか分からない、料理のおいしさが損なわれてしまうのでは?と考えている人におすすめなのが、次に紹介する方法です。今までと同じ食材であっても、少しの変化だけでカロリーダウンすることができます。

お肉の下ごしらえのコツ

肉の中でも牛肉、豚肉と比べて鶏肉は低カロリーでおすすめです。そうはいっても、いつも鶏肉ばかりだと飽きてしまいますよね。脂身のあるお肉は、脂の部位を下ごしらえでしっかりと取り除くことでカロリーをダウンさせることができます。鶏肉でも皮の部分には脂身が多いため、取り除くと良いですよ。ただ、脂は料理をおいしさくするために必要な要素なので、過剰に取り除きすぎないこともコツです。

油抜きは面倒くさくても省かずに!

厚揚げや油揚げ、がんもどきなどといった加工品には、実は油が多く含まれています。これらの加工品を使う場合は、油抜きを行うことでカロリーをカットできます。油抜きをすることで、味の含みも良くなるためおすすめです。油抜きには熱湯で1、2分ゆでる方法と、少量の場合はザルに乗せて熱湯を上からかける方法があります。

砂糖ではなくダイエット甘味料を!

マービーという甘味料は還元麦芽糖からできており、砂糖と比べてカロリーが約50%カットされています。また、加熱しても風味を損なうことがないため、料理に安心して使うことができますよ。パルスイートもダイエット甘味料のひとつであり、アミノ酸が主体の甘味料です。砂糖と比べてカロリーが90%もカットされているので、ダイエットをしている人にとっては有り難いですね。

合わせて読みたい

【レシピ付き】母乳育児のママ必見!産後のおすすめ食事メニュー
【レシピ付き】母乳育児のママ必見!産後のおすすめ食事メニュー
産後の食事はどんな献立がいいのか迷ってしまいますよね。赤ちゃんのためによい母乳をあげたいけれど、赤ちゃんのお世話をしながら作れる食事には...

カロリーをカットできる調理方法とは?

茹で野菜

一般的には、1番カロリーをカットできる調理方法として「ゆでる」方法が知られています。次に、蒸す、煮る、炒める、揚げるという順番でカロリーを抑えると言われています。今回は、ゆでたり蒸したりする調理法や、それ以外にもカロリーをカットできる調理方法を紹介しましょう。

ささみや野菜などにいい「ゆでる」調理法

ささみや脂の少ない赤身のお肉はゆでるのに適しています。これらをフライパンに油をひいて焼いてしまうと、カロリーは逆に増えてしまうからです。また、きのこや野菜も、フライパンで炒めると油を吸収してしまうため、油を使うことなく調理ができる「ゆでる」調理法がおすすめです。カロリーを抑えることで、おいしさく調理していただきましょうね。

メリットがたくさんある「蒸す」調理法

食材が本来持っている水分と蒸気だけで加熱する調理法である蒸し料理は、風味や栄養分を閉じ込めてくれるため、素材そのもののおいしさを味わうことができます。さらに、蒸すことで食材の持つアクや余分な油を落としながら調理でき、煮崩れもしないため、きれいに仕上げることができるのです。専用の蒸し器が自宅にない場合でも、鍋を使って蒸し料理を作ってみましょう。大きめの鍋に水をはり、その中に茶わんを沈めます。その上に平皿をセットし、水を沸騰させます。沸騰したら平皿に調理したいものを置き、鍋にふたをして蒸していきます。おいしくてヘルシーに仕上がる蒸し料理、一度試してみてください。

肉を網で焼いてカロリーダウン??

