服装も見られてる?保育園見学で気になる服装・持ち物

良ければシェアをお願いします。

洋服を探す女性

幼稚園の受験は親子揃って服装に気を使わなければならないので大変ですが、保育園の見学はそこまで気を使う必要はありません。認可を受けた保育園なら、その保育園の先生が個人の入園を決定するわけではなく、市区町村の役所で入園の可否が決まります。

とはいえ、あまりにラフすぎる服装は考えものでしょう。ではいったいどのような服装が適しているのか?見学時の持ち物は?といった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

見学でも服装には気を使った方がいいの?

保育園の見学がどのように行われるかによっても多少違ってきます。

個人で保育園に連絡を取り、特別に見学させてもらうことになった、という場合は、園長先生や主任先生の案内で説明を受けながらの見学という形になります。対面で説明されるような雰囲気のものなら、相応のカジュアル過ぎない服装が望ましいです。

また、園庭開放やつどいの広場といったイベントが、入園の申し込みが始まる前に、保育園の雰囲気を知ってもらうために催されます。それが見学を兼ねることとなり、入園希望の保護者達に一斉に説明ができる場で、保育園別に日程が異なっています。そのようなイベントでは子ども達と一緒に遊んだり、動き回ることがありますので動きやすい服装が良いでしょう。

好感の持てる無難な服装が応用範囲が広い

子どもたちと動いたり遊んだりするようなら綺麗めなデニムでも大丈夫です。細身のカラーパンツでも、フレアーパンツでも、だらしない感じにならずにきれいめに着こなせれば体形に合った物で十分です。

落ち着いたカットソーやアンサンブル、インナーにカーディガンなどの羽織りものを合わせてもいいですね。手持ちの服の組み合わせに迷ったら、流行りの白系のレース地のインナーがあれば、どんな色を合わせてもあらたまった雰囲気が出せるので便利ですよ。

パパは清潔感のある服装を心がけて

忙しいママに代わり、休日のパパがルームウェアのダボダボのスウェットでサンダル履きというスタイルで子どもを連れて登園することはありますが、見学ではやめておきましょう。暑くてもタンクトップにカジュアル過ぎるハーフパンツやショートパンツも、見学の場では避けた方がいいです。

無難なチノパンや、落ち着いた色のカラーパンツや普通のデニムで、ポロシャツやカラーシャツ、セーターや羽織りもの等で十分です。ネクタイやジャケットまでは必要ありません。この後会社に直行というのであれば、スーツでも作業服でも問題ありません。

合わせて読みたい

早生まれは保育園に入れない?保活に必要な4つの知識
保活とは、子供を保育園に入れるために保育園を探し、入園させるための活動のことをいいます。最近では、保育園の入所希望者が定員を上回ってしまい、入園できない待機児童が増えています。そのため、入園できなかったり、希望通りの保育園に入れなかったりすることが多く、入園するための保活が重要となります。 ...

見学で必要な持ち物はどんなもの?

特別に必要な持ち物があれば事前にお知らせがあります。イベントが告知されているホームページ、自治体の広報誌等に記載されているはずです。個人で見学を申し込んだ場合は、必要なものについてはその時に説明があります。

ペンやメモ帳は常に持ち歩こう

複数の保育園に見学に行く場合では、後から記憶があやふやになってしまうこともあります。その都度要点をメモ書きにしておきましょう。

園長先生の名前や、主任先生の名前も忘れずにメモしておくと、あとから疑問が出て電話で問い合わせる際にも話が早いです。

また、同じ市区町村の公立の保育園でも、園長先生の方針によりその保育園の雰囲気が異なることがあります。その時に感じた印象などもメモしておくと良いでしょう。その時の第一印象が保育園選びの決定打となることもあります。

スリッパか上履き、A4書類が入るバッグ

雨が降っていたりすると、園の中で子ども達と体を動かして遊ぶことになるかもしれません。スリッパでもいいのですが、動く時には上履きや、脱げないタイプの室内履き、底に滑り止めが付いているルームシューズが便利です。

入園案内や各種資料が入るA4サイズの封筒が入る大きさのバッグがあると、どこかに封筒を置き忘れることもありません。子どもが遊び疲れて歩いてくれずに抱っこして帰らなければならない場合は、手持ちの封筒が邪魔になってしまいます。

タオル、ティッシュ、そして子どもの着替え

タオルやハンカチ、ティッシュ等はお出かけの際の必需品でしょう。

季節にもよりますが、夏場の園庭開放などでは水を使った遊びをすることもあり、万が一濡れてしまった時の着替えがあると安心です。

また、園庭の砂場や遊具で遊んだり、汗をかいた後で室内に入る際、在園児が着替え始めることがあります。それを見て我が子も着替えなければならないものと思い真似をして着替えたくなることもあるでしょうし、そんな時のためにも着替えを一式持っていると良いですね。

おわりに

保育園の先生方は親の服装を採点するわけではありません。清潔感のある無難な格好で充分ですし、そのためにわざわざ購入することもありません。

しかし、あまりにも突拍子のない格好だとあまり良いイメージは持たれないはず。子どもにもどういうしつけをしているのか気になってしまう年配の先生もいるので要注意ですよ。

ピックアップ

認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い
小学校に入る前の子どもを育てながら、夫婦ともに仕事を続ける場合には、保育園に子どもを預けることになります。保育園には、「認可保育園」や「認可外保育所」の他に、「認証保育園」などがありますが、具体的な違いが分からないという方も少なくありません。今回は認可保育園と認可外保育所と認証保育園について...
年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
服装も見られてる?保育園見学で気になる服装・持ち物
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

保活の悩みについて・・・あわせて読みたい

早生まれは保育園に入れない?保活に必要な4つの知識
保活とは、子供を保育園に入れるために保育園を探し、入園させるための活動のことをいいます。最近では、保育園の入所希望者が定員を上回ってしまい、入園できない待機児童が増えています。そのため、入園できなかったり、希望通りの保育園に入れなかったりすることが多く、入園するための保活が重要となります。 ...
働く女性の味方、保活コンシェルジュとは?
今や「働くお母さん」は珍しい存在ではありません。働きながら子育てをしている女性は皆さんの周りにもたくさんいらっしゃると思います。そんな忙しいお母さんの救世主として登場したのが「保活コンシェルジュ」。保活コンシェルジュとは2013年に株式会社マザーネットによって誕生した新しいサービスです。しかし、...
保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。 しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申...
年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る