1歳から使えるおすすめのチャイルドシート5選!

1歳から使えるおすすめのチャイルドシート5選!

赤ちゃんからお兄ちゃんやお姉ちゃんになるにしたがい、ベビーシートでは窮屈に感じるお子さまが多くなります。シートで守るべき場所も変わり、体も動きも大きくなるお子さまにとって、ジュニアシートに座るまでの期間には不快な時もあるでしょう。ベビーシートを卒業しても、1歳から使えるチャイルドシートなら大丈夫です。お子さまに座り心地のよいチャイルドシートをプレゼントしてドライブを楽しみませんか。

赤ちゃんを知り尽くす「コンビ」

チャイルドシートに座る子ども

お気に入りにはできるだけ長く座ってもらいたいから

幼いお子さまでも「これはあなたのシートだからね」と教えてあげると、きちんとわかってくれるんですよね。そして、大切に自分のものとして扱ってくれます。「ジョイトリップ エッグショック GC」は1歳頃から11歳頃まで使えるから、車内の自分の席として愛着をもって座ってくれることでしょう。

最初はチャイルドモードでしっかりと固定、次は背もたれ付きハイバックモードでちょっとお兄ちゃん、お姉ちゃん気分が楽しめます。そして、ブースターモードにすると固定箇所が減り、自由に動けるようになります。

安全を追求した結果が心地のよいチャイルドシートに

コンビ独自の「超衝撃吸収素材」エッグショックを使った大型ヘッドサポートでお子さまの頭を守ります。そして、ランバーサポートで腰を中央に安定させます。ベビーシートから移行したばかりの赤ちゃんでも、しっかりとしたハーネスが体を固定してくれるので、眠ってしまったお子さまの様子を気にせずに、運転に集中することができますよ。

安全面への工夫だけでなく、汗かきのお子さまへの配慮も万全です。全面3Dエアメッシュシート&エアゲートは通気性が高く、点で支えるクッションで快適なドライブとなるでしょう。

家族全員で車内は広く自由に使いたいから

コンパクトで軽量設計だから、ミニバンやコンパクトカーでも車内を広々と使えます。また、通気性の高いシートとクッションでお子さまは快適に座ることができます。そして、お子さまにとってうれしいドリンクホルダーは左右どちらにもつけられるので、シートを装着する側を選ばずに済みますね。

また、お子さまにとって、もう一つうれしいことが…大きくなって肩幅が広くなっても快適に座れるシートだから、パパやママと同じ窓からパノラマビューが楽しめるんです。みんなと同じ景色を見てはしゃげる、お子さまの特等席になること間違いなしです!

合わせて読みたい

はじめてのベビーカー選びでおさえておきたいポイントを伝授!
はじめてのベビーカー選びでおさえておきたいポイントを伝授!
出産間近になり、さまざまなものを用意しなければいけない中で購入に迷うものがあると思います。産後だと時間や体力の関係で買いに行けない、...

スタイリッシュなチャイルドシートなら

チャイルドシートで寝る子ども

アメリカの老舗人気ブランド「グレコ」。日本ではベビーカーとチャイルドシート、抱っこひもを取り扱っています。その信頼のブランドからおすすめするのは「エアポップ」です。もう1社はカー用品メーカーである「カーメイト」のチャイルドシートブランドの「エールベベ」。国内自社工場生産で安全面に自信をもつ「スイングムーンプレミアムS」をおすすめします。

ドット模様がかわいいグレコの「エアポップ」

おしゃれなママに人気のグレコですが、赤ちゃんの安全を何より重視し、品質面では世界80カ国に認められている会社です。そんな信頼のグレコから発売されている「エアポップ」は、ドット模様が大好きなママの心をつかむデザインが評価のポイントです。

1歳頃から11歳頃まで使用することができ、ヘッドレストは5段階調整ができます。ヘッドレストと3Dサポートクッションでお子さまの大事な首と肩、腰を守ります。そして、シート全体にエアホールがあるので、汗かきのお子さまも気持ちよくドライブができます。

スポーティーな「スイングムーンプレミアムS」

パパとのドライブも楽しめるようなエールベベの「スイングムーンプレミアムS」…カートレンドのカーボン調を採用した「プレミアムスポーツシリーズ」が発売されました。パパだけでなく、車やスポーツが大好きなママも気に入るデザインになっています。

基調は黒ですが、「カーボンブラック」「カーボンレッド」「カーボンイエロー」の3色から選べるのはうれしいですよね。この「スイングムーンプレミアムS」は、国内自社工場で厳しいチェックをして製造されています。

エールベベの安全性へのこだわりとは

エールベベのは安全性を第一に、快適性と使い勝手を追求するチャイルドシートブランドです。そんなエールベベだからこそできた機能と安全性へのこだわりは、「スイングムーンプレミアムS」に表されています。シートは120度までのリクライニングができますが、レバーを引くだけの簡単リクライニングなので、お子さまが寝ていても起こすことなくシートを倒せます。

そして、お子さまが成長するにつれて窮屈に感じるシートの幅ですが、380mm幅のワイドシートのため大きくなってもゆったりと座れますよね。加えて、ヘッドレストは可動式のため、眠ってしまったお子さまの頭部をしっかりと支えてくれます。

合わせて読みたい

2歳でジュニアシートは早い?いつから使える?
2歳でジュニアシートは早い?いつから使える?
小さな子どもを車に乗せる際には、チャイルドシートを取り付けなければなりません。そして、子どもが少し大きくなってくると、チャイルドシー...
22歳と18歳の二人の子どものママです。その時にやりたいことを楽しんでやる、楽しい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
1歳から使えるおすすめのチャイルドシート5選!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る