掃除?洗濯?1歳でもできる家事お手伝い7選

良ければシェアをお願いします。

掃除?洗濯?1歳でもできる家事お手伝い7選

1歳になったら子どもにできる範囲でお手伝いをさせてみましょう。力が必要だったり、危険をともなったりするものもあるので、最初は「安全かつ小さな範囲で可能なもの」からはじめてみることが大切です。

シンプルでわかりやすい作業から、一緒に少しずつやらせてみるとよいでしょう。できる範囲からお願いをして、徐々に幅を広げていくことがポイントです。

自分でやったほうが早いと思わず、子どもにも積極的にお手伝いをしてもらおうという意識を持つこと大切。そこで、今回は1歳児にもできるお手伝い7選をご紹介します。

スポンサーリンク

【1】テレビのスイッチのオン・オフをお願いしてみる

リモコン

最初は安全で、小さな範囲でできることからはじめることが大切です。例えばテレビのスイッチを、リモコンでオン・オフに切り替えることを子どもにお願いしてみましょう。

「ここのボタンを押すとテレビがついて、もう一回押すとテレビが消えるからね」ということをはじめに伝えておいてから、やらせてみましょう。このボタンを押せばテレビがつくと子どもも自然と覚えます。

こうして「安全で小さな範囲」でできることから、お手伝いをお願いしていくとよいでしょう

【2】できる範囲で食器洗いをお願いしてみる

食器洗い

食器洗いを手伝ってもらうことで、水を使う作業を覚えます。水道の蛇口をひねると水が出る、また、逆にひねると止まる、ということをしっかり教えてあげるところから始めましょう。水道の使い方や、「水で食器を洗えばきれいになる」ということを、お手伝いを通して覚えます

先ほどのテレビのスイッチをつける作業よりは少し難しくなりますが、ママがサポートをしてできる範囲の中でお願いをしてみましょう。できた時には少しオーバーにほめてあげることが大切です。

また注意点として、食器洗いはお皿を割ったりケガをしたりという危険もあります。最初はプラスチックの容器を洗ってもらうなど、子どもに危険がないように気をつけてあげましょう。

【3】お花に水をあげることをお願いしてみる

水やり

食器洗いで水にふれたら、今度は花の水やりをお願いしてみましょう。「私たちがごはんを食べて大きくなるように、お花さんは水で大きくなるんだよ」「お花にも命があるのよ」と伝えてあげ、ジョウロを使って花に水をあげてみましょう。

はじめは上手く水をやれない時もあるかもしれませんが、上手くできたらほめてあげましょう。「これでお花さんも元気になるね!」「きれいに咲くね」など、ママやパパが喜んでいる姿を見せてあげれば、子どもはもっと手伝いをしてみたくなるでしょう

合わせて読みたい

赤ちゃんの成長に感動!1歳健診では何をするの?
「うちの子もそろそろ1歳健診の時期。でも健診は“何のため”に“どんなこと”を“いつ”するのかしら?」という疑問を持つお母さん、お父さんは多いかもしれません。大人が定期的に健康診断をするように、赤ちゃんも、成長に合わせた健康診断が必要なのです。今回は赤ちゃんの「1歳健診」に注目し、その概要をま...

【4】ゴミ箱にゴミを捨てることをお願いしてみる

ゴミ捨て

子どもは落ちているものに興味を示します。ゴミが落ちていたら、「これはゴミ箱にポイしようね」とママが落ちているゴミを捨てるしぐさを見せてあげ、教えてあげましょう。

ゴミを捨てるという作業ができたら、今度は少しずつ広い範囲の掃除をお願いしてみることもおすすめです

【5】ほうきで掃く作業をお願いしてみる

ほうき

ゴミを捨てるという作業ができたら、今度はゴミを集めることに挑戦してみましょう。はじめは長い棒で遊んでいるような感覚で、少しずつ「ほうきは掃いてゴミを集めるものだよ」と教えてあげましょう

保護者がほうきを使って、ゴミを集めるしぐさを見せてあげるのもよいでしょう。ほうきでゴミを集めたら、ゴミを捨てる作業につなげて、できそうならゴミ箱へ捨てるところまで子どもにやってもらいましょう。

「ゴミを集めるのと捨てるの、両方できたね」とほめてあげるとより効果的です。

合わせて読みたい

ついに靴デビュー!失敗しない1歳児の靴の選び方はこれ!
「そろそろ靴デビューかな?」そんなとき、1歳児のママやパパが気になるのは、靴選びのポイントではないでしょうか。ファーストシューズはどんな形がいいか、サイズの余裕はどれくらいあればいいか、注意すべきことは何か……など、心配事は数知れず……。 今回は、1歳で靴デビューをする赤ちゃんに合った...

【6】掃除機をかけることをお願いしてみる

掃除機

食べ物やお菓子のかすが床に落ちてしまったら、「掃除機をかけてみよう」と掃除機を使ってきれいにすることを教えてあげましょう。

はじめはママが掃除機を使ってきれいにするお手本を見せてあげ、今度は子どもと一緒に掃除機を持って、二人で作業をしてみましょう。吸引力が強いと危険なので、掃除機は「弱」にして、子どもが一人で掃除機をかける時は保護者が近くで見てあげましょう

他にも、コロコロかけなどは小さく扱いやすいので、子どもも楽しみながらできる作業です。

【7】一緒に洗濯をしてみる

洗濯物

洗濯物を干す、取り込むという作業を子どもができそうな範囲でお願いしてみましょう。

保護者が洗濯物を干す時には今から干すものを子どもに渡してもらい、取り込む時には乾いた洗濯物を受け取って洗濯物カゴに入れてもらう、などのお手伝いをしてもらいましょう。慣れてきたら「タオルをとってくれるかな?」など、洗濯物を見せてあげながら物の名前も教えてあげることもできます

洗濯物のお手伝いに子どもが慣れてきたら、タオルなど簡単なものからたたむ作業も教えてみましょう。

おわりに

子どもがお手伝いをする時に大切なことは、楽しみながら作業をすることです。はじめは時間もかかるでしょうし、洗濯物がぐちゃぐちゃになったり、掃除が進まなかったりすることもあるかもしれません。

しかし、保護者の方も焦らずに、「これなら子どもも一緒に楽しみながら覚えられる」ということから、逆に家事の負担にならない範囲で教えていきましょう。そして、上手くできたらたくさんほめてあげることが大切です。子どもは、いろいろなお手伝いをする中で「新しいことができるようになった」「今までできなかったことが、できるようになった」という経験をします。

お手伝いの中で経験する「小さな成功体験」を大切に、安全かつ小さな範囲からできるお手伝いにチャレンジさせてあげましょう!

ピックアップ

【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選
1歳になるとハイハイからヨチヨチ歩きになり、転びながらも少しずつ歩ける距離が長くなっていきます。自己表現も始まり、うまく言葉にできない気持ちを全身で一生懸命に伝えようとします。 そんな風に、世界がぐんと広がるこの時期。子どもの感受性を育むためにも、素敵な絵本との出会いを贈ってあげたいで...

https://tamagoo.jp/childcare/nursery-school-kindergarten-nursery-difference/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
掃除?洗濯?1歳でもできる家事お手伝い7選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る