レゴランドジャパンってどんなところ?子どもと楽しむレゴランド

レゴランドジャパン
2017年4月にオープンしたレゴランドジャパン。レゴを思い切り楽しめるテーマパークなのですが、どんな場所なのか気になりますよね。レゴといえば子どもから大人まで楽しめるブロック型のおもちゃです。レゴで遊んでいた子どもなら絶対に楽しめるレゴランドジャパンについてご紹介します!

レゴランドジャパンは小さい子どもでも楽しめる遊園地

パーク内
2017年4月に名古屋にオープンしたレゴランドジャパンは、世界で8番目に作られたレゴのテーマパークです。レゴだけで作られているので、園内に足を踏み入れた時の景色は圧巻です。いつも子どもが作っている世界が実際に目の前に広がっていることは、大人も子どもも胸が高鳴ってしまう、子ども心をくすぐるテーマパークです。赤ちゃんのおむつを替えるスペースや、調乳用温水器なども備えついているので赤ちゃんや小さい子どもと一緒に楽しむことができるので、お母さんも安心です!

オブジェも建物もレゴでできている

レゴランドジャパンにある建物はレゴでできています。恐竜のオブジェもレゴでできているので、アトラクションで遊ぶ前に写真撮影などで時間を使ってしまうこと間違いなしです。子どもが遊んでいるサイズのレゴで作られているオブジェもあるので、遊びの参考にもなります。おもちゃ箱の中にいるようなワクワクした気持ちでテーマパークを楽しむことができます。

レゴランドの7つのエリアをご紹介!

レゴランドは7つのエリアに分かれていて、それぞれの楽しみ方があるのでご紹介します。

(1)ナイト・キングダム

遊園地エリアと呼ばれている場所で、ジェットコースターやメリーゴーランド、ゴーカートなど子どもが喜ぶエリアです。

(2)アドベンチャー

潜水艦に乗って本物の魚を見ることができる場所や、探検型アトラクションなどが楽しめるエリアです。普通の遊園地にはないアトラクションが多いので、子どもから大人まで楽しめます。

(3)ミニランド

東京や大阪の街並みをレゴで作り出したエリアです。クオリティが高いので、子どもから大人まで楽しめます。

(4)パイレーツ・ショア

レゴの海賊をモチーフにしたエリアです。スプラッシュ・バトルというアトラクションは、水の上で戦いを繰り広げるというもので、水の掛け合いなどができます。

(5)ブリックトピア

レゴでできたロボットを、実際のプログラミングを使って操作することができるというワークショップがあり、子どもから大人まで楽しめます。

(6)レゴ・シティ

映画館などがある、レゴの街です。レゴの街並みを楽しむことができる場所です。

(7)ファクトリー

レゴの工場見学ができる場所です。予約がなく、そこで出来たばかりのレゴブロックを貰えるので、子どもはとても喜ぶことでしょう!

屋内ショーや映画館は雨の日も楽しめる

テレビのCMでおなじみの「レゴニンジャゴー」の屋内ショーは、レゴを使った人形たちが犯人を逮捕するまでのお話を見ることができます。プロジェクションマッピングを使った最先端の屋内ショーは、クオリティが高いので子どもから大人まで楽しむことができます。また、レゴランド内に映画館があり、雨や風などの演出と一緒に映画を楽しめる4Dシネマもあります。ジェットコースターなどの乗り物は雨の日に乗れませんが、ワークショップエリアや、室内のアトラクションもあるので雨の日でも楽しめます。

合わせて読みたい

サンリオ・ピューロランドを赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめる周り方ナビ
サンリオ・ピューロランドを赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめる周り方ナビ
サンリオ・ピューロランドは、子どもたちが大好きなサンリオキャラクターがいっぱい、雨の日でも楽しめる全天候型の屋内テーマパークです。赤ちゃ...

インスタ映えするスポットも

インスタ映え
レゴランドジャパンは、レゴをメインに使っているので赤・黄色・青というような原色カラーが豊富に使われています。なので、どこで写真を撮ってもインスタ映えするものばかりです。特に、オブジェは大人が見ても驚くほど繊細に作られているので、ついつい記念撮影の回数が増えてしまいそうです。遊園地で遊ぶだけではなく、子どもと写真をたくさん撮りたくなるテーマパークです。

レゴランド中央の「ミニランド」は見ごたえ抜群!

レゴランドジャパンのメインは、中央にあるミニランドです。東京の街をレゴで作ったジオラマです。東京の街を繊細に描いていて、スカイツリーから東京タワー、フジテレビやレインボーブリッジなど、東京の各名所をレゴで作っているのです。夜景のライトアップもあるので、暗くなってからも見ごたえがあります。レゴブロックの大きさは普段おもちゃとして使っているものと同じなので、その繊細な出来にずっと見ていられるという声も。

各エリアで写真を撮りたくなるスポットがある

ナイト・キングダムという遊園地エリアでは、中世ヨーロッパをイメージしたレゴの城壁が出迎えてくれます。また、火をふくレゴドラゴンなど、アトラクション以外にも写真を撮りたくなる場所がたくさんあります。レゴランドジャパンの入り口もカラフルで可愛いので、ぜひ足を運んだ時には記念撮影をしてみてください。

合わせて読みたい

夢の国へ行こう!赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめるディズニーシーの回り方
夢の国へ行こう!赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめるディズニーシーの回り方
ディズニーシーはアルコールの提供もあることから、ディズニーランドと比べて大人なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しか...
20代後半。家族構成は妹と妹の息子です。大学卒業後機械メーカー勤務、その後ライターになるために脱サラ。現在は塾講師とライターで生活しています。教員免許中学・高校 数学理科を取得。子どもが自ら考えて成長できる場を作っていきたいと考えています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る