「 早産 」のお役立ち記事一覧

早産
早産に関してのお役立ち記事を紹介しています。赤ちゃんはおよそ十月十日という期間を経て生まれてきます。できれば、この10ヵ月は母体の中で過ごすことが赤ちゃんにとっては理想とされていますが、何らかの理由によって早めに生まれてくる場合も。これがあまりにも早すぎると、十分な成長が見込めないため時には危険な状態になってしまうこともあります。早産に関する知識を正しく身に付けて、対策ができるようなら早めに手を打っておきましょう。

米の研究結果!妊娠中のつわりが流産リスクを低くしてくれるらしい!

米の研究結果!妊娠中のつわりが流産リスクを低くしてくれるらしい!

一般的に、流産は約8~15%の確率で起きると言われています。 2016年9月26日、米国立小児保健・人間発達研究所から『妊娠期間中にある吐き気やおう吐に胎児保護の作用がある可能性』について発表がありました。これは、妊娠早期に経験するつわりが流産リスクを軽減させているという内容です。 ...

すぐに食べるのをやめたほうがよい!妊娠中に絶対食べてはいけないもの

すぐに食べるのをやめたほうがよい!妊娠中に絶対食べてはいけないもの

妊娠中の女性の体はとてもデリケートです。そのため、普段は気にせず食べられるものでも母体の健康や赤ちゃんの成長に影響を及ぼす食べ物が多くあります。今回は、妊娠中に食べてはいけないものとその食べ物にどんな影響があるのかを紹介します。 健康的なマタニティライフを過ごすためにも食べるものに気をつけ...

高齢出産だと更年期が辛くなくなるって本当?

高齢出産だと更年期が辛くなくなるって本当?

高齢出産が増えている現代において、更年期障害と高齢出産の関係もいろいろな噂を耳にします。本当に高齢出産と更年期障害についは関係があるのでしょうか?そもそも更年期の辛さというのは、辛くて寝込んでしまう方もいれば、特に気にならない人もいるという具合に、個人差のあるものです。今回は高齢出産との関連につ...

早産に関するQ&A 教えて!たまgoo!

早産に関するQ&A 教えて!たまgoo!

出産予定日より早く生まれてきてしまう早産。そのため母子ともに危険な状態になってしまうことも少なくありません。現代医療によってすくすくと育つことも増えてきましたが、小さく生まれてきた赤ちゃんは発育などの心配がともなってきます。 たまgoo!では...

危険!妊娠後期の出血の原因と病気についての基礎知識

危険!妊娠後期の出血の原因と病気についての基礎知識

妊娠中は不安なことがたくさんありますね。中でも心配なことは「出血」です。今回は妊娠後期に起きる出血に焦点を当てて解説していきます。「この出血は大丈夫なの?それとも危険なの?」という疑問を徹底解決!「私は大丈夫かな?」と不安に思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 妊娠後期の出血原...

赤ちゃんのために飲酒はストップ!胎児性アルコール症候群の症状や特徴・治療法まとめ

赤ちゃんのために飲酒はストップ!胎児性アルコール症候群の症状や特徴・治療法まとめ

お腹の中にいる赤ちゃんは、胎盤を通してお母さんから栄養を受け取っています。お母さんがお菓子を食べればその栄養、タバコを吸えばその影響が赤ちゃんにも伝わります。つまり、お母さんがお酒を飲む=赤ちゃんがお酒を飲むということになるのです。今回は妊娠中の方が飲酒することにより、発症してしまう胎児性ア...

肌の乾燥・冷えがつらい!妊婦さんの快適な冬の過ごし方

肌の乾燥・冷えがつらい!妊婦さんの快適な冬の過ごし方

妊婦さんにとって冷えはよくないという事を聞いたことはありませんか?どうして妊婦さんにとって冷えはよくないのでしょうか?夏の暑い時の妊娠も大変ですが、冬の冷えは妊娠中にはとてもツライものです。 さらに冬は乾燥の季節でもあります。冷えと乾燥を防いで快適に妊婦生活を過ごしたいですよね。今回は冷え対策...

もしも切迫流産になったら…気になる入院の費用・期間まとめ

もしも切迫流産になったら…気になる入院の費用・期間まとめ

妊活をしている人、もしくは妊娠中の人にとっては、非常に不安になるキーワードがあります。それが「流産」です。そしてそれに繋がるものとして、「切迫流産」があります。今回はこの「切迫流産」について見ていきます。切迫流産は流産とはどう違うのか、どんな対処が必要なのか、そして入院するとしたらその費用や...

臨月前にやっておきたい、子宮口を柔らかくする3つの方法

臨月前にやっておきたい、子宮口を柔らかくする3つの方法

いよいよおなかの赤ちゃんとのご対面ももうすぐ。でも、出産で長い時間痛い思いをしたくはないですよね。完全に楽なお産はないにしても体力的、気持ち的に多少なりともリラックスして出産に臨めたらどれだけ嬉しいでしょう。 そこで今回は子宮口を柔らかくして出産がスムーズに臨めるような方法をご紹介します。 ...

40代、二人目の高齢出産で気を付けたいポイントとは

40代、二人目の高齢出産で気を付けたいポイントとは

一人目を高齢出産しての二人目や年の離れた兄弟での二人目など、40代で第二子を出産することが増えています。 一人目の時に比べれば妊娠・出産の知識も経験もありますが、高齢出産である以上たとえ二人目だとしても不安はいろいろありますよね。今回は不安を解消すべく、40代での二人目出産で気を付けたいポイン...

トップへ戻る