妊婦は要注意!春の紫外線は徹底的にUV対策を!

スポンサーリンク

UVケア

ここ最近は美白ブームであり、だれもが紫外線の対策に対しての関心を持っていると思います。どの年代の人であっても紫外線によって、肌はダメージを受けてしまいますが、実は妊婦はホルモンバランスの変化によってしみ、そばかすなどできやすいので特に注意が必要です。特に春は一年中で一番紫外線が多い時期と言われています。その為にしっかりと対策をしたいですね。

紫外線に妊婦が特に気をつける必要がある理由

妊娠したからといって、なぜ今まで以上に紫外線に対して気をつけなければいけないのでしょうか。妊娠すると、つわり等の明らかな体調の変化の他にも、見た目には分からないレベルでの身体の変化がたくさん起きて紫外線の影響を受けやすくなっているのです。妊婦に起こる身体の変化を紹介します。

ホルモンバランスの変化による肌への影響

妊娠することにより妊娠前と比べるとホルモンバランスが変化をします。特に女性ホルモンのうちの「プロゲステロン」が急激に増えるのです。このホルモンバランスの変化でつわりが起きたり情緒不安定がちになるほか、お肌にも影響を与えるのです。それまでは普通肌であった人も敏感肌へと変わってしまっている可能性があるのです。「わたしは肌が強いからどのタイプの化粧品でも大丈夫」と思っていた人が、妊娠すると急に今までのものが肌に合わなくなり敏感肌用のものしか使えなくなる場合もあります。

妊娠中に浴びてしまう紫外線の影響

敏感肌以外にもお肌への影響はあります。それはシミです。シミの原因の多くは、紫外線が肌の奥に存在するメラノサイトにまで届き吸収されることによって発生するメラニン色素です。長時間もしくは強い紫外線を浴びると、メラニンの生成が活発化します。肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、メラニンが肌に残ってしまいシミになってしまうのです。妊娠によって増える「プロゲステロン」はこのメラノサイトを刺激するので、普段よりもメラニンが生成されシミになりやすくなってしまうのです。妊婦は紫外線に対する感受性がそうでない人よりも強いといえるのです。

免疫力の低下に対しても注意が必要

妊婦が紫外線に影響を受けやすいということがわかりました。そしてその紫外線の影響のうち、特に注目されているのが免疫力の低下であると言われています。人の皮膚には、ウイルスや化学物質などの侵入を感知できるセンサーの役割をするランゲルハンス細胞という細胞があり、人の免疫システムを担っています。紫外線を浴びることで活性酸素が発生しその細胞が傷つけられてしまうことで免疫力が弱ってしまうのです。妊娠をしてお腹にいる赤ちゃんを異物として身体が攻撃をしないようにと免疫力の落ちている妊婦には特に注意が必要になるのです。

合わせて読みたい

【妊娠19週】妊娠期間の折り返し!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ
妊娠19週といえば安定期にも入り、おなかの中の赤ちゃんも日々猛スピードで成長を続けていますが、成長の度合いに個人差が出てくる時期でも...

紫外線対策のおすすめの実践方法

妊娠していなくても普段から紫外線対策をしてる方もいらっしゃると思います。ただ、実はあまり気にしていなかった!ということやこれはやっていなかった!ということがあるかもしれませんので、改めて一度チェックしてみて下さい。

紫外線からしっかりと身を守ること

誰にでも一番簡単に行うことができるのが、服や帽子、その他紫外線対策グッズを活用してしっかりと紫外線から身を守る方法です。例えば、頭や顔面であればサングラスやつばが広い帽子といったもの、さらにはUVカットの服や手袋などがありますね。最近では紫外線を100%カットしてくれる日傘もあるので、それを使うのもおすすめです。

紫外線を過度に浴びすぎないこと

紫外線から身を守ることはもちろんですが、とにかく無駄な紫外線を浴びないようにすることも大切です。胎児に必要なビタミンDは日光の働きによってできると言われているため、日光浴を積極的におこなっている方もいるかもしれませんがやりすぎは禁物です。日光浴は夏は10分、冬は30分を目処にしましょう。日光浴以外にもビタミンDを多く含む食べ物で摂取するのも良いです。ビタミンDはサケやイワシの丸干しなどの魚や干し椎茸に多く含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収を手助けしてくれるので胎児や妊婦の歯や骨に良いビタミンですよ。

日焼け止めクリームで日よけをおこなう

UVカットの服を使用する、日よけアイテムをプラする、日光を浴びすぎないようにする、という対策で日よけをおこなうことは大切ですが、それでも必ず全ての紫外線をカットできるわけではありません。紫外線は服や紫外線カットアイテムを通過したり、直接当たらなくても地面に反射したりなどして肌にダメージを与えてきてしまいます。そこでやはり使った方がいいのが日焼け止めになります。敏感肌にもなりやすいし妊娠中だから使わないほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、それは間違いです。きちんと正しく使えば紫外線から肌を守ることが出来るのです。

合わせて読みたい

【妊娠5カ月】妊婦の状態は?おなかの大きさ、胎動、食欲は?
妊娠5カ月から妊娠中期、安定期に入ります。つわりがおさまり食欲が戻るに従って体調のよい日が増えてくるでしょう。おなかがふっくらと大き...
わんことうさぎと共にわいわい暮らしている主婦です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦は要注意!春の紫外線は徹底的にUV対策を!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る