2歳でジュニアシートは早い?いつから使える?

スポンサーリンク

ジュニアシートをつjける子ども

小さな子どもを車に乗せる際には、チャイルドシートを取り付けなければなりません。そして、子どもが少し大きくなってくると、チャイルドシートからジュニアシートに切り替えます。この切り替え時期について悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。一般的には、子どもが2歳になった頃にジュニアシートへの切り替えを考え始める場合が多いようです。
それではジュニアシートに切り替える時期について、考えてみましょう。

ジュニアシートとチャイルドシートの違い

チャイルドシート

まず、ジュニアシートとチャイルドシートがどのように違うのかを理解しておく必要があります。車の座席シートは大人の体格に合わせて作られています。子どもは身体が小さいため、そのまま座ると身体の大きさに合いません。シートベルトを締めるのも困難でしょう。

もし、万が一事故に遭ってしまった場合には、大人以上に危険にさらされてしまいます。事故に遭わなくても、急ブレーキをかけたときに、座席から飛び出してしまう可能性もあります。そこで、子どもの安全性を確保するために使用されるのがチャイルドシートです。大人用の座席シートの上に取り付けます。

ジュニアシートが使えるのは小学4年くらい?

子どもと一口に言っても、成長段階によって身体の大きさが異なるため、チャイルドシートの大きさも、子どもの成長段階に合わせて異なるものが使われます。中でも比較的大きなものがジュニアシートです。学童用で体重15~36キロ、身長135センチ以下が目安とされています。個人差もありますが平均して小学4年までぐらいでしょうか。

これに対してチャイルドシートは、基本的には幼児用のものを指します。体重9~18キロ、身長100センチ以下が目安です。他に、首が据わっていない乳幼児用のものもあり、ベビーシートと呼ばれています。チャイルドシートという言葉は狭義で使われることも多いですが、広義ではジュニアシートやベビーシートも含めてチャイルドシートと言います。

合わせて読みたい

2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができな...

6歳未満の子どもは法律上の着用義務あり

車のルール

道路交通法により、6歳未満の子どもを車に乗せる場合には、チャイルドシートの着用が義務付けられています。この場合のチャイルドシートは広義の意味で、ジュニアシートも含みます。チャイルドシートとジュニアシートの目安となる体格と、子どもの体格を見て、切り替えるのが適切でしょう。

2歳児の平均身長は男女ともに85センチ、体重は男児が12キロで、女児が11キロです。平均的な体格の子どもであれば、チャイルドシートでもまだまだ間に合い、ジュニアシートに切り替えてもさほど問題ありません。体格のよい子どもや身体の成長の早い子どもであれば、チャイルドシートでは少しきついかも知れません。その場合にはジュニアシートに切り替えましょう。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2歳でジュニアシートは早い?いつから使える?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る