良ければシェアをお願いします。

妊娠線はお腹だけじゃない!バストや思いもしない所にも!全身を妊娠線から守るコツ

良ければシェアをお願いします。

臨月のお腹

妊婦さんにとって心配の種である。皆さんが最も気を付けるところと言えばお腹回りですが、実は妊娠線ができる場所はバストなど他にもたくさんあります。妊娠した女性の身体は急激に多くの変化が起こっています。うっかりケアをし忘れて後悔しないためにも、妊娠線のできやすい場所をしっかりと押さえ、出産後の美肌を守りましょう。

スポンサーリンク

「お腹」以外の妊娠線のできやすい場所は?

妊娠線のできやすい場所とは、ずばり妊娠による体重増加でサイズアップしやすいところです。お腹は当然のことながら、食欲増加やホルモンの影響もあり、その他の場所にも皮下脂肪を溜めこんでしまうことが多いのです。

妊娠前の1.5倍にもなる「バスト」

妊娠すると、女性ホルモンのが増加して乳房が大きくなり始め、妊娠後半になると妊娠前の約1.5倍になります。これは授乳の準備のために起こるのですが、急激なサイズアップで皮膚に断裂が生じます。断裂は胸の下側や両脇のあたりから起こることが多く、見えにくいため注意して観察し、ケアすることが必要です。

大きくなるお腹を支える「腰」「お尻」「太もも」

お腹が大きくなるにつれ、それを支える腰回りや太ももにもしっかりと脂肪がついてきます。もともと細身だった人は皮膚の伸びも激しいため注意してください。脂肪はお尻の外側、太ももの内側に特に蓄積しやすくなります。妊娠中これらの場所はお腹に遮られて見えにくくなるため、鏡でしっかりチェックして、潤いを保つためのケアを行いましょう。

見落としやすい「背中」「二の腕」

二の腕の内側に脂肪が付きやすいのはご存じの通りですが、ここに妊娠線ができたという妊婦さんも多くいます。また背中にも横に細長い筋状に妊娠線が出ることがあります。二の腕・背中はノーマークでいる妊婦さんが多く、気づいたらできていたということがあるので注意してください。特に背中は自分でのケアが難しいので、旦那さんなどに手伝ってもらうとよいでしょう。

合わせて読みたい

妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかの中の赤ちゃんが愛おしく感じるものです。しかし、急激に大きくなるおなかに皮膚が引っ張られて裂けたような線が出てきてしまうことがあります。これが「妊娠線」です。 これまで大丈夫だったからと油断していると、急...

妊娠線のできる原因とできやすい人は?

そもそも妊娠線は何故できるのでしょう。また人によってできたりできなかったりするのは何故なのでしょう。それには皮膚組織のメカニズムと、生まれつきの肌質などが関係していました。ここでは妊娠線の原因とできやすい人の特徴を探ります。

妊娠線ができてしまう原因とは?

女性が妊娠して5~6か月経つと、胎児の成長につれ腹部がどんどん大きくなります。これに伴い伸縮性のある表皮は伸びることができますが、その下の真皮や皮下組織が急激な変化についていけず、亀裂が生じます。この亀裂ははじめ赤紫色をしていますが、そのうち白っぽく変化していきます。一度できてしまうと、薄くなることはあっても消えることはありません。

妊娠線ができる妊婦さんの割合は?

妊娠線は妊婦さんの50~70%にはできると言われています。つまり2人に1人かそれ以上の割合でできるということになります。また最初の妊娠よりも2回目以降にできる確率はさらに上がりますので油断は禁物です。できてしまった妊娠線を見るのは女性にとってかなり辛いものです。やはりできる限りのケアを行うに越したことはありません。

妊娠線ができやすい人っているの?