これまでおすすめした「ゆでる」「蒸す」ですが、実は脂身の多い肉や魚は「焼く」方がカロリーダウンするには効果的であると言われています。あくまでの目安ですが、豚ロース肉100gは生の状態だと約260kcalです。これをゆでると約250kcal、焼くと約210kcalになるのです。さらに焼くという方法の中でもおすすめしたいのが「網焼き」です。カロリーをダウンさせるには脂をどれほど落とせるか、ということが重要になってくるため、鉄板で焼くよりも網焼きのほうが脂が下に落ちるというわけですね。

合わせて読みたい

子育てしやすい「間取り」ってあるの?家族に理想的な部屋とは
子育てしやすい「間取り」ってあるの?家族に理想的な部屋とは
  子どものいる暮らしのなかでは、子育てと家事をうまく両立してこなすことが重要です。例えばスムーズに行動できる部屋・間取りであれば、ママに...

味はそのまま!少しのコツでカロリーダウン

水炊き

いつも蒸し料理やゆで料理ばかりだと、少し物足りなく感じることもありますよね。たまには揚げ物を食べたい!と思うこともあります。そこで次に、味を変えることなくちょっとだけ余分なカロリーをおさえる方法を紹介します。少しのカロリーですが、ごみも積もれば山となると思ってぜひ試してみてくださいね。

市販のお手軽なルーには注意が必要

スーパーで売っている市販のカレーやシチューのルーは、油脂で固めて作られています。そのまま使って調理すると実はとてもハイカロリーなんですよ。ここでのカロリーダウンのコツは、具材を事前に炒める際に、カレー粉やコンソメで下味をつけることで、煮込む時に使うルーの量を減らすことができるのです。最近ではカロリーを抑えたタイプのルーも売っているので、それを使うのもおすすめです。

鍋は野菜、だしに油断してはいけない

野菜やだしはカロリーが少ないし、鍋物はとてもヘルシーだと思っていませんか?実は鍋の場合、一緒に入れるお肉の脂がだしに溶け込むため、一緒に入れている野菜がその脂を吸ってしまっているのです。さらに鍋の最後の締めに食べる雑炊は格別のおいしさですが、ここにはお肉の脂が全部凝縮されてしまっています。ですので、締めにはだしを全て食べることとなる雑炊よりも、だしを残すことができる麺を選ぶことをおすすめします。

揚げ物料理をする、食べる時のコツ

天ぷらや唐揚げなどの揚げ物料理をする時には、揚げたあとのものは金網ではなくキッチンペーパーの上に置くと良いでしょう。そうすることで余分な油をキッチンペーパーが吸収してくれます。また、揚げ物のお総菜を買ってきた場合はキッチンペーパーを下に敷いてレンジで温めてください。こうやって余分な油を落とすことでカロリーをダウンさせることができますよ。

おわりに

調理の仕方を変えてみる、という方法や調理の過程や下ごしらえ、調味料などを工夫してみる方法を紹介しましたが、いかがでしたか?新しく調理器具をそろえなくてもできる方法を挙げたので、できることから少しずつ実践してみてくださいね。

ピックアップ

食事でしっかり、産褥(さんじょく)期の体力を回復!おすすめしたい食事3選
食事でしっかり、産褥(さんじょく)期の体力を回復!おすすめしたい食事3選
出産という大仕事を終えて、ママはもうヘトヘト。なのに、出産と同時に子育てがはじまり、昼夜問わずに休息もままならず、自分のことは後回し...
産後は「菌活」でダイエット!菌活で身体の中からキレイになろう
産後は「菌活」でダイエット!菌活で身体の中からキレイになろう
産後のダイエットはできるだけ早く始めたいですよね?でも実際はエステに行くなんて余裕は作れないですし、ダイエットに効くサプリメントも母乳へ...
ケーゲル体操で安産と産後ダイエット!一体どんな体操?
ケーゲル体操で安産と産後ダイエット!一体どんな体操?
ケーゲル体操は、子宮などの内臓を支える働きのある骨盤底筋を引き締めるための体操です。出産前から行うことで安産になりやすく、産後では母体の...
わんことうさぎと共にわいわい暮らしている主婦です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
産後の体型を絶対に戻す!ちょっとした工夫でカロリーダウンする調理のコツ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る