【妊婦が飛行機に乗る際の注意点】帰省やマタ旅に行く人必見!

妊婦の旅行
妊婦さんとはいっても、仕事や家族旅行や出産に向けての帰省など飛行機に乗る機会はたびたび起こります。ここでは、妊娠初期から臨月にかけて飛行機に乗る際にどのようなことに気をつけたらいいのか、それぞれの注意点を説明するとともに、航空会社の規定や便利だった持ち込みグッズなども紹介したいと思います。機内ではできるだけリラックスして過ごしましょう。

妊娠初期から臨月にかけての注意点

臨月の妊婦
妊娠と言っても初期と安定期、臨月では注意することがかなり違ってきます。赤ちゃんの安全と妊婦さんの健康を考えて飛行機に乗る際に気をつけたいことや、心がけたいことなどを紹介していきます。空の旅を楽しむためにもぜひ心にとどめておいてください。

妊娠初期の搭乗はおすすめしません

妊娠初期でも飛行機に乗ることは可能です。しかし妊娠初期はつわりがひどい人も多いです。飛行機の急激な気圧の変化で、具合が悪くなることもあります。さらに、安定期(5カ月以降)に入るまでは切迫流産の可能性もあるため、あまり飛行機に乗ることを医師からはすすめられていません。

安定期は体の負担がかからないようにしましょう

妊娠12週から28週頃までは飛行機に乗っても大丈夫と言われている期間です。しかし妊婦さんによっては安定期でも体調が安定しない人もいますので、搭乗する際には注意が必要です。

~飛行機に乗るときの注意~

  • 体をあまり締め付けるような服装は避ける
  • 水分をしっかりととる(水分をとらないと血栓ができやすくなる)
  • 前日は十分な睡眠をとっておく
  • 乾燥した機内でウイルスの感染に気を付ける(マスクや手洗い)
  • 座席を予約する際はトイレに立ちやすい通路側にする

里帰りはお早めに

各航空会社によって規定が異なりますが、臨月の妊婦が飛行機に乗るには条件があったり、搭乗ができなかったりする場合があります。飛行機で里帰りされる方は、早めに帰るようにしてくださいね。

必ず医師に相談しましょう

飛行機に乗る前は安定期で体調がよい場合でも、必ず医師に許可をもらっておきましょう。機内での注意点を教えてくれたり、旅行先で何かあったときの産婦人科を紹介してくれたりする場合もあります。

旅行先の病院確認

旅行の場合、ホテル近くの産婦人科、空港近くの産婦人科をチェックしておきましょう。万が一機内で体調を崩したとき、調べておけばすぐに対処できます。

合わせて読みたい

マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿9選【関東編】
マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿9選【関東編】
関東は知る人ぞ知る温泉の穴場なんです!関東圏内に住んでいれば、車で気軽に出掛けられる関東の温泉宿は、妊婦さんの体の負担になる移動が短...

各航空会社の妊婦さんへの規定やサービス

旅客機
各航空会社では妊婦さんが搭乗する際のルールを設けています。また、妊婦さんが受けられるサービスもあるので、利用するのもよいですね。

妊婦さんの搭乗規定

航空会社では以下の規定が設けられています。チケットを予約する前に、よく確認しておきましょう。

医師の診断書が必要なケース

安定期を過ぎての搭乗には医師の診断書が必要になります。診断書は各航空会社のホームページからダウンロードしてください。また、出産予定日が近づくと医師同伴でなければ搭乗できなかったり、搭乗を断られたりする場合もあります。

航空会社 診断書が必要 医師の同伴が必要 搭乗できない
JAL 出産予定日
28日以内の方
出産予定日14日以内の方(国際線)
7日以内の方(国内線)
ANA 出産予定日
28日以内の方
出産予定日14日以内の方(国際線)
7日以内の方(国内線)
ピーチエア 出産予定日
28日以内の方
出産予定日14日以内の方
バニラエア 出産予定日
28日以内の方
出産予定日7日以内の方
ジェットスター 妊娠29週
以降の方(国際線)
妊娠36週
以降の方(国内線)
飛行時間が4時間以上の
フライトで、
妊娠37週以降の方
(多児妊娠は
妊娠33週以降の方)

妊婦さんへのサービス

大手航空会社では、妊婦さんへのきめ細やかなサービスを行っています。

オリジナルマタニティマーク

JALやANAでは、オリジナルのマタニティマークを配布しています。空港カウンターでもらえるので、問い合わせてみてください。

空港内のサポート

  • エアポートサポート(ANA)
    妊婦さんのみで搭乗する場合、空港のチェックインカウンターから搭乗ゲートまで、案内してくれます。(国際線 事前電話申し込み)
  • 事前改札サービス
    ご妊娠中のお客様は、先に機内へご案内いたします。
  • 機内安心サービス(ANA)
    客室乗務員が機内で荷物を収納する際にお手伝いをしてくれます。妊婦さんは重い荷物を上にあげる行為は危険ですので、気軽にお願いしましょう。
  • ママおでかけサポート(JAL)
    搭乗の際、優先的に機内へ案内してくれます

合わせて読みたい

妊娠中でも安心!妊婦にうれしいディズニーのゲストアシスタントカードについて
妊娠中でも安心!妊婦にうれしいディズニーのゲストアシスタントカードについて
マタ旅(マタニティ旅行)の候補地の一つとしても人気のディズニーリゾート。「赤ちゃんが生まれる前に、もう一度行っておきたい!」という方も多...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
【妊婦が飛行機に乗る際の注意点】帰省やマタ旅に行く人必見!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠中期(5カ月~7カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る