良ければシェアをお願いします。

妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために

良ければシェアをお願いします。

温泉

「妊婦さんは温泉に入ることができない。」こんな話を聞いたことがありますか?以前は、実際にさまざまな温泉場で妊婦さんの入浴を控えるような注意書きがありました。しかし、近頃はそこまで気にする人も少なくなったような印象を受けます。

果たして、妊婦さんの温泉入浴は問題ないのでしょうか。

スポンサーリンク

温泉法の改正による認識の見直し

法律のイメージ

2014年の7月1日、環境省は1982年から32年間改正されていなかった温泉法の見直しを行いました。温泉法とは、温泉を保護し、その利用の促進を図ることなどを目的として定められた法律です。不特定多数の人に提供する温泉については、その泉質や効能、禁忌(きんき)についての提示が義務付けられています。

問題になっていたのは禁忌の部分、つまり高血圧や腎不全、発熱などの病気、または飲酒後の入浴など、「してはいけないこと」の一覧項目に妊婦(特に初期と後期)が明示されていたのです。妊婦さんの入浴が禁忌であると定めた理由は、環境省の記録を辿っていっても残っておらず、相当な昔に決定されたと推測することができます。

1982年の温泉法の改正では、具体的な根拠が無いのにもかかわらず、妊婦さんの入浴が禁忌であるかどうかの検討は特に行われませんでした。しかし、2014年の改正でついに禁忌の項目から削除されるに至ったのです。
つまり、現在では妊婦さんの温泉入浴を禁ずるという法律的な根拠は存在しなくなりました。

合わせて読みたい

妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...

なぜ妊婦さんの温泉入浴が良くないとされていたか

温泉に入る女性

先述で妊婦さんの温泉入浴が禁忌事項になっていることに対し、具体的な根拠がなかったということを言いました。なぜダメになったのかについては、温泉そのものが妊婦さんに悪影響を与えるというよりも、妊婦さんの身体的な特徴について配慮されたものであったようです。

懸念されていたポイント

もちろん、人によって症状の度合いは違いますが、一般的に妊娠初期はつわりがひどく、体調の変化が激しい時期です。そんな時期にのぼせや貧血を起こしてしまうと大変危険であるという理由がまず一つあったと思います。妊娠後期に関しても貧血の懸念があったり、お腹が重いことで、つい長湯をしてしまったりというような理由から、妊娠初期よりは安定性があるものの、推奨するべきではないという向きがあったようです。

また、万が一妊婦さんが温泉で転んでしまってケガをしたら責任は持てないという思いもあったかもしれませんね。

合わせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る