いざというとき!停電対策グッズでそろえておきたいもの 

停電対策グッズ
例年、その勢力が大きくなりつつある台風。2019年は台風15号により、千葉県で大規模な停電が発生するという事態が起こりました。今回は、いざというときに使える停電対策グッズについて、どんなものをそろえればよいのかなどについて、具体的にご紹介します。

停電した!最初にするべきことは

自分の身を守る
台風がひどい、震度5弱以上などの強い地震が起こった後などだと、停電する可能性があることはある程度判断がつきますが、停電そのものは突然発生するものです。まずここでは、停電した際に最初にするべきこと・心構えとして覚えておくべきことをいくつかお話しします。

停電はサバイバル!「動ける1割の人」になろう

停電は、サバイバルのようなものです。日本の一般的な生活は、ほとんど電気によって支えてもらっているといっても過言ではなく、電気がないということはあらゆる生活に支障が出る可能性が極めて高くなります。そのため、停電が起こった際にはまず落ち着いて、冷静に行動する心構えが必要です。特に、夜間の停電の場合はいきなり照明と視界が奪われることになりますので、パニックになりがちです。その他、真夏や真冬など気温を電気によって調整しているときも、いきなり空調システムがダウンしてしまいます。

統計学上、こういった状況に陥ってしまったとき、8割の人はパニックを起こすといわれています。そして残りの2割のうち、1割の人たちは全てを諦めて呆然となってしまい、残り1割の人は冷静かつ的確に動くことができるようです。この最後の1割の人になれるように、日頃から心構えをしておくのが重要ですね。

身の安全を確保することが重要

続いて、停電が発生した際に行っておきたいことは身の安全の確保です。多くの場合、停電は他の自然災害とセットで発生します。地震であれ台風であれ、送電設備や送電線などに支障が発生するとそこで停電となります。
停電とセットでガラスが割れるなどの被害が発生する可能性もあります。自宅であれば、スリッパや靴下を履くなど、足元のけがに注意を払い、懐中電灯・スマートフォンのライトを利用するなどして、視界を確保しましょう。

電気機器のコンセントを抜く

停電が発生したら、電気機器のコンセントを抜き、ブレーカーを落とします。なぜなら停電から復旧した際、通常想定されるよりも強い電流が流れることにより通電火災が発生する場合があるからです。またコンセントが緩んでいることもあり、そこから発火する可能性もあります。
実際に、大規模な災害によって停電が発生した際、復旧した際の通電火災で家が全焼したという事例が、極めて多く報告されています。

合わせて読みたい

もし大地震が起きたら?家族と話し合っておきたい「災害シミュレーション」
もし大地震が起きたら?家族と話し合っておきたい「災害シミュレーション」
世界的にも「地震大国」として有名な日本ですが、近年では2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震など、大きな被害を及ぼす震災が相次ぎ...

突然の停電に慌てないための日頃の準備は?

懐中電灯とラジオ
それでは、突然の停電に慌てないためにできる、日頃の準備はどのようなものがあるでしょうか?ここでは、突然の停電でも落ち着いて行動することができるための準備についてお伝えします。

常に備えておくべきは照明と電池・ラジオ

大前提として常日頃から備蓄しておくべきなのは電池です。電池があれば、照明やラジオを使うことができます。ソーラー発電の小さなライトでも構いませんし、電池がなくても動かすことのできる、ダイナモ付きの懐中電灯なども用意しておくとよいでしょう。
ラジオについては、必ず電池で動くものを一つ以上用意しておいてください。ニュースなどについてはスマートフォンで動画を見ることもできますが、スマートフォンの電池切れが起こると、そこから情報を得ることができなくなってしまいます。

また、ラジオもスマートフォンアプリで使えるケースがありますが、2018年の胆振東部地震や2019年の台風15号による千葉県内大規模停電の際、携帯電話やスマートフォンの電波を管理している電波塔自体がダウンしてしまい、長期間にわたり圏外となってしまった事例があります。このことからも、ラジオを用意しておくのがよいでしょう。

夏は熱中症対策・冬は防寒対策を万全に

電気がないということは、冷暖房がストップします。そのため、夏は熱中症対策・冬は防寒対策を万全にしておかなくてはなりません。つまり暑さ・寒さをしのぐためのグッズを用意しておくとよいというわけです。夏であれば、冷却タオルや経口補水液、電池で動くミニファンなどを用意しておくとよいでしょう。冬はカイロや保温アルミシートなど、電気を使わずとも温まることができるグッズをいくつか用意しておくと安心ですね。

日頃から食べ物を蓄えておく

停電により、食料事情に問題が発生する可能性もあります。停電となると冷蔵庫が使えなくなります。ただ、停電からしばらくの間ならば、冷蔵庫の中身でしのぐこともできますが、食料などが少ない場合はそれさえも困難になります。そのため、日頃から食料を冷蔵庫の中に多めに入れておくように、心くばりをしておきましょう。これにプラスして、備蓄食糧と呼ばれる食べ物を、家族全員が72時間程度耐え忍ぶことができそうな分量を、用意しておくことがおすすめです。

合わせて読みたい

電車通学の子どもは心配!突然の災害のとき家族との連絡方法はどうすればいいのか?
電車通学の子どもは心配!突然の災害のとき家族との連絡方法はどうすればいいのか?
電車通学をしている子どもをもつパパママにとって登下校中の災害はとても心配ですよね。いざというときに慌てないために、連絡方法などの確認...
福祉系大学で心理学を専攻。卒業後は、カウンセリングセンターにてメンタルヘルス対策講座の講師や個人カウンセリングに従事。その後、活躍の場を精神科病院やメンタルクリニックに移し、うつ病や統合失調症、発達障害などの患者さんやその家族に対するカウンセリングやソーシャルワーカーとして、彼らの心理的・社会的問題などの相談や支援に力を入れる。現在は、メンタルヘルス系の記事を主に執筆するライターとして活動中。《精神保健福祉士・社会福祉士》

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
いざというとき!停電対策グッズでそろえておきたいもの 
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る