働くママ必見!夏休み、冬休み・・・留守番ご飯は何を作る?

良ければシェアをお願いします。

パンを食べる子供

子どもにとっては嬉しい夏休み・冬休みも、働くママにとっては悩みの種です。中でも、子どもをお留守番させている親は、毎日昼ご飯に何を作ればいいものかと悩みますよね。毎朝作る時間がない!いつも決まったメニューになってしまう!栄養面が心配!と頭を抱えているのではないでしょうか。そこで、「お留守番ご飯」を作る時の注意点と、おすすめご飯を紹介していきます。

スポンサーリンク

子どもの留守番でご飯を準備する時の注意点

子どもが小さいうちは、自分でご飯を作らせる訳にもいかないので、毎日お昼ご飯を準備していかなければなりません。手軽に作れるご飯は、働くママにとってとても魅力的です。ただ、その前に「留守番ご飯」を準備する上での注意点があるので紹介します。

傷みやすい、腐りやすい食品には要注意!

夏は気温が高いので、自然と傷みやすいものや腐りやすいものは避けている方が多いと思いますが、冬も要注意です。部屋の中は、暖房がきいていて温かいので、机の上にご飯を置いておくのは控えましょう。意外と見落としがちなのが市販のサンドイッチです。中に入っているタマゴサラダや生クリーム系のものは、傷みやすいので準備していく時は冷蔵庫に入れておくことが大切です。保冷剤や保冷バッグを使うのもおすすめです。

子どもにガスコンロは使わせない!

どうしても準備する時間がないという日に、カップ麺やレトルト食品に頼りたくなる時もありますよね。しかし、ガスコンロを使う必要のあるものはできるだけ避けたいものです。万が一のことがあっても、子どもだけでは対処できないからです。レトルト食品を使う時は、あらかじめ封をあけて盛り付けをしておくことが、子どもだけで安全に食べられるポイントです。

電子レンジの使用にも注意が必要!

準備したお昼ご飯は、冷蔵庫に入れておいても、机の上に置いておいても、食べる前に温めることが多いはずです。ただ、スープなどは加熱時間が長くなると沸騰して熱くなり、取り出す時にやけどの原因になってしまいます。定番のウインナーも皮がはじけて爆発することもあるので、切れ目を入れておくなどの工夫が必要です。また、コンビニで買ってきたチキンなど、紙袋に入ったまま温めるのも発火の原因になるのでお皿に移しておきましょう。

合わせて読みたい

【働くママ】時間がないのに夕食の献立はどうやって考える?
働くママの一日はとにかく忙しいですよね。特に子どものお迎えから寝かしつけまでは息つく暇もないほどです。本当は和やかに食卓を囲みゆっくりと子どもとの会話を楽しみたいと思っていても、その願いはなかなか叶いません。けれど、夕食の献立を工夫することで調理時間を短くできたら、少しでもゆったりとした時間...

お弁当に詰めるだけの簡単作り置きご飯

お弁当は、子どもの留守番の時にも大活躍です。抗菌シートや保冷剤を使えば、防腐対策にもなります。そこで作り置きしておけば、後は詰めるだけ!という簡単ご飯を紹介します。もちろん、そのままお皿にのせて出してもOKです。

焼いて冷凍「ハンバーグ」「つくね」

子どもも大好きなハンバーグやつくねは、味付けまでして焼いて冷凍しておけば、必要な時にそのまま使えます。お弁当には、冷凍のまま入れることで保冷剤代わりにもなる優れものです。解凍調理して味付けを変えれば、照り焼きハンバーグ、ロコモコ丼、ハンバーガーなど、子どもの喜ぶご飯に変身します。さらに、ほぐせばそのまま「そぼろ」としても活用できるので、メニューの幅も広がります。

