妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと

良ければシェアをお願いします。

夫婦の旅行

妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。

確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調ではないことを自覚して、無理のない計画を立てると旅行も良い気分転換になります。

ここでは、妊娠中の旅行で気をつけておきたいポイントを3つご紹介します。旅行に最適な時期やプラン、緊急時に備えて準備しておきたいことなどを参考に、楽しい妊娠ライフを過ごしましょう。

スポンサーリンク

から妊娠後期までが動きやすい

妊婦

前提として、妊娠中は絶対に安全な時期というものはありません。安定期に入れば流産の心配が無くなると考えてしまいがちですが、安定期は胎盤が完成して赤ちゃんが育つ環境が整った時期を意味します。

妊娠中期は、もしも早産になってしまったら未熟児として産まれてきてしまうという危険性があります。しかし、流産の90%が妊娠初期に起こっており、妊娠後期は早産の可能性が高まることから安定期から妊娠中期までが最も旅行に行きやすい時期だと言われています。

また、つわりが治まり始めて気分が良くなってくることと、妊娠後期はお腹が大きくて動きづらくなることもこの時期に旅行を計画する大きなポイントです。下腹部痛や出血がなく、医師から自宅安静を言い渡されていない場合は母体も安定してきています。心配な場合はかかりつけ医に相談の上で計画を立てると、精神的にも安心して楽しむことができます。

赤ちゃんが産まれてからはパパと2人でのんびり旅行を楽しむこともできなくなります。赤ちゃんもママの体を通して楽しい気持ちを感じ取っているため、計画を立てた後は、楽しむことだけを考えてリフレッシュしましょう。

合わせて読みたい

妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
「妊婦さんは温泉に入ることができない。」こんな話を聞いたことがありますか?以前は、実際にさまざまな温泉場で妊婦さんの入浴を控えるような注意書きがありました。しかし、近頃はそこまで気にする人も少なくなったような印象を受けます。 果たして、妊婦さんの温泉入浴は問題ないのでしょうか。 温泉法の...

移動手段とスケジュールを計画する

交通手段は何がいいの?

新幹線

妊娠中の旅行は移動手段が大きなポイントです。飛行機は短時間で遠出することができますが、登場中に気分が悪くなった場合の対応が難しくなります。電車やバスの利用も時間短縮になりますが、振動による乗り物酔いに注意しましょう。

自家用車の移動は時間を気にせず好きなペースで休憩することができますが、運転は同乗者にお願いするようにします。妊娠中は注意力散漫になり、急ブレーキをかけることになると腹部に大きな圧力かかかってしまいます。

どの移動手段にもメリットとデメリットがあるため、自分の体調と相談して最もリラックスできる移動方法を選ぶようにしましょう。移動で疲れてしまうことを考えて、滞在先ではゆっくりとしたスケジュールを組むと良いと思います。

おすすめは温泉!

温泉

旅行先は国内、なるべく人混みや長時間並ばなければいけないような施設は避けて計画します。例えば、ゆっくり疲れを癒やすことができる温泉は妊婦の旅行で人気のスポットです。以前は環境省により、妊娠中の温泉入浴は控えるべきだとされていましたが、2014年の見直しで医学的根拠がないと発表されました。

現在は冷え性が改善されて難産予防につながったり、リラックス効果によりマタニティブルーが解消されたりするという効果も期待されています。とはいえ、長時間の入浴はのぼせて足元が不安定になったり脳貧血を起こしたりする場合もあります。入浴は10分以内に止め、水分補給と湯冷めには十分に注意しましょう。

合わせて読みたい

安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...

