ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える

良ければシェアをお願いします。

ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える

赤ちゃんのお出かけや買い物時に大活躍のベビーカー。重い荷物を持つことになる外出時にはとてもありがたい存在ですね。そんなベビーカーですが、どこでも自由に使用して良いわけではありません。時と場所を考えて上手に使うことが大切です。

「どこで使って良くて、どこで使ったらダメなの?」というお悩みを徹底解決!今後のベビーカー利用時の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ベビーカーを使って良い場所・悪い場所の判断

使える場所

平成25年6月、国土交通省に「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」というものが発足しました。翌年には「ベビーカーマーク」というものが制作され、街中でも見かけるようになりました。

ベビーカーマークとは「ここではベビーカーを畳まずに利用して良いですよ・悪いですよ」という判断ができる目印のことです。使って良い場所には、人間がベビーカーを押している白黒の絵が描かれており、使ってはいけない場所ではその絵の上から使用禁止の赤いマークが描かれています。

このように記号によって良し悪しを判断できるようになり、お子さんがいない人でも「ここはベビーカーを利用できる場所」ということがわかりやすくなりました。まだまだベビーカーを手放せない年齢のお子さんがいるお母さんにとっては、とてもありがたい制度ですね。

合わせて読みたい

月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...

ベビーカーを利用する際のマナーを学ぼう

マナー

ベビーマークが普及したからといって、どこでも自由にベビーカーを使って良いわけではありません。常にTPOを考え、周りを見て行動する必要があります。ここでは公共機関でベビーカーを利用する際に押さえておきたい、マナーについて見ていきましょう。

1.混雑時の利用は避ける

通勤通学・帰宅ラッシュ時などは誰もが疲れていたり、気が立っていたりするものです。そんな中、スペースを取るベビーカーが車内に乗ってきたらどう思うでしょうか。狭い車内がさらに狭くなると「迷惑だな」と感じる人が少なからず出てきます。

嫌な顔をされるだけならまだ良いですが、過去には苛立ちが抑えきれずにベビーカーに乗っていた赤ちゃんを殴ってしまった事例もあります。トラブルを避けるためにも、朝晩の混雑時の乗車は控えるようした方がよいでしょう。1本早い、または遅い電車を選ぶことをおすすめいたします。

2.混雑時はベビーカーを畳む

それでも混雑時の電車やバスに乗らなければならない場合には、車内でベビーカーを畳むようにしましょう。「ここはベビーカーマークがあるからいいんだ」という気持ちはわかりますが、無用なトラブルを避けるためにも、折りたたむことをおすすめ致します。

みんなが気持ちよく利用するために「ちょっと混んできちゃったかな」と思ったら、ベビーカーを畳んだ方が無難です。最近では畳んだベビーカーを固定しておけるような器具を設置している車両もあるようですから、上手にそれらを活用するようにしましょう。

3.大型ベビーカーは基本的に避ける

赤ちゃんが2人乗れるようなベビーカーを使用している場合には、基本的に公共機関を利用しないことを心がけましょう。明らかに空いているとわかる場合には良いですが、通常のベビーカー以上に場所を取るため、大型ベビーカーを利用の際は畳んで乗車するようにしましょう

4.真ん中に乗ることは避ける

空いていても混んでいても、ベビーカーが幅を取ることには変わりません。どんなときでも、車内のど真ん中にベビーカーがあっては乗り降りする人の邪魔になってしまいますね。ベビーカーで電車などを利用する場合には、優先席に座ったり、なるべく隅の方に乗ったりと工夫することが大切です

5.子どもの動作から目を離さないように気を付ける

子連れが公共機関を利用する際に煙たがられる理由は、決してベビーカーだけのせいではありません。実は「子供が騒いでいてもほったらかしている」という親に対する不満が、嫌がられる理由になってしまっているのです

「ベビーカーに乗っている子どもが泣いているのに親はスマホに夢中」、「子供の靴を脱がせずにベビーカーに乗せているため、他の乗客の服に泥がついてしまった」など、ちょっと目を離した隙に起きたことがトラブルになってしまっているのです。

公共機関を利用する際には子どもから目を離さないように心がけてください。

合わせて読みたい

はじめてのベビーカー選びで抑えておきたいポイントを伝授!
出産間近になり、様々なものを用意しなければいけない中で購入に迷うものがあると思います。産後だと時間や体力の関係で買いに行けない、満足したものが買えないかもしれない、とそんな不安からできるだけ出産前に購入できるものは購入しておきたいですよね。今回は、出産前の買い物のなかで迷うものの1つ、ベビー...

子どもがぐずったときの対処法

ぐずったとき

電車内で子どもが泣き出してしまうと、「ベビーカー+騒がしい」ということで周りの方が二重で煙たがってしまうことになります。ここでは車内で子どもが泣き出してしまったときの対処法や未然に防ぐ方法をご紹介いたします。

1.外の景色が見えるような席を選んで気を紛らわせる

30分程度でも、赤ちゃんにとっては長旅です。トンネルの中の移動が多い地下鉄や、外が見えない席に座ってしまうと泣き出してしまう確率は高くなります。少し遠回りになったとしても、地下鉄ではなく外の景色が見える電車を選び、なるべく窓の外が見える場所を陣取りましょう

2.お気に入りのおもちゃを持っていく

ぬいぐるみ、ミニカー、絵本などお子さんが好きなおもちゃを持って移動することをおすすめします。泣きそうになったらサッとおもちゃを見せて「あとちょっとだから頑張ろうね」と優しく声をかけてあげましょう。もし地下鉄などを利用しなければならない場合にはこの方法が有効でしょう。

3.お昼寝の時間に移動する

お子さんがまだ小さい場合には、お昼寝の時間に電車に乗ることも手段のひとつでしょう。周りの乗客の迷惑にもなりませんし、お母さん自身も気を使わなくて良いので楽かと思います。ただ、ベビーカーで寝ていると畳むことができないので混雑していない時間帯に移動することになります

おわりに

公共機関でベビーカーを利用する際はさまざまなことに気を付ける必要があります。しかし、きちんとマナーを守って利用すればみんなが気持ちよく電車やバスに乗ることができるのではないでしょうか。ベビーカーを使用する際には、いつもより少しだけ気を配ることが大切です。

合わせて読みたい

おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
ママになる方にとって必需品になる抱っこ・おんぶ紐。赤ちゃんの寝かしつけから外出時、家事を行う時など昔から重宝されてきました。できれば、出産前に準備しておきたいものの1つですよね。しかし、種類が豊富にあることからどれを選べばよいのか悩んでしまう方は多くいらっしゃいます。ここでは、そういったことから...
クーファンの便利な使い方と選び方
新生児からのチャイルドシートの義務化が実施される前、チャイルドシートの代わりに赤ちゃんをクーファンに乗せることが一般的とされていました。しかし現在では、チャイルドシートの義務化によって、クーファンの活躍は目に見えて減ったうえに、ベビーベッドや、バウンサーなど赤ちゃんを寝かせるためのものも充実して...
新生児からのスリング!選び方と賢い活用術を伝授
赤ちゃんを抱っこするために使用する抱っこ紐にもさまざまなタイプのものが現在では存在します。そのなかでもスリングという抱っこ紐の一種をご存じでしょうか。新生児から使用できる抱っこ紐で、抱っこ紐としての使用以外にもさまざまな使い方ができるのです。今回はスリングの選び方から賢い活用術などをご紹介します...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
ベビーカーの電車利用はあり?ベビーカーのマナーを考える
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る