妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために

温泉
赤ちゃんが生まれるとゆっくり温泉でくつろぐのはちょっとむずかしい…だから妊娠中に温泉で癒やされたい、と思うことありませんか。
いろいろな効能がある温泉ですが、妊婦さんが入浴しても問題ないのでしょうか?今回は妊婦が安全でかつ楽しい温泉旅行になるポイントをご紹介いたします。

妊婦さんは温泉に入れる?

妊婦さんの外出
妊娠中に温泉に入ることによって、妊婦さんや赤ちゃんになにか影響があるのでしょうか。

温泉法の改正による認識の見直し

結論からいうと、妊婦さんが温泉に入ることは問題ありません。
実は数年前まで、妊婦さん(特に妊娠初期と妊娠後期)が温泉に入ることは避けるべき、と環境省の温泉法に記されていました。しかし2014年の改正で、妊婦さんが温泉に入ることが禁忌の項目から削除され、現在では問題なく温泉に入れるようになっています。

なぜ妊婦さんの温泉入浴がよくないとされていたか

妊婦さんの温泉が禁忌事項になっていることに、科学的な根拠はありませんでした。妊婦さんが温泉を避けた方がよい理由として、温泉そのものが妊婦さんに悪影響を与えるというよりも、つわりや貧血、身体が重いなど妊婦さんの身体に配慮されたものであったようです。

合わせて読みたい

マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿9選【関東編】
マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿9選【関東編】
関東は知る人ぞ知る温泉の穴場なんです!関東圏内に住んでいれば、車で気軽に出掛けられる関東の温泉宿は、妊婦さんの体の負担になる移動が短...

妊婦さんが温泉に入るときの注意点

温泉で転ぶ
温泉で得られるリフレッシュ効果は、マタニティブルーの解消につながったり、血行が促進され冷え性の解消につながったりと、たくさんのいい面があります。ここでは、より安全に温泉を楽しめるよういくつかの注意点をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

温泉に入る時期

妊婦さんが温泉に入ることは問題ありませんが、できたら安定期に入るのがおすすめ。妊娠初期はつわりがあり流産の危険も高いです。妊娠後期はおなかが大きく転倒の危険があります。体調が落ち着いている安定期なら、温泉も楽しめるでしょう。

長時間の入浴は避ける

妊娠中の長湯は、のぼせや貧血といった症状を招きやすくなります。複数回入浴することについては問題がないので、1回の入浴時間は疲れない程度にしておきましょう。目安としては、1回の入浴を15分以下に抑えたいところです。
また、温泉にはよくサウナも併設されていますが、汗を一気にたくさんかくサウナは妊婦さんにはおすすめしません。

刺激の強い温泉を選ばない

硫黄泉や強塩化物泉(ゾール泉)など、刺激の強い温泉は体調不良につながる可能性があるため、十分に注意してください。箱根などに代表される弱アルカリ性の単純泉などは刺激が弱く妊婦さんにもおすすめです。
また、温度にもぜひ注意を払いましょう。42℃を超える高温の温泉はそれこそのぼせてしまう要因になります。理想の温度は39±1℃くらいと覚えておいてください。

水分補給をしっかりする

普段より貧血やのぼせに注意しなければいけない妊婦さんは、水分補給にも十分気を配る必要があります。入浴前にしっかりと水分を取り、なおかつ入浴後にもお水を飲むように心がけましょう。
また、食後すぐに温泉に入ると胃が圧迫されて気分が悪くなることもあります。食後はゆっくりしてから温泉に入りましょう。

転倒に注意する

温泉や脱衣所の床はぬれていて、とてもすべりやすい状態にあります。特に妊娠後期の妊婦さんは、おなかが大きくなっていてバランスを崩しやすいため十分に注意しましょう。温泉によっては手すりが付いているところなどもありますので、積極的に利用してください。

衛生面に気を付けよう

不特定多数の人が使用する温泉では、衛生面にも気を付けましょう。

  • 風呂の椅子は流してから使用する
  • 他の人とタオルを共有しない
  • 出るときに上がり湯をする

など、少し気をつかうと感染症の予防になります。

マタニティプランで快適な温泉旅行を!

マタニティプランは、妊娠中の人でも心身ともにリラックスして過ごせるよう、ホテル・旅館側が用意してくれている特別プランのことです。予約の段階で妊娠中であることを告げれば、さまざまな出来事に配慮したサービスをしてくれます。下記にマタニティプランのサービス例をまとめてみました。

  • 旅先で急に体調不良になったら近くの病院に案内してもらえる
  • 貸し切り風呂などの対応をしてもらえる
  • 料理のメニューについて細かく注文できる
  • マタニティフォトを撮影してもらえる
  • マタニティーウエアや抱き枕などの快眠グッズを貸してもらえる
  • チェックアウト時間が午前11時くらいとゆったり過ごせる
  • 妊婦さん専用のアロマエステティックを受けられる

合わせて読みたい

【妊婦が飛行機に乗る際の注意点】帰省やマタ旅に行く人必見!
【妊婦が飛行機に乗る際の注意点】帰省やマタ旅に行く人必見!
妊婦さんとはいっても、仕事や家族旅行や出産に向けての帰省など飛行機に乗る機会はたびたび起こります。ここでは、妊娠初期から臨月にかけて飛行...

温泉旅行の持ち物

OKマークを出す女性
妊娠しているときの温泉旅行で、持っていきたいものはこちら。

  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • 診察券(トラブルがあったらかかりつけ医に連絡を)
  • 防寒対策(ブランケットや羽織れるもの)
  • マタニティパジャマ(浴衣ははだけやすいため)
  • 生理用品(急な出血や破水に対応)
  • 保湿クリーム(入浴後は乾燥しがち)

おわりに

安全に入浴することさえ心がけていれば、温泉は妊婦さんにとって最高の癒やしになります。妊娠していると温泉で制限しなくてはいけないことがありますが、出産前の楽しい温泉旅行になるよう過ごしてくださいね。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。

ピックアップ

妊婦さんでも着物が着られる? 着るときの注意点は?
妊婦さんでも着物が着られる? 着るときの注意点は?
妊婦さんが着物を着ていると。帯でおなかをしめつけて「おなかの中の赤ちゃんが苦しくないのかな」と心配になってしまうかもしれません。実は、妊...
妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたいこと
妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたいこと
赤ちゃんが生まれるのはとっても楽しみ!でもその前に、夫婦で思い出作りに旅行に行きたい!というご夫婦もいらっしゃいますよね。妊娠中の旅行は...
マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿6選【九州編】
マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿6選【九州編】
九州に行くならば温泉に行きたい!という人は多いですよね。自然の中に温泉宿がある九州は、昔ながらの泉質が保たれているところばかりです。妊娠...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る