「 出産 」のお役立ち記事一覧

経産婦さんはどうやって乗り越えた?気になる4つの出産兆候

経産婦さんはどうやって乗り越えた?気になる4つの出産兆候

経産婦さんは、初産婦さんと比べるとお産の進みが早いと言われています。そのため、出産兆候に敏感になっていないと、病院に間に合わないといったケースが懸念されます。 ここでは、経産婦さんが知っておくべき4つの出産兆候をまとめてみました。これを知っておくだけで、お産をより安定した気持ちで迎えることがで...

前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間

前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間

妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...

今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ

今からでも間に合う!安産を迎えるための7つのコツ

出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産めるのだろうか、痛みはどれくらいなのかと心配になってくるでしょう。できれば少しの時間で苦しまない安産が望ましいですが、どうすればいいのかわからない人も多いと思います...

知っておくと得する3つの出産費用節約術

知っておくと得する3つの出産費用節約術

出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...

お産が楽になる?無痛分娩のメリットとリスクについて

お産が楽になる?無痛分娩のメリットとリスクについて

無痛分娩は知っていても、その詳しい内容をご存知の方は少ないかもしれません。分娩時の痛みがなく、楽に出産ができるといわれている無痛分娩ですが、妊婦さんにとって心配なことは「赤ちゃんには影響がないのか?」「本当に痛みが取れるのだろうか?」などではないでしょうか。無痛分娩は本当にお産が楽になるのか?今...

芸能人も行っている水中出産!出産までの流れと費用について

芸能人も行っている水中出産!出産までの流れと費用について

最近テレビでも芸能人が実践したことで話題になった水中出産。山田優さんはじめ、長谷川潤さん、歌手のAIさんなどが水中出産をご経験されました。 水中出産と聞いて、あなたはどのような出産を想像するでしょうか。今回は、水中出産を広く知っていただくために、自然分娩と何が違うのか、出産までの流れや費用、メ...

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金

出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...

良いことばかりとは限らない?立ち会い出産のメリット・デメリットとは

良いことばかりとは限らない?立ち会い出産のメリット・デメリットとは

妻と子供を大切に思っているなら、夫は出産に立ち会うことが当たり前という流れになってきています。しかし、実際に立ち会い出産を経験した夫婦の話を聞くと立ち会って良かった、もしくは後悔したと意見が分かれるようです。 それは夫婦の間で立ち会い出産のイメージが大きく違ったことが原因の一つです。ここでは立...

陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について

陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について

「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法

妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...

出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証

出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証

妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...

立ち会い出産で後悔しないために!夫が気をつけるべき3つのこと

立ち会い出産で後悔しないために!夫が気をつけるべき3つのこと

夫婦の絆を深め、感動を共有することができる出産方法として、立ち会い出産を希望する夫婦が増えてきています。妊婦もリラックスして出産に臨むことができ、児童虐待件数の減少にも繋がることから、積極的に立ち会い出産を勧める病院もあります。しかし、夫が何の準備もせず出産に立ち会ってしまっては、妻にイライラさ...

出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識

出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識

日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法

出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット

「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る