妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?

良ければシェアをお願いします。

クリームを手に取る女性

赤ちゃんを授かることは、この上ない喜びに違いありません。しかし、その喜びも束の間、妊娠4~5ヶ月目からはじまる急激なお腹の膨らみや胸のハリによってができてしまうなんてことも。

「妊娠線ができないように予防したいけど、普段使いのボディクリームじゃダメ?」

妊娠線は一度できてしまうと消すのが難しいため、今回ご紹介する妊娠線予防「妊娠線クリーム」と「オイルマッサージ」をぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

そもそも妊娠線ってみんなできるの?

考える女性

妊娠線は、主にお腹やバスト、太ももなどによく現れます。原因としては、妊娠中に通常の1.7倍も大きくなると言われるお腹の収縮に、皮下組織が追いつかず断裂が起こるためです。

妊娠線は、別名を「ストレッチマーク」とも呼びます。その由来は、表皮・真皮・皮下組織が伸びる、という現象を指してのことだそうです。

妊娠線は、皮膚の表面に赤紫色で浮かび上がり、しばらくすると白くなり定着します。見た目を気にして、水着を着ることができなくなったという方も多く、妊婦さん達の永遠の悩みとなっています。

妊娠線ができない人もなかにはいるようですが、妊婦であれば必ずといっていいほど気をつけたいポイントです。

合わせて読みたい

妊娠線は消すことができる!?予防法と対策術を大公開!
妊娠すると気になることの1つに「妊娠線」があります。何も妊娠線予防をしないまま出産を迎えてしまい、産後落ち着いた頃に妊娠線の多さに愕然とするケースが多いようです。それでは実際に、どのような方法で妊娠線を予防できるのでしょうか? 今回は、妊娠線の予防法と対策術を一挙大公開!ここでご紹介する方法を...

妊娠線のできやすい人

1. 乾燥肌の人

お肌に柔軟性があるほど、お腹が突っ張っても対応することが可能です。元々乾燥肌であるという人は、皮下組織の収縮に耐えられず、どうしても亀裂ができやすくなります。

ただ、先天的な体質ももちろん大きいのですが、妊娠によるホルモンバランスの崩れも原因のひとつです。

つまりは、誰でも予防や対策が必要になってくるということですね。普段から保湿や血行促進のために、マッサージなどをしてみましょう。

2. 体重が急激に増加した人

妊娠初期のつわりが原因で食欲が減ってしまった人も、半年を越えた安定期に入ると食事がおいしく感じられます。体調の変化から、今まではさほど好きでもなかった料理に興味が出るなど、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

そういった食生活の変化が、体重の増加につながるのです。産婦人科での定期検診で、しっかりと体重の増減を把握し、なおかつウォーキングなど適度な運動を取り入れましょう。

3. 出産経験のある経産婦さん

過去に出産を経験している人は、前回の妊娠時に出てしまった妊娠線の箇所をしっかりと把握しておきましょう。その場所は皮下組織が疲弊していることもあり、再度線ができやすい箇所になります。

また、数度同じ場所に妊娠線ができることで、どんどん跡が目立ってきてしまうという弊害もあります。

4. 双子などの多胎妊娠の人

1人の赤ちゃんを生むことだけでもお腹は大きく張り出し、子宮も大きくなります。ましてや、双子や3つ子ともなるとそれ以上の強い力で皮膚が張りますから、より一層妊娠線ができるリスクが生じるというわけです。

多胎妊娠の人は、特に妊娠中期以降、妊娠線がどこにできているかというチェックを行い、早めのケアを心がけてください。

合わせて読みたい

妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかの中の赤ちゃんが愛おしく感じるものです。しかし、急激に大きくなるおなかに皮膚が引っ張られて裂けたような線が出てきてしまうことがあります。これが「妊娠線」です。 これまで大丈夫だったからと油断していると、急...

