衝撃!幼稚園から大学まで子どもの教育費は一体いくらかかるか

教育費
子どもが生まれると食費やミルク・オムツ代のみならず、将来の学費についても考えなければなりません。教育費は人生における、三大支出のうちの一つともいわれています。今回は、幼稚園から大学までにかかる費用と貯蓄の仕方についてご紹介します。どんな時にどれくらいのお金を必要とするのか把握しておくと安心ですね。

私立幼稚園にかかる学習費総額は公立の2倍

幼稚園の制服
幼稚園に入ると、子どもに何か習い事をさせたいと考える保護者の方が多く、子どもの習い事に1カ月で1万円前後かかっている家庭が多いようです。学習費総額を合計すると、公立幼稚園は222,264円であるのに対し、私立幼稚園は498,008円とおよそ2.2倍を上回っています。幼稚園に3年間通うことを考えると、公立幼稚園で666,792円、私立幼稚園で1,494,024円かかることになるのです。

大きな出費がかさむ小学校の学費・教育費は?

公立小学校の学習費総額は321,708円であるのに対し、私立小学校は1,535,789円と、4.8倍も上回る結果になりました。1年間にかかる授業料が公立は0円なのに対し、私立は469,173円かかることも大きく関係しているでしょう。小学校に6年間通うと、公立は1,930,248円、私立は9,214,734円という結果になりました。小学校入学時にはランドセルや学習机といった大きな出費もありますし、中学校受験を控えている場合は進学塾の小4クラスから通わせる家庭も多いため、貯金をして備えておくことが大切ですね。

中学校の学校外活動費の差はほとんどない

公立中学校の学習費総額は481,841円であるのに対し、私立中学校は1,338,623円とおよそ2.8倍となっていますが、そのうち、学校外活動費は公立314,455円、私立312,072円とほとんど変わりありません。公立・私立に関係なく、ほとんどの家庭の子どもが高校受験に向けて進学塾や家庭教師をつけるといった対応をしていることがうかがえます。中学校を3年間通うと、公立は1,445,523円、私立は4,015,869円という結果になりました。

高等学校等就学支援金制度による授業料の軽減

公立高等学校の学習費総額は409,979円であるのに対し、私立高等学校は995,295円とおよそ2.4倍です。高校に3年間通うと、公立1,229,937円、私立2,985,885円という結果になりました。高校生になると、進学組と就職組で選択肢が分かれるため、大学受験をする際には予備校の費用などの大きな資金も必要となります。また、部活動に力を入れている場合は合宿費や遠征費といった費用も必要になるでしょう。

種別 学習費総額
【幼稚園】
公立 222,264
私立 498,008
【小学校】
公立 321,708
私立 1,535,789
【中学校】
公立 481,841
私立 1,338,623
【高等学校(全日)】
私立 409,979
公立 995,295

※平成26年度の年額。円表記

合わせて読みたい

小学生になると何かとお金が・・・5・6歳の子育てにかかる費用はいくら?
小学生になると何かとお金が・・・5・6歳の子育てにかかる費用はいくら?
5〜6歳というと、七五三や卒園式、入学式などといったイベントごとが盛りだくさん!体が大きくなるにつれて食事量も多くなりますし、6歳で...

大学の種類は大きく分けて「四つ」

大学
大学といっても、国立大学、公立大学、私立大学(文系)、私立大学(理系)と費用が異なります。ここでは国公私立大学の費用についてまとめ、幼稚園から大学までかかる教育費について計算したので参考にしてみてください。

国公立大にかかる費用はいくら?

国立大学1年目の入学料・授業料・施設設備費の合計平均は817,800円、公立大学は931,235円という結果になりました。4年間通うとなると、国立大学が2,425,200円、公立大学が2,544,661円ということになります。ただし、これらはあくまで入学料や授業料を合算した学費です。その他に必要となる費用もあるため、国公立大学にそれぞれ4年間在籍すると5,112,000円必要ということになります。

私立大は文系と理系で学費が異なる

私立大学文系の1年目の入学料・授業料・施設設備費の合計平均は1,146,819円、私立大学理系は1,501,233円という結果になりました。これを基に4年間の学費を計算すると文系が3,859,543円、理系が5,217,624円と理系の方が大きく上回ることがわかります。また、その他必要となる費用を合算すると、文系に4年在籍で6,923,000円、理系で7,875,000円必要ということです。

これを基に幼稚園から大学までの教育費を計算すると

これらを基に幼稚園入学から大学卒業までの教育費を計算すると、オール国公立に通った場合は10,384,500円(約1,040万円)、オール私立(理系)に通った場合は25,585,512円(約2,560万円)という結果になりました。私立にかかる費用は国公立の2倍以上も必要ということがわかります。今回は医科歯科大学などについて省きましたが、こうした大学は2,560万円よりももっと費用がかかりますよ。

合わせて読みたい

中学の部活で運動部に入ったら必要になる道具と費用まとめ
中学の部活で運動部に入ったら必要になる道具と費用まとめ
子どもの進学・進級では成長の喜びを感じられる反面、やはり気になるのは教育費。義務教育として学校に通う上でかかる費用のほか、盲点となり...
1歳の息子がいるシングルマザーです。最近は息子とのお菓子作りにはまっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
衝撃!幼稚園から大学まで子どもの教育費は一体いくらかかるか
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る