よそ様の家!子どもに友達の家で守らせるルール9選

良ければシェアをお願いします。

友達の家

小学校に入ると、今までより行動範囲が広がります。子どもが1人で友達の家に遊びに行く機会も増えるのではないでしょうか?親の目が届かない時に、わが子が友達の家で一体どんな行動をしているのか、迷惑をかけていないか気になりますよね。ここでは友達の家に遊びに行った時に、守るべきルールとマナーを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

友達の家を訪ねたときにしたいこと

友達の家の玄関でまずしておきたいことがありますよね。当たり前だと思われるかもしれませんが、子どもが1人でもできているかどうかは分からないものです。お邪魔する前によく子どもに言い聞かせましょう。訪ねられる側の気持ちが違います。

元気よくきちんと挨拶をしましょう

まず玄関先で友達のママの顔を見たら、「こんにちは、おじゃまします」と大きな声で挨拶をしましょう。帰る時は「おじゃましました、さようなら」が基本です。お菓子や飲み物を出して貰った時には「いただきます」、食べ終わったら「ごちそうさまでした」と、きちんと言えるように、日頃から挨拶の習慣を身に付けることが大事です。

初めて行く家には手土産を持たせましょう

初めて遊びに行くおうちには、何か手土産を持って行くといいでしょう。相手の親御さんに、「今日はよろしくお願いします」という気持ちを間接的ですが伝えることができます。立派なものは却って気を遣わせてしまうかもしれないので、その日に友達と食べられるような簡単なおやつで構いません。その後も毎回ではないにしろ、相手の負担にならない程度に時々は持って行くといいかもしれません。

脱いだ靴はきちんと並べましょう

脱いだ靴は自分できちんとそろえましょう。脱ぎっぱなしで上がってこられるより、気持ちがいいものです。上着なども軽くたたんで置くようにできるといいですね。普段の生活の中で習慣化してしまえば、友達の家に行った時も自然にできるようになります。その時だけが特別にならないように、毎日の過ごし方から気を付けましょう。

合わせて読みたい

小学生ぐらいから?子どもの留守番は何歳から大丈夫?
小学生未満の子どもの場合は、お留守番をさせるのにも抵抗がありますが、小学校に入ってからは一人でお留守番をさせても大丈夫かしら…と思うようになってきます。しかし、具体的に何歳から大丈夫なのか?本当に一人でいいの?と悩んでいる保護者の方も多いはずです。そこで、小学生のお留守番事情について紹介していき...

家の中に案内されてから気を付けること

家の中に通されたら、自分の家とは違っていることにキョロキョロしてしまうかもしれませんね。その時に自由に行動してしまっては、相手の親御さんに嫌な思いをさせてしまうことに。自分の子どもにしてはいけないことをしっかり伝えましょう。

勝手にいろいろなドアを開けないようにしましょう

ドアの向こうには何があるんだろう?と子どもは気になってしまいますが、勝手にドアや引き出しを開けないようにしましょう。特に冷蔵庫や寝室のドアを開けられるのは、誰でもいい気持ちはしないものです。プライベートを覗くような行為でとても失礼なことですから、絶対にしてはいけません。出入り禁止になってしまうケースもあります

勝手に家のものを触らないようにしましょう

自分の家にないものに興味が湧いて、触りたくなってしまうかもしれませんが、許可なく勝手に触るのはやめましょう。中には高価なものや貴重なもの、とても大事にしているものがあるかもしれません。もし破損した場合、弁償では済まないことも。お互いが気持よく行き来するために、なぜダメなのかを子どもに説明しておきましょう。

自分からおやつを要求しないようにしましょう

たとえお腹が空いても、自分からは「お腹が空いた」「おやつが食べたい」などと言わないようにしましょう。準備してくれていたとしても、催促されるのは気持ちのいいものではありません。また出されたものが自分の嫌いなものだったとしても、不満は言わないことです。のどが渇いた時のために、水筒を持参してもいいかもしれません。

合わせて読みたい

7歳~10歳がカギ!子どもの才能を決定する運命の数年間
『子どもの脳を育てるのは10歳までが大事』という言葉を聞いたことがありますか?子どもの成長は、早いものです。しかしその中でも子どもが敏感に物事を感じ、吸収し、成長している時期があります。その時に子どもはどのように成長しているのでしょうか。また、子どもに対して親は何をするべきなのでしょうか。 ...

友達の家から帰る時に気を付けること

楽しく遊んだ後にも気を付けることがいくつかあります。「また遊びたいと思ってもらいたいね」「どうしたらまた遊びに行けるかな?」と子どもと一緒に考え、帰る時もきちんとした行動ができるようにしておきましょう。

帰る時間をちゃんと守りましょう

遊んでいると時間が過ぎるのが早いもの、すぐに帰りの時間がきてしまうかもしれません。もっと遊びたいと思っても、最初に決めた帰りの時間をきちんと守りましょう。いつまでもダラダラしていることは、相手の親御さんにとって迷惑になってしまいます。その後にご飯の支度や予定があるかもしれないので、「もっと遊びたい」などのわがままを言わないことです。

帰る前には部屋の片付けをしましょう

帰りの時間が近くなってきたら、遊んだおもちゃなどを元の場所に片付けるようにしましょう。散らかしたまま帰ってしまったら、「もう遊びにきて欲しくない」と思われてしまうかもしれません。必ず片付けてから帰るようにすることが大事です。普段から家でも片付けの習慣を身に付けるようにすれば、それほど大変なことではないですよね。

子どもが帰ってきたらお礼の連絡をしましょう

子どもが帰ってきたら、メールや電話でお礼の連絡をするようにしましょう。1人で子どもを帰した相手の親御さんも安心できます。子どもを1人で友達の家に遊びに行かせる時は、親も気を付けなければいけないことがあるのです。事前に連絡先の交換をしておくといいですね。親も少なからず交流をしておくと、スムーズなお付き合いができます

おわりに

ここで挙げたルールとマナーですが、どれも日頃の生活の中で身に付くものばかりですよね。結局は家での過ごし方が外で出るということではないでしょうか?子どもは親を見て親のまねをします。自分自身の自宅での行動はどうですか?子どもに言い聞かせる時に、一度振り返ってみましょう。子どもの振る舞いがあまりにひどいとその噂が親の中で広がりお互いに不快になってしまいますので。

ピックアップ

子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?
子供はみんな冒険が大好き。自転車に乗れるようになった子供は、ぐんぐんと行動範囲を広げ遠くへ行きたがるようになります。だけど、それをいつまでも引き止めることもできず・・・。かといって、ひとりで遠出をさせるのは心配ですね。 交通安全について、親子で確認をする 今までは片時も親のそばから離れな...
ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法
子供の身近な遊び道具のひとつとして与えられるゲームですが、その裏でゲーム依存症という言葉があります。ゲーム依存症とは、どの程度のものなのでしょうか。また、どのように予防し、直せばいいのでしょうか。私の息子の実体験を含めながら、ゲーム依存の理由、症状と子供をゲーム依存にしない3つの方法を紹介し...
金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
よそ様の家!子どもに友達の家で守らせるルール9選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る