妊娠線の具体的な予防方法

妊娠線は一度できてしまうと、消すのがとても大変です。ですから、可能な限りケアを行って妊娠線を作らないようにするという予防が重要になってきます。

前述では、妊娠線ができやすい人、また、できやすい箇所について触れてきました。ひとつでも当てはまるポイントがあるという方は、今回ご紹介する妊娠線の予防方法を是非実践してみてください。

1. 妊娠線予防専用クリームを使いましょう

妊娠専用クリーム

妊娠線ができる原因としてもっともはっきりしている理由は、体重の増加と乾燥肌の2つです。どちらも皮膚がつっぱることで亀裂が入ってしまうという共通点があります。

この予防には、自分の体に合い、なおかつ良質な妊娠線専用クリームを使用することで、かなりの効果が期待できます。ここでは、クリームを選ぶポイントを紹介します。

【ポイント1】高保湿であること

なによりも大切なのは、やはり保湿力に優れていることです。そして、有効成分も妊娠線ができる箇所に効きやすく、長時間効果が持続することが大事になります。

保湿効果の高い成分は主に、ヒアルロン酸・コラーゲン・シアバター・セラミドなどが挙げられますが、それに加え、肌の奥に深く浸透するシラノール誘導体も最近では注目を集めている有効成分です。

クリームを選ぶ際には、この辺りの成分表もしっかりとチェックしてみてください。

【ポイント2】香りが強すぎないこと

安定期に入るまでは、つわりなどの原因により食欲が無くなってしまうなど、普段は特に気にならないような香りにも敏感に反応することがあります。一度気に入らないと感じてしまうと、余計なストレスを抱えてしまうかもしれません。

ローズの香りやアロマの香りなど、パッケージに明記されている情報も参考に選んでみてください。

【ポイント3】肌に優しい製品を選ぶ

妊娠中の敏感肌にも安心して使用することができる製品選びも重要です。合成香料や合成着色料などは使用されていないオーガニックコスメ等が最適だと言われています。無添加で低刺激というポイントで選ぶとよいでしょう。

妊娠線予防専用クリームのおすすめはこちら!

葉酸配合+美容成分たっぷりの【ベルタ妊娠線クリーム】
妊娠中のママのため、妊娠線ケアを今から始めてほしい。できちゃった妊娠線どうしよぉって悩む前に今ママができる事。 ベルタ妊娠線クリーム公式サイトへ移動中です。しばらくお待ちください。 ページが移動しない場合は、 こちらをクリックして移動してください。 ...

2. オイルマッサージをしましょう

マッサージをする女性

オイルなどを使ったマッサージも、妊娠線の予防に効果を発揮します。実践する時期としては、安定期に入る4ヶ月目の後半から5ヶ月目が良いでしょう。お腹やバストなど、妊娠線の出やすい箇所を重点的に揉み込むことがポイントです。今回はもっとも代表的な、お腹の妊娠線へのマッサージ方法を紹介します。

STEP1.オイルを手に取り体温に近づけるように温める
STEP2.おへそを中心に円を描くように広げる
STEP3.上下へとなでるようにマッサージを繰り返す
STEP4.最後にお腹の内側から外側へと優しくマッサージする

おわりに

妊娠線は妊婦さんにとって本当にやっかいなものですよね。結論としては、妊娠中からのケアが何よりも大切であるということです。一度深い妊娠線が出来てしまっては、目立たなくすることも難しいため、今回ご紹介した妊娠線クリームやオイルマッサージを用いた予防方法を参考に、少しでも妊娠線の問題が軽減されれば幸いです。是非お試しください。

ピックアップ

大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...
妊娠中におすすめなアロマリラックス法3選
マタニティブルーという言葉があるように、妊娠中はストレスや疲れが溜まりやすい時期です。気軽に薬を飲むこともできないため、ちょっとした体調の変化に不安を抱える妊婦さんも多いようですね。そんな時はアロマテラピーの香りで心身ともにリフレッシュし、不調を緩和してみてはどうでしょうか。良い香りに包まれて自...
産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中期(5~7ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
女の子or男の子?赤ちゃんの性別が判断できるのはいつ?
妊娠してまず気になることは、赤ちゃんの性別ではないでしょうか。昔は妊娠中に性別を判断する術がなかったため、お腹の形や母体の顔つきの変化などで推測するしかありませんでした。しかし、近年は超音波機器の発達により、妊娠中に赤ちゃんの性別を判定することができるようになったのです。では、実際にいつ頃から性...
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...
安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...
子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ
体にさまざまな変化が起こる妊娠中の病気として「子癇発作」があります。場合によっては命にかかわる症状もあるとても恐ろしい病気です。それらの症状が「いったいどんなもので」「どんなことが原因で起きて」「どんな症状になって」「そしてどんな治療方法があるのか」を知っておくことで、冷静に慌てずに対処でき...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る