実母・姑と子育てで喧嘩?今と昔で子育ての一般論が違う!昔の子育てを勉強しよう

三世代

子どもを出産すると自分自身も母親になるわけですが、実母や姑にとっては可愛い孫の誕生となるわけです。そこで問題になってくるのが、実母や姑との喧嘩や言い争いです。自分の子どもだから自分なりに育てたい!そうは思っていても黙ってくれないのが実母だったり、姑だったり…。では、争いをなくすためにどうしたらよいのでしょう。まず、自分自身が昔の子育てを勉強してみるのもひとつの手段です。

スポンサーリンク

「産褥期」は家族の手を借りて過ごすのがよい

産後6~8週は、産褥期とよばれ体も心も無理をしてはいけない時期です。実母や姑の手を借りて乗り切るのがベストな方法です。良き支援者になってくれ、育児以外の身の回りのお世話をやいてくれるという方々がほとんどです。

実母や姑とトラブルになることがしばしば

ところが、良き支援者であるはずの実母や姑とトラブルになるといった人がたくさんいるのが現状です。では、なぜトラブルが起こるのでしょう。それは、、姑の年代とママとの年代では子育ての仕方が変わってきているという背景があるからです。実母や姑は、自らが体験した子育てを押し付けてくることがあります。何かにつけ、新米ママであるあなたにダメ出しをしてくることがあるので、あなたとの関係がぎくしゃくしてしまうといったことに繋がってきます。

どのようなことでトラブルになるのでしょう

トラブルは些細なことで起こります。授乳の方法や抱っこの仕方をはじめ、泣いているときの対応や離乳食を始める時期など・・・。例えば、あなたは完全母乳で育てたいと思っているのに、実母や姑がミルクを勧めてきたりという本当に些細なことです。普段なら聞き流せることも、産後気持ちに余裕のないあなたは聞き逃すことができなくなっているのが大きな原因でしょう。

実母の年代と自分の年代の子育ては違う

今は、インターネットという便利なものがあるので、育児で困ったことが出てきたときにすぐ調べることができます。実母や姑の時代は、そのまた姑や母から教わったことが全てと思いがちなのです。しかし、多くのママがインターネットで調べたりした最新の情報を活かしたいと考えているのが本音です。しかし、実母や姑の時代にもためになる育児法はたくさんあります。自分が勉強することで変わってくるかもしれません。

合わせて読みたい

ゆっくり休める?里帰り出産のメリット・デメリットを考える
産後は、自分の体力の回復と赤ちゃんのお世話があり、心配なことがたくさんあります。そのため里帰り出産を考えている妊婦さんも多いのではないでしょうか。一方で、里帰り出産するかどうか迷っている妊婦さんもいらっしゃると思います。そんな方に、里帰り出産をするメリットとデメリットはどんなことなのか、里帰り出...

トラブルを避けるためにはどうすればいいか

お互いに言い分があるのは事実です。どちらが正しいのか、これも一概には言えません。例えば、「夜はミルクにしたらどう?」と実母や姑が言ってきたとしましょう。あなたは、現代の育児事情から完全母乳にしたいと思っています。でも、裏を返せば「夜はミルク」というのは、夜まで母乳を上げるのは疲れるからと、あなたの体を気遣って言っていることが多いのです。

お互いに譲り合うことが重要です

トラブルを避けるためには、お互いの言い分をぶつけ合ったり、理解しようと努力することが重要になってきます。でも、育児でいっぱいいっぱいになっているあなたに理解するのは無理かもしれません。実母や姑が言っていたことを振り返れることができるのは、あなた自身が落ち着いてからになるでしょう。では、できることから始めてみませんか。

過干渉に対する過ごし方を身につけましょう

イライラする気持ちも分かりますが、そんなことでは体も心も休まりません。では、どうすればいいのでしょう。言葉というのは、使い方ひとつで大きな違いを生みます。「ありがとう。今はこのやり方でやってみるね。上手くいかないようならお母さんのアドバイスでやってみるね。」この言葉を言うだけで、事態は大きく変わってきます。

