妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために

良ければシェアをお願いします。

温泉

「妊婦さんは温泉に入ることができない。」こんな話を聞いたことがありますか?以前は、実際にさまざまな温泉場で妊婦さんの入浴を控えるような注意書きがありました。しかし、近頃はそこまで気にする人も少なくなったような印象を受けます。

果たして、妊婦さんの温泉入浴は問題ないのでしょうか。

スポンサーリンク

温泉法の改正による認識の見直し

法律のイメージ

2014年の7月1日、環境省は1982年から32年間改正されていなかった温泉法の見直しを行いました。温泉法とは、温泉を保護し、その利用の促進を図ることなどを目的として定められた法律です。不特定多数の人に提供する温泉については、その泉質や効能、禁忌(きんき)についての提示が義務付けられています。

問題になっていたのは禁忌の部分、つまり高血圧や腎不全、発熱などの病気、または飲酒後の入浴など、「してはいけないこと」の一覧項目に妊婦(特に初期と後期)が明示されていたのです。妊婦さんの入浴が禁忌であると定めた理由は、環境省の記録を辿っていっても残っておらず、相当な昔に決定されたと推測することができます。

1982年の温泉法の改正では、具体的な根拠が無いのにもかかわらず、妊婦さんの入浴が禁忌であるかどうかの検討は特に行われませんでした。しかし、2014年の改正でついに禁忌の項目から削除されるに至ったのです。
つまり、現在では妊婦さんの温泉入浴を禁ずるという法律的な根拠は存在しなくなりました。

合わせて読みたい

妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...

なぜ妊婦さんの温泉入浴が良くないとされていたか

温泉に入る女性

先述で妊婦さんの温泉入浴が禁忌事項になっていることに対し、具体的な根拠がなかったということを言いました。なぜダメになったのかについては、温泉そのものが妊婦さんに悪影響を与えるというよりも、妊婦さんの身体的な特徴について配慮されたものであったようです。

懸念されていたポイント

もちろん、人によって症状の度合いは違いますが、一般的に妊娠初期はつわりがひどく、体調の変化が激しい時期です。そんな時期にのぼせや貧血を起こしてしまうと大変危険であるという理由がまず一つあったと思います。妊娠後期に関しても貧血の懸念があったり、お腹が重いことで、つい長湯をしてしまったりというような理由から、妊娠初期よりは安定性があるものの、推奨するべきではないという向きがあったようです。

また、万が一妊婦さんが温泉で転んでしまってケガをしたら責任は持てないという思いもあったかもしれませんね。

合わせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...

注意点さえ守れば全く問題なし!

OKマークを出す女性

温泉法の改正に伴い、妊婦さんの温泉入浴は全く問題のないことが世間での共通認識になってきています。温泉で得られるリフレッシュ効果は、マタニティーブルーの解消に繋がったり、血行が促進され冷え性の解消に繋がったりと、たくさんのいい面があります。

ここでは、より安全に温泉を楽しめるよういくつかの注意点をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

長時間の入浴は避ける

妊娠中の長湯は、のぼせや脳貧血といった症状を招きやすくしてしまいます。温泉で急な動悸を感じる、意識が遠のいてしまうなどを感じたとすれば、それは大変危険な状態です。複数回入浴することについては問題がないので、1回の入浴時間は極力短めにするようにしましょう。目安としては、1回の入浴を10分以下に抑えたいところです。

刺激の強い温泉を選ばない

温泉には、その地域によってさまざまな特徴があります。硫黄泉や強塩化物泉(ゾール泉)など、刺激の強い温泉は体調不良に繋がる可能性があるため、充分に注意してください。箱根などに代表される弱アルカリ性の単純泉などは、成分自体が薄いので妊婦さんにとてもおすすめです。

また、温度にもぜひ注意を払いましょう。42℃を超える高温の温泉は刺激が強く、それこそのぼせてしまう要因になります。理想の温度は39±1℃くらいと覚えておいてください。

水分補給をしっかりする

普段より貧血やのぼせに注意しなければいけない妊婦さんは、水分補給にも充分気を配る必要があります。入浴前にしっかりと水分を取り、尚且つ入浴後にもお水を飲むように心がけましょう。コップに1~2杯ほどの水分を取っていれば大丈夫です。

転倒に注意する

温泉の浴場は本格的な岩場で足元が安定しない、温泉成分により足場がツルツル滑るなどの特徴がありますよね。特に妊娠後期の妊婦さんは、お腹が大きくなっていてバランスを崩しやすいため、充分に注意しましょう。温泉によっては手すりが付いているところなどもありますので、積極的に利用してください。

マタニティプランで快適な温泉旅行を!

マタニティプランは、妊娠中の人でも心身ともにリラックスして過ごせるよう、ホテル・旅館側が用意してくれている特別プランのことです。予約の段階で妊娠中であることを告げれば、さまざまな出来事に配慮したサービスをしてくれます。下記に一般的なマタニティプランのサービス内容をまとめてみました。参考にしてみてください。

  • キャンセル料がかからない
  • 旅先で急に体調不良になったら近くの病院に案内してもらえる
  • 貸し切り風呂などの対応をしてもらえる
  • 料理のメニューについて細かく注文できる
  • マタニティフォトを撮影してもらえる
  • マタニティウェアや抱き枕などの快眠グッズを貸してもらえる
  • チェックアウト時間が午前11時くらいとゆったり過ごせる
  • 妊婦さん専用のアロマエステを受けられる

おわりに

妊婦さんは温泉入浴ができないといった以前までの認識は、法の改正をきっかけに完全に無くなりつつあります。安全に入浴することさえ心がけていれば、温泉は妊婦さんにとって最高の癒しにもなりえますから、ぜひ温泉旅行に行った時にはおもいっきり満喫してくださいね。

ピックアップ

つわりっていつまで続くの?時期ごとの症状とその対策法とは
妊娠すると、ほとんどの方がつわりを経験します。中には軽く済んでしまうケースもあれば、日常生活に支障をきたすほどの重い症状に苦しむケースも。このつらさはいつまで続くんだろう、と悩む方も多いでしょう。 そこで今回は、時期ごとのつわりの症状とその対策法をまとめてみました。快適なマタニティライフのため...
安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...

https://tamagoo.jp/pregnant/causes-of-nausea-in-latter-period/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠初期(~4カ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

症状は吐き気だけじゃない?5つのつわりの種類
妊娠初期症状の代表格として知られる「つわり」は、妊婦さんの5〜8割が経験すると言われています。有名な症状として吐き気が挙げられますが、実際にはそれ以外にもさまざまな種類があり、人によって症状の種類や程度は異なるようです。 そこで今回は、つわりの種類とそれぞれの対策についてまとめてみました。つわ...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...
【調査】妊娠中の夫婦間のトラブルとは?奥さんの本音を調査!
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回は、妊娠・出産経験をした女性100人に、妊娠中の旦那さんとのトラブルについて聞いてみました。全く喧嘩をしない夫婦の方が少ないとは思いますが、妊娠中となると、やはり奥さんとしては気遣ってほしいと願うものですよね。そのことから、トラブル...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る