2歳でジュニアシート早い?いつから使える?

良ければシェアをお願いします。

ジュニアシートをつjける子ども

小さな子どもを車に乗せる際には、チャイルドシートを取り付けなければなりません。そして、子どもが少し大きくなってくると、チャイルドシートからジュニアシートに切り替えます。この切り替え時期について悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。一般的には、子どもが2歳になった頃にジュニアシートへの切り替えを考え始める場合が多いようです。
それではジュニアシートに切り替える時期について、考えてみましょう。

スポンサーリンク

ジュニアシートとチャイルドシートの違い

チャイルドシート

まず、ジュニアシートとチャイルドシートがどのように違うのかを理解しておく必要があります。車の座席シートは大人の体格に合わせて作られています。子どもは身体が小さいため、そのまま座ると身体の大きさに合いません。シートベルトを締めるのも困難でしょう。

もし、万が一事故に遭ってしまった場合には、大人以上に危険にさらされてしまいます。事故に遭わなくても、急ブレーキをかけたときに、座席から飛び出してしまう可能性もあります。そこで、子どもの安全性を確保するために使用されるのがチャイルドシートです。大人用の座席シートの上に取り付けます。

ジュニアシートが使えるのは小学4年くらい?

子どもと一口に言っても、成長段階によって身体の大きさが異なるため、チャイルドシートの大きさも、子どもの成長段階に合わせて異なるものが使われます。なかでも比較的大きなものがジュニアシートです。学童用で体重15~36キロ、身長135センチ以下が目安とされています。個人差もありますが平均して小学4年までぐらいでしょうか。

これに対してチャイルドシートは、基本的には幼児用のものを指します。9~18キロ、身長100センチ以下が目安です。他に、首が据わっていない乳幼児用のものもあり、ベビーシートと呼ばれています。チャイルドシートという言葉は狭義で使われることも多いですが、広義ではジュニアシートやベビーシートも含めてチャイルドシートと言います。

合わせて読みたい

2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができない子は、何かに問題がある」と言い切ることはできません。ただそれでも、子どもについて「平均的な数字」というのがあります。また、その「平均的な数字」と見比べるような...

6歳未満の子どもは法律上の着用義務あり

車のルール

道路交通法により、6歳未満の子どもを車に乗せる場合には、チャイルドシートの着用が義務付けられています。この場合のチャイルドシートは広義の意味で、ジュニアシートも含みます。チャイルドシートとジュニアシートの目安となる体格と、子どもの体格を見て、切り替えるのが適切でしょう。

2歳児の平均身長は男女ともに85センチ、体重は男児が12キロで、女児が11キロです。平均的な体格の子どもであれば、チャイルドシートでもまだまだ間に合い、ジュニアシートに切り替えてもさほど問題ありません。体格の良い子どもや身体の成長の早い子どもであれば、チャイルドシートでは少しきついかも知れません。その場合にはジュニアシートに切り替えましょう。

下に弟や妹がいるかどうか

4年の男の子

一人っ子であれば、身体の成長に合わせて、チャイルドシートからジュニアシートに切り替えるという方法で問題ありません。しかし、下に生まれたばかりの弟や妹がいる場合には少し早めに切り替えてもよいでしょう。下の弟や妹が、首が据わってベビーシートを使わなくなったら、チャイルドシートが必要になります。

上のお子さんが2歳でまだチャイルドシートを使わせると、下のお子さん用のチャイルドシートを新たに購入しなければなりません。1年後に上のお子さんが3歳になってジュニアシートに切り替える際に、今度はジュニアシートを購入することになります。一方でチャイルドシートは2個あり、使うのは1個だけという状況になるでしょう。

無駄のない切り替え時期は?

下のお子さんがベビーシートからチャイルドシートに切り替えるタイミングで、上のお子さんがチャイルドシートからジュニアシートに切り替えれば、無駄がなくて済みます。上のお子さんが使っていたチャイルドシートを、そのまま下のお子さんに使わせることができるというわけです。

ただ、上のお子さんの体格が小柄だったり、身体の成長が遅めだったりした場合には、無理をしてジュニアシートに切り替えない方が安全です。ジュニアシートの目安の体格になってから切り替えましょう。

合わせて読みたい

2歳になって歯磨きを嫌がる? おすすめのやり方はこれ!
子供が2歳になると、歯磨きをしようと言っても「イヤ」と拒否されたり、仕上げ磨きの段階になると嫌がってさせてくれなかったりするなど、2歳児の歯磨きに関する悩みが増えてきます。歯磨きを嫌がらずに、楽しく行う方法はないのでしょうか。今回は歯磨きを嫌がる2歳児におすすめのやり方をご紹介します。 2...

ジュニアシートは使い方がチャイルドシートと異なる

ママと子ども

チャイルドシートとジュニアシートを比べてみると、大きさ以外にも異なる点があります。それは固定方法です。子どもが座席から飛び出してしまわないように、しっかりと固定しなければなりません。チャイルドシートの場合には、5点式ハーネスで固定するような作りになっているものが多いです。取り外しをするときにもやや時間がかかります。また、小さなお子さんが自分で取り外すのは難しいでしょう。

これに対してジュニアシートは大人用のシートベルトをそのまま使用するタイプのものが多いです。チャイルドシートと比べて、あまりがっしりとは固定しません。

おわりに

ジュニアシートはメーカーや商品によっても異なりますが、対象年齢を3歳以上としているものが多いです。体格的には2歳でも使えないことはないですが、平均的な体格の子どもなら2歳のうちはチャイルドシートの方が合っているでしょう。体格の良いお子さんでチャイルドシートがきつそうなら、ジュニアシートへの切り替えを検討しましょう。

ピックアップ

2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...
2歳でトイレトレーニングをするメリットとデメリット
子どもが2歳前後になると、オムツ卒業を意識するママも多いのではないでしょうか。早くオムツが外れてほしいと願う反面、「うちの子にはまだ早すぎるかな」と躊躇するなど、タイミングをはかるのが難しいトイレトレーニング。2歳で始めるにはどんな良い点があるのでしょうか? 今回は、2歳でトイレトレー...
足が痛い!? 2歳でも成長痛になる原因と対処法
夜寝ていると子どもの「いた~い!」という泣き声で目が覚めた、ということはお母さんなら経験があると思います。「夜泣きかな?」と思ったけれど、よくよく話を聞いてみたら成長痛の症状だった、なんてことも。2~12歳のお子さんに多いのがこの「成長痛」です。小さい子は大人に比べて痛みに弱いです。そのため、成...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2歳でジュニアシート早い?いつから使える?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る