ママが得た知識を実母や姑に理解してもらうことも必要

逆に、あなたが知り得ている最近の育児方法を相手に理解してもらうことも必要です。一緒にパソコンやスマートフォンを見ながら、「今は、こうすることが多いんだよ~」と実母や姑に教えてあげるのもひとつの方法です。インターネット上に挙がっている今の育児事情は、現役ママさんたちの生の声です。それを教えてあげることによって「そうなのね」と古い考えを持った実母や姑も納得するかもしれません。

合わせて読みたい

尾木ママ以外にも!子育てで迷ったら子育て評論家の本を読んでみよう!
子育てを頑張るママは、どんなときに子育てについて悩むのでしょうか。初めての子育て、兄弟ができたとき、子どもの反抗期など、きっかけはさまざまです。昔は、子育てについての悩みを発信することができないママが大勢いました。現在は様々な子育て論が議論されその数だけ子育て評論家も存在します。ぜひ子育てに...

感謝することを忘れてはいけません

育児で忙しいからといって、感謝する気持ちを忘れないようにしましょう。過干渉が煩わしいと思っていても、実際に、育児以外の部分で助けてもらっているのは事実なのです。「ありがとう」の言葉と気持ちは大切です。

子どもにとって祖母は利益をもたらす存在

姑とぎくしゃくし始めたら、職場の上司と接していると思うようにするのもいいかもしれません。義理の親は、あなたにとって敵のように感じてしまうかもしれませんが、子どもにとってはこれから先、利益をもたらす大切な存在であることは確かです。ある程度の干渉は仕方がないと受け流すようにしてみるのも手段のひとつです。

実母や姑の過干渉はいつまで続くの

孫に対する祖母の過干渉は、ずっと続くわけではありません。子どもたちに自我が芽生えてくると、関係性も変わってきます。親の言うことも聞かなくなってくる多感な時期は、無論おばあちゃんの思い通りにもなりません。七五三を迎える辺りから、干渉も減ってくるといわれています。もう少しの我慢だと思えば、気持ちはずいぶんと楽になることでしょう。

以上のことから踏まえていえることは・・・

過干渉してくる相手に反論すると喧嘩になるので、自分のことを想って言ってくれていると頭に置いておきましょう。口出しされていると捉えずに、アドバイスをしてくれていると思うようにしてみてください。歩み寄ることは大事です。昔の育児を少し勉強するのもよいことですね。感謝の気持ちは忘れず、言葉にして「ありがとう」を言ってみましょう。自分の育児に対する思いや意見を伝えてみるということもキーポイントです。

おわりに

いかがでしたか?が崩れている時期なので、イライラする気持ちも分かりますが、そこは我慢です。自分たちの親世代の育児方法と現代の育児方法では、ずいぶんと違っているのが現実です。上手くやっていくためには、お互いの折り合いが合うように意見を出し合うことも大切なことですね。

ピックアップ

高齢出産だと子育てと親の介護が同時にくる!?
高齢出産というと出産年齢ばかりに目が行きがちで、他のことを見落としがちです。出産年齢が高い=親も高齢ということにも目を向けなければなりません。 近年、女性の社会進出などもあり高齢出産は珍しいことではありません。しかし、そこに子育てと親の介護のダブルケアの問題に直面している人たちも急増していると...
やっぱりおしゃれなものを揃えたい「GOOD DESIGN AWARD2016」に選ばれた子育てグッズを発表!
よいデザインとして認められた商品に経済産業省から贈られるグッドデザイン賞。今年も数多くの商品が受賞しています。ここでは育児グッズもオシャレなもので揃えたい!というママのために、GOOD DESIGN AWARD2016で受賞した商品をご紹介します。デザインだけでなく機能性も高い商品が多いので...
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...
ワンコに囲まれながら自由気ままな生活を送っています♪

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
実母・姑と子育てで喧嘩?今と昔で子育ての一般論が違う!昔の子育てを勉強しよう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る