トイレでうんちができない!手こずらないうんちトレーニングの方法を伝授

トイレットペーパー

トイレでおしっこができるようになったら、次は「うんち」です。おしっこは上手くいったのに、うんちはトイレでしたがらないと悩んでいる方も多いかもしれません。うんちトレーニングが上手くいかなくて、不安や焦りでイライラしていませんか?そこで今回は、うんちトレーニングをスムーズに進めるトレーニングのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

うんちトレーニング開始前の事前準備とは?

おしっこがトイレで出来たらすぐに、次は「うんち」だと意気込んでいませんか?しかし、うんちトレーニングを始めるのであれば、事前準備をしっかりとしておくことが大切です。うんちが出そうなタイミングの見極めをし、おまる・補助便座や踏ん張るための足場を準備しておきましょう。

わが子の「うんちの合図」を把握していますか?

うんちトレーニングで大切なのは、「トイレでうんちができた」という成功体験です。そのためには、子どもがうんちをするタイミングでトイレに連れていけるかどうかがポイントとなります。うんちの合図は、何かにしがみついていきむ子、部屋の隅や隣の部屋に移動する子、急に動きがストップする子などがいますが、皆さんのお子さんはいかがですか?うんちトレーニングに進む前に、一度子どもをじっくりと観察して、どんな合図を出しているのか見極めましょう。

子どもが「うんち」をしやすいトイレ環境ですか?

おしっこがトイレでできるのに、うんちができないのはトイレ環境が子どもに合っていないのかもしれません。うんちを出すには踏ん張る必要がありますが、子どもは足が地面に届かないので踏ん張ることができません。子どものお尻が落ちないように補助便座を用意する家庭は多いですが、実は、足元も補助が必要なのです。足を地につけて安定できるように、足台を用意しておきましょう。

失敗してもいいという心構えが大切です!

何よりも重要なのは、「トイレに行くことを嫌がらせない」ということです。うんちトレーニングを始めた途端に、おしっこもできなくなったという話を聞きますが、失敗した時に怒っていませんか?その行為は、子どもに「トイレに行く=怒られる」という間違った定義を植え付けてしまうので、行きたくなくなるのです。うんちトレーニングは、親の方こそ「失敗してもいいのだ!」という心構えを持って取り組むことが大切です。

合わせて読みたい

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...

トイレ以外でうんちをした時の対処法

うんちトレーニングを始めると、トイレでできなかった場合に怒ってしまうことありませんか?それは、全くの逆効果です。怒ってしまうと、トイレに行くのが嫌だという気持ちにさせてしまい、トレーニングがスムーズにいかなくなる原因になってしまいます。失敗もうんちトレーニングの一環として、「褒めて伸ばす」ということを意識しましょう。

オムツ・パンツでしてしまった時は?

遊びを優先してオムツ・パンツに漏れてしまうことはよくあります。もし、自分からうんちが出たと教えてくれた場合は、次は「出る前に教えてね」という声かけと同時に、「うんちが出たことを教えてくれたこと」を褒めてあげましょう。また、トイレに行ったけども、間に合わなかったという場合もありますよね。その時もトイレにちゃんと来たことを褒めてあげましょう。

トイレに行ったのに出なかったときは?

最初はうんちが出なくてもいいのです。一度成功したのに、次からできなくなったという事もあります。それでも、「うんちが出そうになったからトイレにきた」「うんちが出そうだと教えてくれた」ということを褒めましょう。うんちトレーニングの時期は、何度もトイレに行きたがることがありますがそれに付き合ってあげることが大切です。

隠れてオムツ・パンツにするようになった時は?

元から隠れてするタイプではなかった子が、トレーニングを始めてから隠れるようになることはよくあります。これは、「うんち=オムツ・パンツでしてはいけない」と認識できているということです。トイレに行くことに不安やプレッシャーを感じているのかもしれません。トイレに誘っても行きたがらない時はうんちトレーニングを一時中断することも大切な要素です。

合わせて読みたい

2歳でトイレトレーニングをするメリットとデメリット
子どもが2歳前後になると、オムツ卒業を意識するママも多いのではないでしょうか。早くオムツが外れてほしいと願う反面、「うちの子にはまだ早すぎるかな」と躊躇するなど、タイミングをはかるのが難しいトイレトレーニング。2歳で始めるにはどんな良い点があるのでしょうか? 今回は、2歳でトイレトレー...

子どもをトイレにスムーズに連れて行く方法

うんちトレーニングを始めたばかりの頃は、うんちをしにトイレに行くのを拒否するということもあるかと思います。おしっこはできるのになぜ?と思うかもしれませんが、子どもにとってはまだオムツにする方が自然な行為なのです。そこで、子どもをトイレにスムーズに連れていく方法をご紹介します。

オムツ交換をトイレで行ってみよう!

いきなり便座に座らせるのではなく、オムツ交換をトイレで行います。お尻を拭いて、後処理するところまで一緒にいて下さい。「うんち=トイレに捨てる」という認識を持たせることから始めましょう。パンツにしてしまった時も、トイレに連れていって交換します。うんちをする時もトイレに行くのが自然という流れを作ります。

トイレ・うんちに関する絵本を読もう!

トイレやうんちの絵本をぜひ読んであげて下さい。絵がついているので、トイレでうんちをするということを子どもがイメージしやすく、親が説明するよりも分かりやすく理解することができます。ままごとの要領で、ぬいぐるみや人形を使ってトイレをさせてあげるというのも効果があります。自分もトイレでうんちをしたい!と思わせるのが狙いです。

トイレに誘いすぎてはいませんか?

焦りや苛立ちから頻繁にトイレに誘っていませんか?子どもにもペースがあります。あまりにも行くのを嫌がる時は誘うのをやめてみましょう。そもそも、うんちは1日に数回しか出ないので、うんちが出そうなタイミングを見計らって1日に3~4回の声かけで十分です。なぜ、トイレに行くのが嫌なのか子どもの話に耳を傾けることも必要です。

おわりに

うんちトレーニングは、おしっこの時よりもできるまでに時間がかかるものです。大切なのは、失敗しても怒らないことです。親はサポートする立場ということを踏まえて、子どもが「うんちをしたくなる」ように環境を整えてあげましょう。

ピックアップ

おむつからパンツに切り替えるタイミングはいつが最適?
「赤ちゃんのおむつ外れは、なるべく早めに済ませたい」と考える保護者の方は多いもの。「おむつが原因で赤ちゃんのお尻がかぶれてしまうのが気になる」「毎月のおむつ代で家計が圧迫される」など、その理由はさまざまです。 また、他の子どもの保護者から「うちの子はもうおむつ外れてるよ」と聞かされると...
2歳でも食育を頑張ろう!身に付けさせたい7つの食事マナー
普段の生活で最もマナーを問われるのが「食事」です。「お箸の握り方がおかしい」「くちゃくちゃと音を立てながらご飯を食べる」など、子どもの頃にある程度の習慣が身についていないと、大人になってから「マナーのなっていない人」と思われてしまいます。 小さい頃に教わったことは、大人になってもきちんと覚えて...
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...
2人の男の子のママとして毎日奮闘中!医療業界で働いていた経歴を生かし、健康・子育て情報を発信するフリーライター。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
トイレでうんちができない!手こずらないうんちトレーニングの方法を伝授
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る