母乳バンクって何?早産で生まれた赤ちゃんを救う一筋の光

スポンサーリンク

新生児のイメージ

早産などで未熟児として生まれた赤ちゃんは、正常出生体重で生まれた赤ちゃんに比べ様々なさまざまな感染症や合併症のリスクが高くなります。母乳はそんなリスクを軽減してくれるものとして知られていますが、事情によりママの母乳を与えることができない場合もあります。母乳を必要としているのにママの母乳を飲むことができない、小さな赤ちゃんのために、日本の母乳バンクは始まりました。

日本でも始まった「母乳バンク」とは

欧米では長い歴史を持つ母乳バンクですが、日本での母乳バンクの歴史はまだまだ日が浅く、2014年に日本初の母乳バンクが昭和大学江東豊洲病院で実働をし始めたばかり。そもそも、母乳バンクとはいったいどういう制度で、何を目的としているのでしょうか。

母乳が不可欠な赤ちゃんに母乳を届ける母乳バンク

母乳バンクとは、あらかじめドナー登録したママが母乳を預け、母乳を必要とする赤ちゃんに供給する制度です。母乳バンクでは、感染症の有無や喫煙・飲酒歴などを確認し基準をクリアできたドナー希望者の母乳をドナーミルクとして低温殺菌後冷凍保存し、母乳を必要とする赤ちゃんに供給するという仕組みになっています。現在、母乳バンクは北米やヨーロッパ、アジアの国々を中心に設置されており、今後もその数は増えていく見込みです。

昔からあった「もらい乳」とそのリスク

赤ちゃんに母乳をあげられないママに代わって母乳をあげる行為は、世界各地で昔から行われてきました。日本でもかつて高貴な身分の人には乳母がついたり、庶民の間でも母乳が足りない場合はもらい乳をしたりしながら育てるのは珍しいことではありませんでしたが、近年になって、母乳を介して感染する感染症の存在が知られるようになり、現在ではその危険性が指摘されています。

日本初!昭和大学江東豊洲病院 母乳バンクの取り組み

現在、日本で唯一の母乳バンクが置かれている昭和大学江東豊洲病院では、低体重児として生まれ同病院のNICU新生児集中治療室(NICU)に入院中の赤ちゃんのために、母乳バンクが利用されています。公的なガイドラインも無い中、ドナーや利用者を限定的にすることで高い安全性を確保していますが、全国にも母乳を必要とする低体重で生まれた赤ちゃんがおり、その普及が待たれるところです。

合わせて読みたい

母乳がでない?今すぐ試したい母乳育児、五つのコツ
母乳育児が推奨される理由は、たくさんあります。母乳には赤ちゃんに必要な栄養が豊富に含まれていることはもちろん、乳幼児突然死症候群(SID...

低体重の赤ちゃんに母乳が有用な理由

母乳育児は、赤ちゃんにとって多くのメリットがあることで知られていますが、低体重で生まれた赤ちゃんにとっては、母乳が与えられるかどうかが生存にとっての大きなカギとなる場合すらあると言われています。優れた人工ミルクも開発される中、なぜ母乳がそこまで重要視されるのでしょうか?

母乳が赤ちゃんにもたらす好影響

母乳には赤ちゃんが成長するのに必要な栄養はもちろん、赤ちゃんの健康を守るための成分が含まれています。特に、出産後の数日間のみ分泌される色が濃くドロッとした初乳は、赤ちゃんの粘膜を細菌やウイルスから守るIgA抗体や免疫力を高めるラクトフェリンなどの物質を多く含み、生まれたての赤ちゃんを感染症などから守る働きをしています。

人工ミルクも要因のひとつ?壊死性壊死(えし)性腸炎

壊死性壊死(えし)性腸炎はその名の通り、何らかの原因で傷ついた腸壁に細菌が侵入し腸が壊死してしまう壊死(えし)してしまう病気で、生後1週間程度の新生児、特に1,000g以下の赤ちゃんに起こる可能性が高いと言われています。原因は完全には解明されていませんが、可能性のひとつとして人工ミルクの摂取があげられており、予防のためにも母乳が推奨されています。

母乳バンクが希望の光となるとき

母乳の有効性を知って「低体重で生まれた赤ちゃんのためになんとしても母乳を飲ませたい」と強く望んでも、ママ自身の体調や母乳の分泌状況によっては母乳をあげられないこともあります。現在ほとんどの場合は、リスクを承知の上で人工ミルクを使うことになりますが、母乳バンクがあれば安全な母乳を赤ちゃんに与えることができるようになるのです。

合わせて読みたい

母乳とミルクの違いとは?
赤ちゃんが生まれてはじめて口にする母乳について、妊娠中の方なら一度でも考えたことがあると思います。 「ちゃんと母乳は出てくれるだろうか...
7歳の男の子と4歳の女の子の母です。試行錯誤の子育てですが、子ども達に成長させてもらっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
母乳バンクって何?早産で生まれた赤ちゃんを救う一筋の光
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る