妊娠線は妊娠に伴う急激な体重増加や体形の変化によって起こります。妊娠すれば仕方のないことではありますが、小柄な人や多胎妊娠の場合は特にお腹が大きくなりやすいため注意が必要です。また普段から乾燥肌の人は肌の弾力性が弱く、妊娠線ができやすくなります。逆に肌に潤いがある人は弾力性が高いためできない人もいます。

合わせて読みたい

妊娠線は消すことができる!?予防法と対策術を大公開!
妊娠すると気になることの1つに「妊娠線」があります。何も妊娠線予防をしないまま出産を迎えてしまい、産後落ち着いた頃に妊娠線の多さに愕然とするケースが多いようです。それでは実際に、どのような方法で妊娠線を予防できるのでしょうか? 今回は、妊娠線の予防法と対策術を一挙大公開!ここでご紹介する方法を...

妊娠線を予防するためには何が必要?

それでは嫌な妊娠線を作らないためにはどうしたらいいのでしょう。そのためには妊娠中に陥りやすい生活習慣を見直すほか、保湿クリームを使ったこまめなケアが不可欠です。またできる場所によってもちょっとしたコツがあるのでご紹介します。

まずは体重管理をきっちりとする

妊娠中はホルモンの影響から脂肪が付きやすくなる上、食欲が増進する人が多く必要以上に脂肪を溜めこんでしまいがちです。妊婦さんにとって理想の体重増加は10kg以内と言われており、まずはこの範囲を超えないよう体重管理をする必要があります。そのためにはバランスの取れた食事をし、塩分や甘いものの摂りすぎに注意しましょう。

適度な運動で脂肪を付きにくくする

妊娠も後期になるとお腹も重く動くのが億劫になり、ついつい運動不足になりがちです。しかし皮下脂肪の蓄積は妊娠線のできる最大の原因ですので、軽い運動をしてカロリーを消費しましょう。運動は血行を促進し、妊婦さんに多い便秘や腰痛の解消にもつながります。また胎児にも影響するストレスも運動によって発散することができます。

保湿クリームで肌の乾燥ケアをこまめに

クリームでの保湿ケアは今や常識ですが、場所によって塗り方にコツがあります。まずお腹とバストは優しく撫でるように伸ばしてください。そして太ももや二の腕は少し強めにマッサージするようにもみ込むことで脂肪の蓄積を防ぎます。背中やお尻などは体勢的にきついので旦那さんなどの助けも借りてケアしましょう。特に冬の時期に妊娠後期を迎える方は保湿ケアを念入りに行ってください。

おわりに

妊婦さんのほとんどが経験する妊娠線の悩み。赤ちゃんを胎内で育みこの世に生み出した証とも言えますが、できる限り作りたくないというのが女性としての本音ですよね。出産後もきれいな肌をキープできるよう、是非参考にしてみてくださいね。

ピックアップ

妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?
赤ちゃんを授かることは、この上ない喜びに違いありません。しかし、その喜びも束の間、妊娠4~5ヶ月目からはじまる急激なお腹の膨らみや胸のハリによって妊娠線ができてしまうなんてことも。 「妊娠線ができないように予防したいけど、普段使いのボディクリームじゃダメ?」 妊娠線は一度できてしまうと消すの...
葉酸配合+美容成分たっぷりの【ベルタ妊娠線クリーム】
妊娠中のママのため、妊娠線ケアを今から始めてほしい。できちゃった妊娠線どうしよぉって悩む前に今ママができる事。 ベルタ妊娠線クリーム公式サイトへ移動中です。しばらくお待ちください。 ページが移動しない場合は、 こちらをクリックして移動してください。 ...
妊娠中に激太り!?太り過ぎ防止のための体重管理法
妊娠をすると、自分だけの体ではなくなります。お腹の赤ちゃん、胎児にとって必要な器官、体内循環による血液量、全てを考慮して体重管理をしなければいけません。「ついつい食べ過ぎてしまったけれど、お腹の赤ちゃんは大丈夫なのかな?」と、心配になる毎日を過ごすのは、精神的にもつらいです。食べることに罪悪感を...
3匹の猫と紅茶とフィギュアスケートを愛しています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠線はお腹だけじゃない!バストや思いもしない所にも!全身を妊娠線から守るコツ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る