「子ども食堂」ってどういうところ?利用の仕方や存在する意義

良ければシェアをお願いします。

子ども食堂

最近耳にすることが多くなった「」という言葉。新聞やテレビなどで取り上げられる機会が増えていますが、実際どのような場所なのかを、きちんと理解している方は少ないのではないでしょうか?少しずつ浸透してきてはいますが、まだまだ誤解を招きやすいようです。ここでは今後さらに広がっていくと思われる「」について説明します。

スポンサーリンク

「子ども食堂」って一体何だろう?

日本では今、17歳以下の子どもが6人いたら、その中の1人が貧困状態にあるようです。特に親が1人の世帯では、2人に1人以上の割合になります。子どもの貧困という問題の解決策のひとつとして、注目されているのが子ども食堂です。

子ども食堂ってどんなところなの?

子どもが1人でも入ることのできる食堂を、子ども食堂と呼んでいます。民間発の試みで、主に貧困家庭の子どもや1人で食事をしている子どもに、無料または安価で食事を出してくれます。子ども食堂と呼ばれるようになったのは2012年です。公民館やお寺などを利用している食堂も多く、今では全国に数百の子ども食堂があると言われています。

子ども食堂ネットワーク:kodomoshokudou-network.com

子ども食堂はどうしてつくられたの?

主に親の貧困や育児放棄によって、十分にご飯を食べることができない子どもや、親が多忙で食事を用意することができず、カップ麺などを買って1人で食べる子どもを支えるためにつくられました。子どもの貧困問題を、食生活の分野で解決できたらと願う、民間の方たちから始まった取り組みです。支援団体以外にも、地域の主婦や自営業者が協力して開いている食堂が多くみられます。

どうやって子ども食堂は運営してるの?

地域の人たちから寄付してもらった食材を使っている食堂が多いようです。主に主婦や自営業者の方たちのボランティアで支えられています。また自治体が補助金の交付などで支援し、後押ししているところもあります。そのために国が基金を募り、費用として各自治体に付与しているようです。補助金を受けている食堂は、NPO法人や社会福祉法人といった民間団体が経営しています。

合わせて読みたい

働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度
働きながら家事や子育てをすることは大変ですよね。仕事に集中しなくてはならないけれど、子どもはまだまだ手がかかる、またはその反対もあり得るでしょう。そのような忙しいパパやママに注目していただきたいのが「子育て支援制度」です。 働きながら子育てをしている人の心や身体の負担を少しでも減らすた...

「子ども食堂」に行ってみましょう

子ども食堂を訪れるにあたって、知っておきたいことが何点かあります。どんなところかを頭の中で理解し、実際に足を運んでみるのもいいのではないでしょうか?きっと今までとは違うイメージを持たれることと思います。

利用するには何か条件があるの?

子ども食堂は、決して「貧困家庭の子どもだけが食事をするところ」ではありません。「安心して子どもが1人でも来ることができる、無料または安価な食堂」なのです。子どもばかり集める子ども専用の食堂と思われがちですが、実際は若者やお年寄り、仕事で疲れている母親や父親も、気軽に寄れるようになっています。しかし中には支援の必要な子どもだけ、というところもあるようです。

子ども食堂はいつなら開いているの?

子ども食堂は、ひと月に1回の開催が全体の4割くらいですが、中には週に2、3回、週に5日以上という子ども食堂もあります。平日に開いているのは17時~20時などの時間帯が多く、夕ご飯を提供することがメインですが、土曜日にはお昼を食べられるところも。自宅や自分のお店を開放している場合は、月に開催される回数が多めになるようです。

子ども食堂はいくらで利用できるの?

1食が無料~300円くらいまでの子ども食堂が多いようです。子どもは無料、大人は300円のところや、年齢によって100円、200円、300円と分かれているところもあります。補助金を受けていない食堂の多くは、自分たちで用意する他は、地域の人たちから食材などを寄付して貰いながら運営しているので、ほぼ原価そのものの金額だといえるでしょう。

合わせて読みたい

働くママ必見!夏休み、冬休み・・・留守番ご飯は何を作る?
子どもにとっては嬉しい夏休み・冬休みも、働くママにとっては悩みの種です。中でも、子どもをお留守番させている親は、毎日昼ご飯に何を作ればいいものかと悩みますよね。毎朝作る時間がない!いつも決まったメニューになってしまう!栄養面が心配!と頭を抱えているのではないでしょうか。そこで、「お留守番ご飯」を...

「子ども食堂」が存在する意義とは

なぜ今子ども食堂が増えているのでしょうか?そこにはさまざまな理由があり、理想があり、願いが込められているようです。地域ぐるみで子どもたちを守り、あたたかい社会をつくるきっかけになっていくのかもしれません。

貧困家庭の子どもばかりを集める場所ではない

子ども食堂に来るのは貧困家庭の子どもばかりではなく、子どもだけでもありません。小さな子どもから年配の人たちまでが、自由に集まれる場所です。大切なのは、子どもが1人きりでご飯を食べなければいけない孤食を防ぐことや、さまざまな年代の人たちの、さまざまな価値観に触れること、食堂のにぎやかであたたかな雰囲気の中で「」を味わうことなのです。

子どもたちの居場所をつくりたい

ご飯を食べたいと思った時、子どもが1人でも入りやすいお店はほとんどありません。地域の中で子どもが1人で行ける場所も少ないでしょう。自分の居場所を家や学校に見付けられない子どもは、世の中を居心地が悪いと思ってしまいがちです。そんな子どもたちのための居場所をつくってあげたい、1人でも安心して来られる場所にしてあげたい、そんな願いが込められているのが子ども食堂です。

地域の人たちとの交流の場にできれば

食事を済ませた後は、その日食堂に来ているさまざまな人たちと、遊んだり勉強を教えて貰ったり。母親や父親は、先輩に子育ての悩みを聞いて貰ったりアドバイスを貰ったり。年代や国籍も関係なく、たくさんの人たちの居場所になり、たくさんの人たちと触れあえる、子ども食堂は多世代の交流の場所になることを理想としています。

おわりに

「子ども食堂」は、子どもでも大人でも、そこを訪れるすべての人たちを歓迎してくれます。いつでもありのままの自分を受け入れてくれる、安心してお店に入ることができる、そんなあたたかい場所が今後も増えていくのではないでしょうか?

ピックアップ

小学生ぐらいから?子どもの留守番は何歳から大丈夫?
小学生未満の子どもの場合は、お留守番をさせるのにも抵抗がありますが、小学校に入ってからは一人でお留守番をさせても大丈夫かしら…と思うようになってきます。しかし、具体的に何歳から大丈夫なのか?本当に一人でいいの?と悩んでいる保護者の方も多いはずです。そこで、小学生のお留守番事情について紹介していき...
わが子はどう?いじめられっ子に見られる特徴といじめ対策3つ
「うちの子に限っていじめられることはないわ」と思えたのは、ひと昔前までの話です。むしろ今は「もしかしていじめられてないかな…」と心配しているママが増えています。 お子さまが「いじめられっ子」になっているかどうかは、確かな情報とパパやママの勘で特徴を捉え、明らかにしましょう。そして、いじめられて...
不登校になる3つの原因とその対処法
ある日突然、子どもが学校に行かなくなったらどうしますか?多くの場合、親の反応はまず驚き、次に「どうして?」と原因を探ろうとするはずです。「友達とケンカした」「いじめられた」など原因はすぐに分かることもありますが、それはあくまできっかけであって真の原因ではないことも。そこで今回は、不登校になる3つ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
「子ども食堂」ってどういうところ?利用の仕方や存在する意義
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る