妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?

スポンサーリンク

クリームを手に取る女性

赤ちゃんを授かることは、この上ない喜びに違いありません。しかし、その喜びもつかの間、妊娠4~5カ月目からはじまるおなかの膨らみや胸の張りによって妊娠線ができてしまうなんてことも。

「妊娠線ができないように予防したいけど、普段使いのボディークリームじゃダメ?」

妊娠線は一度できてしまうと消すのが難しいため、今回ご紹介する妊娠線予防「妊娠線クリーム」と「オイルマッサージ」をぜひ実践してみてください。

そもそも妊娠線ってみんなできるの?

考える女性

妊娠線は、主におなかやバスト、太ももなどによく現れます。原因としては、妊娠中に通常の1.7倍も大きくなるといわれるおなかの収縮に、皮下組織が追いつかず断裂が起こるためです。

妊娠線は、別名を「ストレッチマーク」とも呼びます。その由来は、表皮・真皮・皮下組織が伸びる、という現象を指してのことだそうです。

妊娠線は、皮膚の表面に赤紫色で浮かび上がり、しばらくすると白くなり定着します。見た目を気にして、水着を着ることができなくなったという方も多く、妊婦さんたちの永遠の悩みとなっています。

妊娠線ができない人もなかにはいるようですが、妊婦であれば必ずといっていいほど気をつけたいポイントです。

合わせて読みたい

妊娠線は消すことができる!?予防法と対策術を大公開!
妊娠すると気になることの一つに「妊娠線」があります。何も妊娠線予防をしないまま出産を迎えてしまい、産後落ち着いた頃に妊娠線の多さにがくぜ...

妊娠線のできやすい人

1. 乾燥肌の人

お肌に柔軟性があるほど、おなかがつっぱっても対応することが可能です。元々乾燥肌であるという人は、皮下組織の収縮に耐えられず、どうしても亀裂ができやすくなります。

ただ、先天的な体質ももちろん大きいのですが、妊娠によるホルモンバランスの崩れも原因のひとつです。

つまりは、誰でも予防や対策が必要になってくるということですね。普段から保湿や血行促進のために、マッサージなどをしてみましょう。

2. 体重が急激に増加した人

妊娠初期のつわりが原因で食欲が減ってしまった人も、半年を越えた安定期に入ると食事がおいしく感じられます。体調の変化から、今まではさほど好きでもなかった料理に興味が出るなど、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

そういった食生活の変化が、体重の増加につながるのです。産婦人科での定期検診で、しっかりと体重の増減を把握し、なおかつウォーキングなど適度な運動を取り入れましょう。

3. 出産経験のある経産婦さん

過去に出産を経験している人は、前回の妊娠時に出てしまった妊娠線の箇所をしっかりと把握しておきましょう。その場所は皮下組織が疲弊していることもあり、再度線ができやすい箇所になります。

また、数度同じ場所に妊娠線ができることで、どんどん跡が目立ってきてしまうという弊害もあります。

4. 双子などの多胎妊娠の人

1人の赤ちゃんを産むことだけでもおなかは大きく張り出し、子宮も大きくなります。ましてや、双子や三つ子ともなるとそれ以上の強い力で皮膚が張りますから、より一層妊娠線ができるリスクが生じるというわけです。

多胎妊娠の人は、特に妊娠中期以降、妊娠線がどこにできているかというチェックを行い、早めのケアを心がけてください。

合わせて読みたい

妊娠線予防に高い効果を発揮する、専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかのなかの赤ちゃんがいとおしく感じるものです。し...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る