英語を話せる子に育ってほしい!人気の子ども向け英会話教材5選

遊ぶ子供

お子さんが英語のしゃべれる人になってほしいですか?答えはもちろん、「Yes.」だと思います。グローバル社会といわれる現代では、以前にも増して英会話のスキルが問われるようになりました。

そんな背景もあり、英会話は今や子どもにやらせたい習い事の中でも、最上位にランクインされるほど大人気のジャンルになっています。今回は人気の子ども向け英会話教材5選と題し、家庭で楽しくできる英会話学習を提案したいと思います。

子どものうちから英語を学ぶ重要性

英語の授業

英会話学習をスタートするのにもっとも適している時期は、ズバリ2歳~3歳の幼児期です。「そんな、日本語すらままならないのにとんでもない!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは逆で、日本語すらままならない段階だからこそ英語を自然と吸収できるのです。日本語が堪能な年齢に入ると、日本語・外国語といった区別が本人の中で明確に付くようになり、頭の中で日本語の音に置き換えるという行程がひとつ増えてしまいます。

大人になってから英会話を始めた方は特に想像が付きやすいのではないでしょうか。一度日本語が確立されてから、「英語を英語のまま話す」ということは至難の業なのです。

2歳~3歳は言葉への興味もMAX!

子供と英語

2歳~3歳というのは、およそ1,000語の言葉を覚えるといわれているほど、語彙(ごい)が爆発的に豊富になる時期です。言葉自体への興味も、生まれて以来最高潮に高まるとき。お家の人が話す言葉や、テレビからきこえてくる音などを、とにかくよくまねするようになるでしょう。

「模倣期」とも呼ばれているこの時期は、英語独特の音を聞き取ったり、ありのままの音を捉えてまねしたりが大得意になります。日々の生活や遊びの中で、どのくらい頻繁に英語に関われるかがカギです。

子どもの「やりたい」が英語学習長続きのコツ

絵本を読む子供

もっとも言葉に対しての興味が強い2歳~3歳という年齢。お歌を歌ったり、絵本を読んでもらったりというのが大好きな時期でしょう。したがって、普段の遊びの中に英語を使ったものを入れてあげれば、お子さんは特に区別することなく自然に言葉を覚えてしまいます。

また、遊びの中に手や指などをたくさん動かすことのできるおもちゃなどもぜひ取り入れてみてください。積み木やブロック遊びなどがその代表的なものですが、これらは思考力や想像力を高めるのに最適なおもちゃであるといわれています。つまり、遊びの中に上手に英語を組み込んであげることが、英語学習の第一歩です。

そこで今回は、自宅でできる楽しい英会話教材というものに注目してみました。最近の子ども向け英会話教材というのは、読み物スタイルの教材や、実際に手指を使って遊びながら学習できる体験型の教材が豊富に届きます。ぜひ、お子さんが「英語って楽しい!」と思えるような経験をたくさんさせてあげてください。英語学習は継続することが何よりも大切です。

33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
英語を話せる子に育ってほしい!人気の子ども向け英会話教材5選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る