知っておくと得する3つの出産費用節約術

良ければシェアをお願いします。

貯金

出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。

今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。

スポンサーリンク

必要な費用を整理する

出産までにかかる費用と言っても、一体どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、かかる費用の内訳を見ていきたいと思います。

出産にかかる費用

病院

出産費用は自然分娩か、帝王切開かによって変わってきます。自然分娩の場合であれば40万円前後、帝王切開なら50万円を超えるのが相場です。ただし、医療保険に加入していれば手術給付金の支払い対象になり、10万円前後で済みます。

こういった費用は、出産を行うのが個人病院か総合病院かでも違いますし、もちろん助産院自宅出産の場合もあるでしょう。最近では、サポートがしっかりしている個人病院等も多く、入院中もリラックスできるようにアロマがたかれていたり、食事が豪華だったりと至れり尽くせりです。部屋のグレードなどでも大きく違ってくるでしょう。

マタニティ用品の費用

妊婦

マタニティー用品にかける金額は、平均的に5万円以下で抑えるケースが多いようです。妊娠すると体型が変化し、今まで着ていた服が着られなくなってしまいます。具体的に必要なものは、ショーツやブラジャー、マタニティサポートマタニティウェアなどです。

ベビー用品にかかる費用

ベビーベッド

赤ちゃんが生まれてからすぐに、ベビー用品を買いにいく時間あまりありません。事前に用意しておくことが必要です。前提として、最低限必要なものだけは買っておきましょう。

具体的にはベビーベッドや、それに付随するベビー布団や赤ちゃんの肌着、紙おむつやベビーバスなどが必要です。他にも哺乳瓶や、ガーゼハンカチなど諸々の費用を合わせると、10万円近くになります。

合わせて読みたい

妊娠が発覚したらまずはじめに行う3つのこと!
初めての妊娠が分かったとき、夫婦で喜び合ってワクワクすることでしょう。赤ちゃんの名前を考えたり、産まれた後の家族の生活をイメージしたりして幸せな気持ちになることもあります。 でも、同時に長い妊娠期間に何をすればいいか不安になる人も多いです。ここでは、妊娠が発覚したら何をすればいいのかを3つのポ...

具体的な節約術とは

節約のイメージ

それでは、具体的な節約術のお話に入っていきます。ここでは、もっとも一般的な方法を紹介してみました。

1.ベビー用品を安く手に入れる

ベビー用品は、新品で買うと値のはるものが多いです。知人から譲ってもらうことやリサイクルショップの利用なども検討してみてください。使用期間の決まったものはできるだけ節約すると、将来への投資になります。具体的には、友人が過去に使っていたものをもらったりするのが最もいいかもしれません。出産費用の悩みを共有できる友達なら必ず理解してくれるはずです。

また、最近ではリサイクルショップやネットでも、綺麗な中古品が手に入ります。特にベビーカー、ベビーベッド、チャイルドシートなど高額なものは、できるだけ中古で手にいれておきたい品物です。

2.出産育児一時金を利用する

出産育児一時金は必ず利用するようにしましょう。出産育児一時金とは、妊娠4ヶ月以上で出産した際、子供1人につき42万円が健康保険から支給される制度のことです。

申請先は、妊婦さんの状況によって様々です。公務員または会社員であれば、加入している健康保険、共済組合への申請となります。自営業や自由業に属している人であれば、国民健康保険に申請します。最後に専業主婦や、パート、アルバイトをしている人は、配偶者が加入している健康保険への申請となります。申請方法や、お金などの詳しいことは、全国健康保険協会のホームページに記されています。妊娠中にチェックをしておきましょう。

3.妊婦健診費用の助成金を利用する

妊娠健診は、基本的に病気や怪我が原因ではないことから、保険がききません。しかし、多くの自治体では、それらの費用の一部を負担する制度があります。

注意点としては、助成金の支給額が各自治体によって違いがあるということです。まずは自分の住む自治体の制度を、事前に確認しておきましょう。助成制度を利用すれば、合計で10万円前後の節約になります。

合わせて読みたい

妊娠から出産までにかかる費用は産婦人科・産院で違いはあるの?
妊娠から出産までに必要な費用をご存知ですか?初めての出産の場合、わからないことばかりで不安に思われる方も多いのではないでしょうか。「どこで産むか」「いくらかかるか」は出産にまつわる大切なポイントです。出産直前にお金が足りなくて頭を悩ませるという事態を避けるためにも、事前に出産までにかかる費用を確...

節約においての注意点

注意

これまでお話した節約術を最大限利用することや、助成金及び既存の制度をうまく活用していただければ、かなりの金額を節約することが可能です。問題は頑張りすぎて過度な節約になってしまうこと。母子の健康にかかわる部分まで切り詰めて、健診にいかなかったり、入院をしなかったりなどということはもちろんできませんよね。

特に急な体調不良の場合は、お金のことを考えず、すぐに行動することが大切です。自分だけであればまだしも、赤ちゃんの大切な命もかかっているのですから。万が一そのような場面に出くわしてしまった時のために、普段の生活の中での節約が大切になってきます。

おわりに

出産までにかかる費用は、総合するとかなりの高額になります。節約できるところをきちんと節約することで、優先的な出来事にお金を投資することができます。節約術をうまく使い、充実感のある妊娠生活を過ごしていきましょう。

ピックアップ

退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
知っておくと得する3つの出産費用節約術
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る