旦那の手取りが少ない!最低月収いくらで子育てできる?

子育てとお金そろそろ赤ちゃんを…と希望するご夫婦が気になる「収入」。妻としてもあまり言いたくはないけれど、旦那の手取り額をみていると、不安がよぎるという方も多いのではないでしょうか。実際、子育てをするためには月収がいくらほど必要なのでしょうか?平均年収や、子育てにかかる費用などさまざまな統計から考えていきましょう。

子育て世帯の平均年収からわかること


2016年の11~12月の調査機関で実施された、労働政策研究・研修機構の「第4回(2016)子育て世帯全国調査」の結果からは、日本の子育て世帯の経済状態について、さまざまなことが読み取れます。この調査結果からわかったことをまとめてみました。

子育て世帯の平均年収は683.2万円

ひとり親家庭、ふたり親家庭の平均年収が683万2000円であることがわかりました。このうち、税込み収入が1000万円以上の世帯が16・8%、300万円未満の世帯が8・6%です。平均年収を単純に12カ月で割ると、57万円弱になります。こうしてみると、意外と多いという印象ですね。全世帯の平均収入の半分しかない「相対的貧困」世帯(可処分所得が年収244万円)については、ふたり親世帯で6・0%という結果でした。つまり両親がそろっている場合でも、月収20万円ほどの収入で子育てをしながら生活しているということになります。

年収は年々増加傾向、消費額は減少

調査開始以来、平均年収は毎回増加しています。しかし、2016年の調査では、子育て世帯の家計費は月額平均26万5000円と、前回の調査よりも減少していることがわかりました。家計費の中には「住居費」も含まれていますので、家賃や住宅ローンも入れての費用となります。そう考えると、平均年収が意外と高額だった半面、家計費はずいぶん抑えられている印象です。そのかわり、貯蓄率が28・3%となっており、前回の調査よりも増加しています。つまり、収入が増えたとしても堅実に家計のやりくりをしている家庭が多いということですね。

稼がないほうがお得?さまざまな補助を受けられる世帯年収の境界線は?
稼がないほうがお得?さまざまな補助を受けられる世帯年収の境界線は?
不妊症治療、乳児医療、就学補助など、国や自治体にはさまざまな補助の制度があります。しかし、この補助に年収等の制限がある場合がある...

生活をしていく上で、必要な費用は?


では、実際に子育てしながら生活していくと、どのようなことにお金が必要になってくるのでしょうか?子育てに関する費用は子どもの成長と共に変わりますので、まずは家計の基本となる「固定費」と「変動費」について考えてみましょう。

家賃や光熱費などの「固定費」について

固定費は、支出の中でも大部分を占めていると言っても過言ではありません。主に「住宅費」「水道・光熱費」「自動車費」「保険費用」「通信費」などが挙げられます。東京23区で2LDK程度の物件の家賃相場は10万円から30万円程度と住居費がかかりますが、地方、例えば茨城県になると家賃相場は5万6000円から8万円程度とかなり抑えることができます。しかし、地方であれば車が必須の生活となりますので、そちらにお金がかかります。また、総務省統計局の「家計調査報告(2017年7月~9月期)」によると、光熱費で1万5633円、交通・通信費で3万3033円、生命保険料に関しては生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」から月額平均男性1万9000円、女性1万4500円ということがわかりました。

食費や被服費などの「変動費」について

「固定費」は見直すことができると支出をかなり抑えることができますが、なかなか手が付けられない部分でもあります。反対に「食費」や「被服費」など、毎月の金額が決まっていない「変動費」については、節約しやすい反面、節約しても効果があまりみられない支出となります。総務省統計局の「家計調査報告(2017年7月~9月期)」によると、食費、家事用品、被服費、医療費、娯楽教養費の合計が12万円弱となっています。外食を控えるなどすれば、10万円程度には抑えられるように思います。

合わせて読みたい

わが家はもらえる?「児童手当」をもらえる所得制限はいくら?
わが家はもらえる?「児童手当」をもらえる所得制限はいくら?
子どもが生まれて初めて知ること、たくさんありますよね。新しい家族が増えるということは、それだけお金も必要になるということ。食べるものや着...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
旦那の手取りが少ない!最低月収いくらで子育てできる?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る