と滞在先の病院をチェック

病院

旅行プランの付帯保険にも注目

最近は妊娠中の旅行プランも充実しています。マタ旅という呼び方も生まれ、妊婦さんがリラックスできるプランの工夫を凝らしています。選ぶだけでも楽しいマタ旅プランですが、実は旅行についている一般的な傷害保険には妊娠、出産に関わる診療がカバーされていない事も多いのです。

例えば、海外まで足を伸ばした場合は健康保険を使うことができないため、体調が悪くなった場合に医療費の請求が膨大になることがあります。特にアメリカは医療費が高いため、異常があって入院した場合は請求が数千万円に至る場合もあります。

国内旅行では滞在先の病院で診療してもらう事態になっても、その時の診療費は自己負担になりますが後から申請すればお金が戻ってくる場合があります。領収書を必ずもらって、大切に保管しておきましょう。

旅先の産婦人科は充分にチェックしましょう

旅先でもし急変が起こった場合、受け入れてもらえる病院がなかなか見つからないという事態も考えられます。未熟児を受け入れることができるNICUには限りがあるため、時期によっては満床で受け入れ不可能な場合もあります。

最悪の事態になる前に不調を感じたら無理せず休むこと、道中や滞在先の産婦人科は自分でチェックしておくことが大切です。安定期だから問題ないと自己判断することなく、事前にかかりつけ医に相談しておくと安心です。

また、万が一の事態に備えて健康保険証と母子手帳は必ず持参し、入院することになっても困らないように必要な荷物の用意をしておくことも大切です。破水や急な出血があった時のことを考えて、ナプキンも数枚持参しておくといいでしょう。

おわりに

妊娠中の旅行は安定期が最も動きやすい時期だと言われていますが、全く危険がない訳ではありません。普段よりも体調を崩しやすい事を考慮しつつ計画を立て、万が一の場合に備えて滞在先の病院を調べておくことも大切です。

移動手段や滞在先ではママがリラックスできることを第一に考え、心配な場合はかかりつけ医に相談して計画を立てるようにしましょう。

ピックアップ

妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...
妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
出産前の入院準備!バッグに入れて準備しておきたい、便利な持ち物リスト
妊娠後期に入った妊婦さんであれば、まもなく会える赤ちゃんの顔を想像して、毎日が期待と不安で胸いっぱいではないでしょうか。本番の出産予定日に向け、少しずつ入院の準備をしておくことで、そわそわした気持ちを落ち着かせることができます。入院してから「用意しておけばよかった!」と後悔しないためにも、持ち物...
29歳。B型。独身。
妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

妊娠中期(5~7ヶ月)の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊娠中の旅行はいつまで平気?気をつけておきたい3つのこと
妊娠中ずっと家にいてばかりだとストレスが溜まり、気晴らしがしたくなります。ただ、妊娠中の旅行はママの体や赤ちゃんに負担をかけてしまうのではないかと心配なことも多いです。 確かに環境が変わると普段より疲れが溜まりやすくなるため、妊婦さんは特に体調に気をつけなければなりません。ですが、万全の体調で...
女の子or男の子?赤ちゃんの性別が判断できるのはいつ?
妊娠してまず気になることは、赤ちゃんの性別ではないでしょうか。昔は妊娠中に性別を判断する術がなかったため、お腹の形や母体の顔つきの変化などで推測するしかありませんでした。しかし、近年は超音波機器の発達により、妊娠中に赤ちゃんの性別を判定することができるようになったのです。では、実際にいつ頃から性...
胎動はいつから?さまざまな胎動の種類について
胎動を感じ始めると、お母さんになる喜びを実感するという声をよく耳にします。胎動は新しい命からお母さんへのメッセージなため、妊娠すると「早く胎動を感じたい」と胎動を心待ちにする方が非常に多いです。 そこで今回は、胎動はいつからわかるのか、どのような種類があるのかなど、胎動に関する基本知識をまとめ...
安定期とはいつからいつまで?知っておきたい4つのこと
「安定期」という言葉は、妊娠中は耳にする機会の多い言葉だと思いますが、「安定期」についてよくご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。「妊娠何ヶ月目から何ヶ月までを安定期と呼ぶのか」など、なかなか知識を得られる機会の少ない「安定期」について、詳しく知っておきたい4つのことをご紹介します。 ...
子癇発作ってなに?原因・症状・治療法まとめ
体にさまざまな変化が起こる妊娠中の病気として「子癇発作」があります。場合によっては命にかかわる症状もあるとても恐ろしい病気です。それらの症状が「いったいどんなもので」「どんなことが原因で起きて」「どんな症状になって」「そしてどんな治療方法があるのか」を知っておくことで、冷静に慌てずに対処でき...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る