良ければシェアをお願いします。

夢の国へ行こう!赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめるディズニーシーの周り方

ファミリー

ディズニーシーはアルコールの提供もあることから、ディズニーランドと比べて大人なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、子どもが楽しめるアトラクションもありますし、「トランジットスチーマーライン」や「エレクトリールレールウェイ」といった蒸気船や高架鉄道は、広いパーク内を移動する手段にもなるので、子連れの方には最適なのです!今回は赤ちゃん・子どもと一緒に効率よく楽しめるディズニーシーの周り方をご紹介します。

スポンサーリンク

午前中は入場ゲート付近を周ろう!

午前中は「メディテレーニアンハーバー」「アメリカンウォーターフロント」「ミステリアスアイランド」を中心に周ります!まずは「海底2万マイル」のファストパスを取りましょう。人気の「トイ・ストーリー・マニア」は待ち時間が長いので、ファストパスが取れたら合間に挟むといいですよ。

イタリアの街並みに感動「ヴェネツィアン・ゴンドラ」

メディテレーニアンハーバーの「ヴェネツィアン・ゴンドラ」は、陽気なゴンドリエたちが漕ぐゴンドラで、ヴェネツィアを流れている運河を渡り、優雅でロマンチックな船旅が体験できます。撮影も自由となっているので素敵な写真を撮ることもできますよ。ハーバーにて行われるショーの関係で運営時間が異なるため、時間確認を忘れずに。

笑いが止まらない「タートル・トーク」

何を質問しても笑いに変えて返してくれる「タートル・トーク」のクラッシュは、ディズニーシーの爆笑王とまで呼ばれているほど。お客さんの質問に答えてくれるシステムなので、何度行っても違う話題が聞けて飽きが来ません。S.S.コロンビア号内の海底展望室の向こうを泳ぐクラッシュに、小さな子どもも感激!是非親子で楽しんでください。

驚異の冒険!「海底2万マイル」

本当に海の中に潜っている?と勘違いしてしまうくらいクオリティ高い「海底2万マイル」は日本限定アトラクション。小型潜水艇に乗って進む驚異的な海底の旅は、冒険好きな子どもにもとってもおすすめです!閉園間際はすぐに乗ることができますが、その時間は子連れではなかなか難しいのでファストパスを取って早めに楽しんでおきましょう。

合わせて読みたい

ハワイは除外!赤ちゃんと一緒でも快適に過ごせる海外旅行先5選
赤ちゃん連れで海外旅行なんて夢また夢…、と思っていませんか?しかし2歳未満なら航空運賃がかからない場合もあり費用を安く抑えられます。家族全員で長期のお休みが取れたら思いきって海外旅行にでかけてみませんか?赤ちゃん連れの海外旅行で注意したいポイントや持ち物、赤ちゃんに負担の少ない海外旅行先をご案内...

子連れランチにおすすめなレストランは?

子どもはお昼寝をする時間もあるため、ランチは時間を見て決めましょう。手軽に取れる軽食で済ませておくと次への移動もスムーズです。また、夜までいる場合はディナー予約をしておくのがベスト。混雑して夕ご飯を逃してしまうと帰り道に大変な思いをしますよ。

「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」

この地域一帯の開拓者の一員であったザンビーニ家が、ワインとオリーブオイルを代々作り続け、20世紀のはじめにザンビーニ家の3兄弟でオープンさせたのがここ「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」。アルコールドリンクや低アレルゲンメニューなどもあり、大人から子どもまで食事が楽しめるので、家族連れにもぴったりです!

ショーが観れる!「ケープコッド・クックオフ」

伝統的な料理大会「クックオフ」を基に作られた「ケープコッド・クックオフ」のメニューはどれも可愛いものばかり!料理を頼むとカップやプレート、ランチバック、スナックケースなどもセットで付いてきます。また、予約なしで「マイ・フレンド・ダッフィー」を観ることもできるので、「せっかくショーレストランを予約したのに子どもがお昼寝しちゃった!」なんてことからも避けることができますね。

エキゾチック!「カスバ・フードコート」

「カスバ・フードコート」はディズニーシーのカレー専門店!アラビアンコーストに位置するこのレストランは、ディズニー映画「アラジン」の空飛ぶじゅうたんが、王国中からカレーを運び込んできた特別なカレーを提供しているのです。本格的なカレーがリーズナブルな価格で楽しめるほか、低アレルゲンメニューのカレーライスもあるので親子で楽しめますね。

合わせて読みたい

子どもと一緒に映画鑑賞ができちゃう&託児所がある映画館6選
出産して育児が始まった途端、ママの行動範囲はぐっと狭くなってしまいます。お出かけといっても、近くの公園や児童館、子ども向けの設備が整ったショッピングモールくらいが関の山でしょうか? 映画もいつも家でDVD、となりがちですが、実はお子様ウェルカムや託児所付きの映画館がありますので、一息つきに行...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
夢の国へ行こう!赤ちゃん・子どもと一緒に楽しめるディズニーシーの周り方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る