電車通学の子どもは心配!突然の災害のとき家族との連絡方法はどうすればいいのか?

スポンサーリンク

防災の備えをする家族

電車通学をしている子どもをもつパパママにとって登下校中の災害はとても心配ですよね。いざという時に慌てないために、連絡方法などの確認をしっかりとしておきたいものです。特に小学生などまだ小さいお子さまが地震などで帰宅困難になってしまった場合、どうしたら不安にならずに行動できるのか、どのような準備が必要なのか、まとめてみました。

災害時のわが家のルールを話し合おう

家族がバラバラの場所にいるときに災害に合ってしまった場合、どこへ向かえばいいのか、だれを頼ればいいのかなど普段から話し合って決めておくと、不安や焦りも解消され落ち着いて行動することができます。忘れないように日ごろから防災についての話題を出すように心がけましょう。

集合場所は一カ所ではなく二カ所以上

一番心配なのは子どもが登下校中に災害に合ってしまうことです。日ごろから災害がおきた場合の集合場所を家族で話し合い、統一しておくことが大切です。学校に近いときは学校へ。自宅に近いときは自宅近くの学校や公民館などの公共施設へ。そして避難場所の中でも「校庭のジャングルジムの前」など詳しい場所を決めておくと、大勢の人でごった返していても確実に家族と会うことができます。

集合時間も2~3回設定すると安心

集合時間は一日に2~3回、例えば9時と12時と15時などに設定しておくとよいでしょう。その時間の前後にいなければ、また次の時間にすればいいと思えます。天候が悪かったり、寒かったりしても長いこと集合場所で待たずに済むし、9時に間に合わなければ12時に…と焦らずに済みます。焦って行動することは、二次災害に巻き込まれたりする可能性もあるため大変危険だからです。

いざというとき頼る人には普段から連絡を

パパやママと連絡が取れない場合、親戚や友人などを頼ることもあるでしょう。しかし緊急時とはいえ日ごろ全く連絡を取り合っていない相手に突然助けを求めるのは気が引けてしまうかもしれません。顔もよくわからないかもしれませんね。普段から「いざという時お願いします」といった会話をして、子どもとも面識を持っておくことも必要です。

合わせて読みたい

小学校は公立と私立のどっちにする?それぞれの特徴・メリットは?
小学校は公立と私立のどっちにする?それぞれの特徴・メリットは?
小学校を公立にするか私立にするかということは子どもの将来を少なからず左右する選択ではないでしょうか。学費の面で大きな開きがあるのは周知の...

災害時に便利なシステムを知っておこう

東日本大震災の時もそうでしたが、地震発生直後~1日2日は電話がつながりにくくなり、家族の安否が確認できずに不安な時間を過ごした方も多かったでしょう。そのような事態にそなえて知っておきたいサービスをご紹介します。

NTT災害用伝言ダイヤル「171」

「NTT災害用伝言ダイヤル」です。これは171に電話をかけ、被災者の電話番号をキーにメッセージを録音したり再生したりできるサービスです。災害時のみ利用可能になります。体験できる期間も設けています。詳細はHPにてご確認ください。

NTT災害用伝言ダイヤル「171」:www.ntt-east.co.jp

避難所マップアプリ・GPS機能の利用

携帯電話のアプリには避難所のマップや防災情報が随時見られるものがあります。災害用伝言版アプリなどもありますので、いざという時のために入れておくといいかもしれませんね。また携帯電話にはGPS機能がついているので、各社GPSサービスに登録しておけば子どもの居場所が簡単に検索できます。登録は月額200円~300円程度です。

各鉄道会社の子ども見守りサービス

電車通学のお子さんなら、改札を通過するたびにパパやママの携帯に通知が届くというサービスもあります。いつどこの駅の改札を入り、どこで出たかがわかるので災害時だけでなく日ごろの通学でも子どもの様子がわかるので安心ですね。東急の「エキッズ」や小田急の「あんしんグーパスIC」などがあります。詳しくは各社HPにてご確認ください。

東急エキッズ:/www.tokyu-security.co.jp

小田急あんしんグーパス:goopas.jp

合わせて読みたい

暮らすには、都心と郊外ではどちらがいい?子どもの通学、教育、遊び場から徹底解析
暮らすには、都心と郊外ではどちらがいい?子どもの通学、教育、遊び場から徹底解析
子どもを持つファミリー世帯では、都心で暮らすか?郊外で暮らすか?悩むところです。経済面、パパママの通勤面といろいろ考慮しなければいけませ...
小6の息子と小1の娘のママです。パン作りと洋裁が好きです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
電車通学の子どもは心配!突然の災害のとき家族との連絡方法はどうすればいいのか?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る