実は冷凍可能な「ナポリタン」「焼きそば」

手軽に作れるナポリタンや焼きそばは、お留守番ご飯としておすすめです。朝から作っても時間がかかりません。さらに、多めに作っておいて冷凍しておけば別の日に、お弁当のおかずにすることもできます。焼きそばは、「あん」を作りあんかけ焼きそばにしたり、コッペパンに挟んで焼きそばパンにしたりと便利です。同じ麺でも、中華麺や茹でうどんは食感や味が落ちるので冷凍向きではありません。

にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなどの茹で野菜

にんじん、ほうれん草、ブロッコリー、れんこんなどの根菜、青野菜は茹でて「常備菜」として準備しておくとご飯を作る時間を短縮させることができます。「ごま油・塩・にんにく」で味付けした中華風、「塩・薄口しょうゆ」の和風のように、味つけをしておくことで冷蔵保存でも1週間は日持ちが可能です。お弁当の副菜、炒め物の具材として重宝します。

合わせて読みたい

働くママは時間がない!どこで買い物するのが一番楽?宅配?週末まとめ買い?外食?
働くママは子育てに仕事にと毎日があっという間に過ぎていってしまいます。働くママは分単位で動かなければいけませんよね。そんな中、どうしても必要となってくる買い物はどうされていますか?少しでも楽がしたいですよね。どこで買い物するのが楽なんでしょうか?貴重な時間を有効に使えるように日々の買い物につ...

働くママ必見!子どもが喜ぶ時短レシピ

夏休みや冬休みは、毎日のお昼ご飯がマンネリ化してきてしまいますよね。毎日メニューを考えるだけでも大変な苦労です。そこで、一工夫を加えた「子どもが喜ぶ時短レシピ」を紹介していきます。ぜひ、試してみて下さい。

野菜嫌いの子も食べられる「野菜パンケーキ」

最近話題になって専門店まででている「おかずケーキ」ですが、ホットケーキミックスを使えば、家でも簡単に作ることができます。肉じゃが、ひじき、コロッケなど夕食の残りものを使えるのがポイントです。作り方は、ホットケーキミックスに混ぜてフライパンで焼くだけ!今まではお好み焼きがこの役割を担うことが多かったと思いますが、マンネリ化してきた人にはおかずパンケーキがおすすめです。

子どもだけで簡単に準備できる「サラダうどん」

タッパーに茹で野菜やツナ、コーン、茹で豚肉など具材となるものを入れ、さらに麺つゆも一緒に入れておきます。うどんは、あらかじめ茹でておいたものを別容器で用意しておきます。食べる時に、具材入りの麺つゆをうどんにかければ出来上がりです。麺つゆでうどんがほぐれるので、食べる前に水で洗ったり、麺が伸びたりする心配もありません。

お好みのおかずを挟む「ロールサンドイッチ」

どうしても作る暇がない!という時は、市販のパンで子どもに我慢してもらう日もあるかもしれません。そんな時は、ロールパンを使ったサンドイッチがおすすめです。準備するのは、ウインナーとスクランブルエッグだけです。ロールパンの真ん中に切れ込みを入れておけば、子どもがご飯を食べるタイミングで具材を入れて作ることができます。パンに挟めるものであれば、夕食の残りなども使えるので忙しい時にぴったりです。

おわりに

働くママにとって、毎日の留守番ご飯作りは大変です。さらに、夜ご飯も作るとなればメニューを考えるだけでも一苦労ですよね。今回は、チャーハンやカレーなどの定番料理以外のご飯や、メニューの幅が広がる作り置きを紹介しました。毎日大変ですがぜひ実践してみて下さいね。

ピックアップ

箸の持ち方を練習しよう!おすすめの練習法を大公開
子どもが成長するにしたがって、だんだんとできることは増えていくもの。食事ひとつとってみても、手づかみで食べていたのが、スプーンやフォークを使えるようになってきます。そうなったときに次に考えるのが「お箸」の使い方ではないでしょうか。 いつくらいからお箸の練習を始めたらいいのか、また効果的...
小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが...

https://tamagoo.jp/lifestyle/support-system-of-child-care/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
働くママ必見!夏休み、冬休み・・・留守番ご飯は何を作る?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る