今は海外からも赤ちゃんが…赤ちゃんポストの存在を知っていますか?

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんポスト

赤ちゃんポストという言葉を聞いたことがありますか?赤ちゃんを授かり、産んだけれども様々な事情で育てられない場合にのみ匿名で病院に赤ちゃんを保護してもらえるシステムの事を言います。では実際この赤ちゃんポストはどれくらい利用されているのでしょうか。昨年はこの赤ちゃんポストを開設後初めて海外からの赤ちゃんも受け入れることになりました。

スポンサーリンク

赤ちゃんポストについて詳しく知ろう!

」という言葉を聞いた事はあるけれど詳しくは知らないという方も多いでしょう。ここでは赤ちゃんポストができた経緯や場所、システムについてお話します。経緯などを知れば赤ちゃんポストへのイメージ変わるかもしれませんね。

赤ちゃんポストはどうしてできたのか?

赤ちゃんは望まれて産まれてくるのが一番幸せな事ですが、中には望まない妊娠から産まれてくる命もあります。赤ちゃんポストができる前は、様々な理由から育てられなくなった親が赤ちゃんの命を奪ってしまったり、屋外に置き去りにして赤ちゃんが命を落としてしまうという事がありました。やむを得ない事情なら赤ちゃんの命だけは救おうという理由から赤ちゃんポストはできました。

赤ちゃんポストはどこにあるの?

では赤ちゃんポストはどこにあるのでしょうか。ニュースなどで耳にする事も多かったので日本各地に赤ちゃんポストがあると思いがちですが、実は熊本県にある慈恵病院の「こうのとりゆりかご」1つだけなんです。「こうのとりゆりかご」は赤ちゃんポストの先進国ともいえるドイツのBaby Klappeを模範として2007年に開設されました。

赤ちゃんポストのシステムとは?

赤ちゃんポストは匿名で預ける事ができ、設置されている監視カメラにも親の顔は映りません。扉を開けると保育器がありそこに赤ちゃんを置きます。赤ちゃんが保育器に置かれるとアラームが鳴る仕組みになっていて看護師などがすぐに赤ちゃんを保護してくれます。一度扉を閉めると外からは開けられないようになっているので連れ去られる心配もありません。

合わせて読みたい

ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...

赤ちゃんポストに預けるとどうなるの?

最も気になるのは預けられた赤ちゃんがどうなるのかという事ではないでしょうか。ここでは預けられた赤ちゃんがどうなるのかということ、預けた事を後悔しない為に慈恵病院が行っていることなどについてお話します。

後悔しないために病院が行っている事とは

慈恵病院では望まない妊娠をし、苦しんでいる女性を電話やメールで相談にのるサービスを行っています。相談をした上でやむを得ない場合は赤ちゃんポストに預けるといったケースが多いようです。また赤ちゃんポストへ預ける時には保育器に親宛の手紙が置かれていて、この手紙には施設などの連絡先が書いてあるので、預けた事を後悔した場合に引き取る際の手掛かりとなります。

預けられた赤ちゃんはどうなる?

保育器に置かれた赤ちゃんはすぐに健康チェックが行われます。事前に相談がなく預けられた赤ちゃんだった場合は児童相談所と警察に連絡します。警察で事件性がないと判断された場合は児童相談所より乳児院へと移るようです。2歳になっても親の引き取りもなく、里親も見つからない場合は児童養護施設に引き取られることになります。

赤ちゃんの戸籍はどうなるの?

では赤ちゃんの戸籍はどうなるのでしょうか?事前相談があった場合などで身元が分かっている場合にはそのままの戸籍を使う事になりますので赤ちゃんが児童養護施設に入った場合でも住所が変わるだけで戸籍は親の戸籍にそのまま残ってしまいます。身元の分からない赤ちゃんについては市長が名付け親となり新しい戸籍が作られるというわけです。

合わせて読みたい

0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の...

どれくらいの赤ちゃんが預けられている?

2007年の5月に開設されてから一体どれくらいの赤ちゃんが預けられているのでしょうか。赤ちゃんを育てられない・・・そこには様々な理由があります。賛否両論あるこの赤ちゃんポスト、それぞれの意見から考えてみましょう。

赤ちゃんはどれくらい預けられている?

2007年の5月に開設されてから2015年まで累計で125人の赤ちゃんが、この赤ちゃんポストに預けられました。2015年に預けられた赤ちゃんは13人でその中の1人は海外の赤ちゃんだったようです。海外の赤ちゃんを受け入れたのは開設後初となり、日本においても熊本県だけでなく東北や関東などからも預けられています。

どんな理由で赤ちゃんは預けられたのか

赤ちゃんが預けられる理由は様々です。望まない赤ちゃんであったり、生活が困窮していたり、世間体を気にしたり、未婚であったりなどが多いようです。中には留学するために赤ちゃんを預けたり、仕事をする上で預ける施設がない為赤ちゃんポストに預ける、という安易な考えもありました。また残念な事に、近年では障がい児の赤ちゃんを預ける人も増えているようです。

赤ちゃんポストには賛否両論ある

赤ちゃんポストには賛否両論あります。賛成側の意見としては何よりも赤ちゃんの命を守れるという事です。この赤ちゃんポストがなければ救われなかった命も多かったでしょう。反対側の意見としては安易に赤ちゃんを産み、赤ちゃんポストに預ける人が増えてしまうのではないかという事です。全国に赤ちゃんポストを広げるかどうかのアンケートでも賛成と反対が半数の結果になっています。

おわりに

赤ちゃんポストについて賛成・反対それぞれの意見がありどちらも正当な意見でしょう。しかし大切な事は生活に困窮することなく、未婚の場合でも赤ちゃんが育てられる環境が整うことではないでしょうか。今後の国の向かう方向が、これから生まれる赤ちゃんの行く末を左右します。この世に生を受けた小さな命が健やかに育つよう願うばかりです。

ピックアップ

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。 出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や...
高齢出産だと産後うつになりやすい?その理由は?
妊娠した女性の体の変化は妊娠中だけあらわれるものでなく、産後も様々な変化があらわれます。その中に産後うつというものもあるのですが、一過性のものと軽く見てはいけません。 最悪の場合、死を招くこともある怖い症状なのです。特に高齢出産では産後うつになりやすいと言われています。ここではその理由を紹介し...

https://tamagoo.jp/give-birth/recovery-after-childbirth/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
今は海外からも赤ちゃんが…赤ちゃんポストの存在を知っていますか?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る